幼児教室・ならいごと探しの『ならいごとキッズ』

幼児教室・ならいごと探しの『ならいごとキッズ』
メールアドレス
メールアドレス
  1. Top
  2. あ行
  3. あおり歩行

あおり歩行 (あおりほこう) - 幼児教育 用語辞典

あおり歩行

あおり歩行とは、「踵着地~爪先歩行」ともいわれる、人の歩き方を表した言葉です。

人は、つま先を上げながら、踵の少し外側から地面を踏みます。次に、足の裏で踵から小指の付け根へと体重を移動させます。そして、親指と人差し指、さらに中指の3本の指で地面をつかむようにしながら、後ろへ蹴って歩行します。

この足の裏の一連の動きが、アオリイカが泳いでいるときの「アオリ」とそっくりであることから人の歩行を「あおり歩行」と呼ぶようになりました。普段はごく当たり前のように歩いているので、こんな風にして歩行をしているなんて意識もしませんよね。

しかし、赤ちゃんの場合は違います。今までハイハイをしていた赤ちゃんがつかまり立ちをするようになり、ようやく歩き始めたころには、足の裏全体を地面につけている様子が目立ちます。足裏全体を地面につけているので俗にいう「偏平足」の状態になり、バランスがとりづらくなります。したがって、歩き始めの赤ちゃんはまだあおり歩行ができていないので、とても不安定なのです。

しかし、だんだんと歩き慣れてくるとあおり歩行ができるようになっていきます。この目安は5歳ぐらいといわれていますが、もちろん個人差があります。あおり歩行によって、踵とつま先の間の体重移動が激しく行われていくので、土踏まずができていきます。

近年、あおり歩行ができないままでいる子供が増えてきているという現状があります。原因としては、幼児の時に十分な運動を行っていなかったり、体に合わない靴を履いていたりすることが挙げられます。あおり歩行ができずにいると、べた足での歩行しかできなくなり腰や筋肉への過度な負担がでてきてしまいます。

こうならないためにも、幼児期の歩き始めから盛んに外に出て、歩く・走るなどの運動を多くさせることが大切です。子供の成長にとって、一つ一つの体験が重要です。ぜひ、いろんなところへ連れていき、体を動かしたり頭を使ったりする機会を多く持つようにしましょう。

その他の用語辞典