幼児期が大切!運動神経が良くなる習い事とは?

a4bff6538665019ba41ca82e46ceb509_s

「運動神経が良い、悪い」という言葉をよく耳にしますよね。
振り返ってみると、小中学校の頃には運動の得意不得意にまつわるちょっとした思い出があるパパ・ママも多いのではないでしょうか。

自分の運動の得意不得意に関わらず、多くのパパ・ママが「できれば子供には運動が得意になってほしい」と願っていることだと思います。
運動神経の発達には、幼児期の運動経験が大切。今回は、幼児期に何をさせてあげるのが良いのかを紹介します。

そもそも「運動神経が良い」ってどういうこと?

パパもママも運動神経が悪かったから、子供も同じ?そんなことはありません。
筋肉の付きやすさや種類といった体質は確かに遺伝が関わっていますが、運動神経に大きく関わるのは遺伝ではなく、幼児期の運動経験です。

そもそも「運動神経が良い」というのはどういうことなのでしょうか。

「運動神経」は本来、意識的な運動に関わる神経のことを指します。
一方、「運動神経が良い」は運動が得意という意味で使われますが、これは運動における複雑な信号を脳で素早く処理・判断し、筋肉に的確な命令を出して、その命令通りに筋肉を動かすことができるということ。
ですから、「運動神経」そのものだけではなく、脳や全身の筋肉を発達させることや体力を養うことも重要です。

幼児期には、脳も神経も体も著しい発達を遂げる時期です。この時期にさまざまな全身を使った運動経験をさせてあげることによって、子供の運動神経は良くなっていくでしょう。

運動神経を良くするおすすめの習い事は?

先ほど述べたように、運動神経を良くするためには、全身を使った総合的な体作りができるような運動がおすすめ。

体操、サッカー、野球、バレエなどいろいろなスポーツの習い事がありますが、中でも2~4歳の幼児期におすすめなのが「スイミング」です。この時期には、何かを記憶して動いたり、道具を使ったりするものよりは、とにかく全身を使って体で覚えるスポーツの方が効果的です。

スイミングのメリット

  • 浮力によって体への負担が少ないため、成長期の子供でも関節や骨に負担をかけずに全身運動ができる。
  • 全身の筋肉を左右対称に、バランスよく鍛えることができる。
  • 呼吸が制限されるので、心肺機能も発達し、基礎体力がつく。
  • 手足の動作、呼吸など、さまざまな運動を連動して動かすため、神経だけでなく脳の発達も促される。

4~6歳になれば、ボールを使った運動や、ルールのあるスポーツ、リズムやイメージを体現するダンスなどもおすすめ。子供の年齢や成長にあった運動を行うことが大切です。

自発的な「遊び」も効果的!毎日60分以上体を動かす

また習い事だけではなく、運動神経を良くするには普段の遊びもとっても重要。かけっこ、砂遊び、散歩、お手伝いなど、子供が自発的に体を動かせるものならなんでもOKです。

子供の運動能力の低下が懸念される昨今、文部科学省では「幼児期運動指針」を発表し、毎日合計で60分以上の運動時間を意識的にとることを推奨しています。幼児は発達の個人差が大きいので、他の子と比べず、子供に合った、子供が喜ぶ運動を一緒にしてあげると良いでしょう。

いかがでしたか?
運動は、勉強面でも役立つ意欲や集中力を養うことにつながります。ぜひ子供のうちにさまざまな運動経験をたくさんさせてあげてくださいね。

この記事が気に入ったら 「いいね!」

この記事が気に入ったら 「いいね!」 ならいごとキッズの最新情報をお届けします。
子育て・幼児教育の情報を毎日配信中!

ならいごとキッズをTwitterでフォロー

サブコンテンツ