知恵を育てる栄養、知育玩具のキホン

知育玩具

今も昔も子どもは遊ぶことが大好きですよね。夢中で遊んでいるときこそ、多くのことを学んでいます。子どもにとって遊びは「知恵を育てる栄養」であり、情緒を豊かにする大切なことです。

子どもたちは遊びの天才で、おもちゃがなくても大人がびっくりするような発想で身の周りのものを使って遊びます。そんな好奇心旺盛な子どもに良いおもちゃに触れてほしいと思う親たちは少なくなく、知育玩具は多くの親やおじいちゃん、おばあちゃんたちに選ばれています。

知育玩具って何?

知育玩具とは、まさに子どもの好奇心を刺激する、思考能力の向上を目的としたおもちゃのことです。

子どもは、「楽しい!」「やってみたい!」と思っているときに多くのことを学びます。子どもの好奇心を満たし、高い思考力を持つようになると、自主性が育ち、何か問題が起こったとしても自分で考えて解決できるようになります。

この自己解決力は人生においてとても重要なことであり、社会で生き抜くための術であると言っても過言ではありません。知育玩具は、子どもの年齢や発達具合によってさまざまな種類があり、知育玩具を使って遊ぶ中で子どもがどのようなことに興味を持っているのか、どんな成長段階にいるのかも分かります。

どうやって選べばいい?

知育玩具といっても、種類が多すぎてどれを選んだらいいのか分からないという声もあります。
最も大切なことは子どもが興味を持つかどうかということです。知育玩具を選ぶときは、親目線ではなく、あくまでも子どもが「遊びたい」「おもしろそう」と思うものであることがポイントになります。

子どもとおもちゃ売り場に出かけ、実際に手にとって見ることで子どもにぴったりな知育玩具を見つけられるでしょう。子どもが知育玩具を使って楽しく遊ぶ姿を温かい目で見守りながら、健やかな成長を願いましょう。

おすすめの知育玩具とは

知育玩具はたくさんありますが、最も代表的なものと言えば積木です。
積木は昔からあるおもちゃです。三角や四角、丸などシンプルな形と木のぬくもりが魅力の積木は、赤ちゃんの頃は口に入れて感触を確かめたり、形を眺めながら遊べ、幼児になると積み重ねて立体的な形を作り出したり、バラバラにくずすなど、年齢や発達段階に合わせて自由な発想で遊べます。

また、積木で遊んだらお片付けの練習もできます。片付けが苦手な子どもは少なくないかと思いますが、お母さんと一緒に積木を一つずつケースにしまうことで、楽しくお片付けができるようになります。

お母さんのまねっこ遊び、ままごと

幼い子どもたちはお母さんのまねっこが大好きです。子どもは、普段のお母さんの様子を観察しながら生活習慣を学んでいきます。
お母さんのしぐさを真似することで、ちょっと大人に近づいた気分になれるのも子どもにとって喜びです。

そんな子どもたちは、ままごと遊びをしながら自然と社会性や協調性を養うことができ、役割意識が芽生えるきっかけにもつながります。これらは大人になって社会で生きていくために欠かせない要素であり、幼い時期から学んでおきたいことでもあります。親子で一緒にままごと遊びをすることで良いコミュニケーションにもなり、子どもの情緒を安定させることもできます。

この他にも、はさみやのりなどを使った工作、パズル、テキストを使った遊びなど、年齢に応じてさまざまな知育玩具があります。「知育」という言葉を聞くと、難しそう、早すぎるのではないかなどと思われがちですが、決してそういったことはなく、子どもが楽しく学べるような工夫がされているので安心して遊べます。
子どもが楽しめる知育玩具を上手に取り入れながら、子どもの健やかな成長を見守りましょう。

この記事が気に入ったら 「いいね!」

知育玩具

この記事が気に入ったら 「いいね!」 ならいごとキッズの最新情報をお届けします。
子育て・幼児教育の情報を毎日配信中!

ならいごとキッズをTwitterでフォロー

サブコンテンツ