赤ちゃんの頃から英語を始めるといいの!?

英語

学生の就職活動では英語力を求める企業は増加傾向にあり、大手の企業では公用語を英語にする動きが活発になるなど、近年ますます国際化が加速しています。
2020年の東京オリンピックに向けてさらなる国際化を目指すために、東京都では英語に力を入れているとも言われています。

そんな中、小さなお子さんを持つ親御さんたちが気がかりなのは、「小さいときから英語を始めたほうがいいのか?」ということではないでしょうか。一昔前よりも英語力を求められることが増えた現代において、かわいい我が子の英語教育をどうするかで悩む親御さんは多いのも無理はないですよね。

「何歳から始めたらいいの?」
「小学校で習うんだから、小学校からでもいいんじゃないの?」

など、さまざまな疑問を持っていらっしゃることでしょう。
語学界では、幼い時から英語教育を始めるとメリットが多いと言われていますが、赤ちゃんの頃から始める場合はどうなのでしょうか。ここでは赤ちゃんの頃から英語を始めるメリットについて紹介します。

小学校英語ってどうなの!?

現在、公立の小学校では、担任の先生が英語を指導しているケースがほとんどです。学校によっては月に数回英語専門の先生が指導してくれることもありますが、英語教育は学校や地域によって格差があります。
小学校英語は、英語を習得することが目的ではなく、あくまでも英語に慣れ親しむことが目的です。つまり、小学校に英語教育を任せっきりにしてしまうのはあまりおすすめできないということなのです。

小学校では発音の訓練は難しい

英語と日本語の大きな違いの一つに発音があります。英語は母音と子音があり、日本語には存在しない音がたくさんあります。発音は英語教育の基本とも言われており、英語圏の子供たちは発音を徹底的に学びます。

しかし、小学校では週に数回、英単語を練習したり、英語でゲームをしたりすることで英語に慣れ親しむ程度で、学校の行事と重なると英語の時間がつぶれてしまうこともあります。
英語の発音を練習する際も、英語本来の発音ができる教師が指導するわけではないため、発音を学ぶことは難しいのが現状です。

赤ちゃんから英語を始めるメリット

赤ちゃんは、お母さんのお腹にいる頃から聴覚が発達します。生まれてからも耳はどんどん発達し、どんな言語でも聞き取れる能力を持っていると言われています。この時期にしっかりと英語の音をインプットさせることで、日本語にはない英語の音を聞き取る基礎力を養いやすくなるのです。

赤ちゃんの頃から英語に慣れ親しみ、発音を習得しておけば、意味が分からない英単語でも発音記号を見れば、何となく発音が分かったり、英単語の意味が推測できるようになることもあります。また、英会話の習得の早さにもつながることでしょう。

どうやって英語を始めればいいの!?

赤ちゃんが活きた英語に慣れ親しむには、やはり英語をネイティブに話すスピーカーと交流をすることです。乳幼児向けの英会話スクールでは、英語の発音を聞き分ける耳を育てつつ、日本人の先生が細やかな心のケアもしてくれます。親子で楽しく参加をすることで、英語に抵抗を示すことなく馴染めるのも大きなメリットでしょう。

また、英語のCDやDVD、本などもおすすめです。DVDを長時間観るのはおすすめできないため、赤ちゃん向けの英語教材を活用するとよいでしょう。自宅で英語のCDを流す、英語の本を読む、英語の歌を歌うなど、日常生活の中でとにかく英語にたくさん触れて音に慣れることがポイントです。
CDや本の意味を理解しようとする必要はありません。親子で一緒に英語を楽しむというスタンスで十分です。また、近くに国際交流広場などがあれば赤ちゃんと一緒に参加してみるのもおすすめです。

日本の英語教育では、英単語や英文法などを重点的に学習する傾向があります。しかし、発音は英語学習の基本と言っても過言ではありません。
発音を身につけるには、どんな言語の周波数でも聞き取れる幼い時期から英語の音をたくさん聞いてインプットすることが大切なのです。

この記事が気に入ったら 「いいね!」

英語

この記事が気に入ったら 「いいね!」 ならいごとキッズの最新情報をお届けします。
子育て・幼児教育の情報を毎日配信中!

ならいごとキッズをTwitterでフォロー

サブコンテンツ