叱られてるのにへらへら笑う子には要注意!心を傷つけない叱り方のコツ

へらへら

親が真剣に叱っているのにへらへらと笑っていて、まったくこりた様子のない子供がいます。そうなると「まだ全然分かってない!」と、子供が泣くまで叱り続ける方もいるようです。

パパやママとしては、叱っているのに子供がへらへらしていれば「どうして真面目に聞かないの!」と頭にきてしまったり、しつこく怒ってしまいたくなったりするのも無理もないかもしれません。

しかし、叱り方によっては子供の心を傷つけてしまう可能性があり、気をつけたいものですよね。そういった子供に対して親はどのように接するとよいのでしょうか。今日は子供の叱り方について見ていきましょう!

こたえていない子はいない

親に叱られて全くこたえない子はいません。見るからにシュンとする子、素直に聞き分ける子だけでなく、口答えをする子やへらへらする子もそうです。では、なぜどれだけ叱ってもこたえていないようなそぶりを見せるのでしょうか。

子供は強いショックを受けると、これ以上傷付かないように素知らぬふりをしたり話を聞き流したり、時には忘れてしまおうとして、自分の心を守ることがあります。大人でも、とても嫌なことがあったときに笑って自分をごまかしたり、あえて何でもないことのように振舞ったりする人がいますよね。子供も同じ。叱ったときにへらへらしている子ほど、内心では大きく傷付いている……なんてことも考えられます。

落ち込んだときの反応は、子供それぞれ。笑顔を作って平気そうな様子で表面的には何もこたえていないようにみえる子も、本当は親に叱られてとても悲しくてやるせない気持ちや不安でいっぱいになっているかもしれません。子供の表面的な様子だけで判断するのはちょっと危険ですね。

叱ってはいけない子がいる!?

叱ったときの表面的な反応が子供の気持ちをそのまま表しているわけではないことをご紹介しました。叱り方を間違ってしまうと、子供にさまざまな悪い影響が出る可能性があります。子供のタイプに合わせて、指導の仕方を変えてみてくださいね。

普通に叱っても問題になりにくい子

前向きで積極性があり自分に自信がある子、情緒が安定している子など。親に叱られても深刻に受け止めすぎることがなく良い意味で受け流すことができます。また、自分のために叱ってくれたと思うこともできるため、叱られてもプラスにとらえることができるのです。

叱るのに注意しないといけない子

気が弱い子はガツンと叱られると自信がなくなり、叱られることを恐れるあまりに何もできない子になってしまうかもしれません。また、叱ったときにへらへらしたり口答えをしたりする子は、実は人一倍繊細なためにうわべだけ元気なふりをしている可能性があります。頭ごなしに怒鳴ったりせず、言い分を聞いてからていねいに言い聞かせるとよいでしょう。

意地っぱりな子、強情な子ほど叱り方に注意してあげてくださいね。

子供の叱り方のコツとは

1. パパとママが一緒になって叱り続けない

パパとママの2人から叱られてしまうと子供は逃げ道がなくなり、どんどん追い込まれて心が深く傷ついてしまいます。ママが叱っているならパパは子供の意見を聞く、なだめるなど子供に助け船を出してあげるようにしましょう。

2.子供が泣くまで追い詰めてしまわない

どんなに叱ってもこたえていなさそうに見えるからと、泣くまで叱り続けるのはNG。その場限りは有効かもしれませんが、子供は悪いことをしたんだと反省するのではなく、パパやママが怖いから言うことを聞こうと思い、悪いことをしていると自覚してもらえなくなってしまうかもしれません。

3.子供なりの言い分を聞く

叱るときにへらへらしがちな子は真正面からストレスを受け止めるのが苦手なので、あえて目を見ないのもあり。威圧感を与えず、どうしてそうしたのか聞いてあげると、素直な気持ちで説明できるようになります。そしてパパやママの話を聞く準備ができるのです。

子供を叱った後も叱りっぱなしではダメ。今後はどうしたらいいのかをきちんと教えてあげて次につなげていくようにしましょう。子供に分かる言葉でていねいに説明すれば子供は理解します。最後にぎゅっと抱きしめるなど子供に愛情を伝えると子供も安心しますよ!

この記事が気に入ったら 「いいね!」

へらへら

この記事が気に入ったら 「いいね!」 ならいごとキッズの最新情報をお届けします。
子育て・幼児教育の情報を毎日配信中!

ならいごとキッズをTwitterでフォロー

サブコンテンツ