時計が読める子になる!アナログ時計で学ぶ時間の勉強

2574341159_7e4bee96ff_z

小学校に入ると、時計の授業があります。時計を見て時刻を判断したり、時間を見ながら宿題したり、発展では時計を使った計算問題にチャレンジしたり……。

時計の授業でつまづいてしまう子も多く、もうすぐ小学校に入学するお子さんなら、時間の計算はできなくても時計の見かたはある程度知っておいて欲しいところ。

ですが、時計ってどうやって教えたらいいのか迷いませんか?そこで今日はアナログ時計を使ったオススメの勉強方法について紹介していきます!

いつから始める?

時計の勉強はいつから始めたらいいのでしょうか。

目安としてはおもちゃの時計に興味を持ち始める頃、言葉が話せるようになる頃。子供は知的好奇心が旺盛ですよね。家の中や街中などでどこに時計があるか意識させてみたり、親の腕時計をみせたりなど、「時計」という存在そのものを教えることから始めてみます。

パパやママの腕時計に興味を持ったら子供用の腕時計をつけてあげてもいいですし、子供が好きなキャラクターの時計を部屋に飾るのもおすすめです。

時計の勉強にはデジタル時計はNG

数字だけが書いてあるデジタル時計は、パッと見て今の時間がすぐ分かるのでとても便利ですよね。

しかし、時計の勉強にはおすすめできません。というのも、デジタル時計だと時間の流れが分かるようにはなりません。時計が読めるということは時間の流れが分かるだけでなく、身体感覚で時間の経過が分かるようになることです。

画面に表示される数字だけでは計算することはできたとしても身体感覚を身につけることはできません。時計の勉強をしたいなら、アナログ時計を使うのがおすすめです。

日常生活の中で時間を教える

子供は絵本や教科書を見ながら「これが、10時30分よ」と教わっても面白いとは思いません。子供に興味を持たせるには、「おやつの時間は3時よ」「夕ご飯の時間は6時30分よ」など時計をみせながら具体的に教えるのです。

そうすると子供はあっという間に覚えます。さらに「今は6時だけど、あと30分したら夕ご飯の時間よ」と時計の針を動かしながら教えていくことで時間の感覚と読み方を自然と身につけることができます。

その他にも、「あと15分したら寝る時間よ」「朝7時に起きて60分後の8時にはお家を出るよ」など、日常会話の中で時間を教えていくだけでOKなので、気軽にできそうですね。

1分は60秒、1時間は60分を教える

ある程度時間の感覚と読み方が身についたら、次は「1分は60秒」「1時間は60分」であることを丁寧に教えていきます。アナログ時計を使い、時計の針を手で動かしながら教えていくことでより時計の理解度が深まります。

時計の60個のメモリを長い針が一周したら1分、短い針が一周したら1時間であることを教えます。時計の針を動かして針の動きを見せながら繰り返し教えていくことで基本的な時計の読み方のパターンは理解できるようになるはずです。

とはいえ、なかなか覚えられないこともあることでしょう。そんなときは子供が大好きなおやつの時間、夕ご飯の時間などを絡めながら少しずつ教えていくのがおすすめです。

時計の勉強はお家で勉強しておくことで学校の授業でつまずきにくくなり、より理解を深めることができます。

小さなお子さんでも、時計のおもちゃなどを使って一緒に針を動かせば、遊び感覚で楽しく覚えられますね!「勉強」と気合を入れすぎず、日常生活の中に上手に組み込んでいくことで、子供は興味を持って取り組めます。

親子でたくさんコミュニケーションをとりながら、時間について学んでいけるといいですね!

Photo/tourist_on_earth
参考/
家庭で楽しくできる勉強法!小学生の家勉「小学校2年生 時間(時計)の勉強でつまずかないために!」
ItMama 「小学校2年生 時間(時計)の勉強でつまずかないために!」

ならいごとキッズ
この記事が気に入ったら 「いいね!」
ならいごとキッズの最新情報をお届けします。
子育て・幼児教育の情報を毎日配信中!

ならいごとキッズをTwitterでフォロー

サブコンテンツ