パパママの接し方で算数が嫌いに!?算数を好きにさせる方法

子供を算数好きにするには

小学校に入ったころは、算数が好きだと言う子供が多いようですが、学年が上がるごとに苦手意識を持ってしまう子供が増えていくそう。

そこには、パパやママの教え方も深く関係しているかもしれませんよ。そこで今回は、子供が算数嫌いにならないための教え方のコツをご紹介しましょう。

子供を算数嫌いにさせているのは、パパやママ!?

低学年の算数は、パパやママにとっては、あまりにも簡単な問題が多いため、「どうしてこんなことがわからないの?」という態度で教えてしまうこともあるかもしれません。

でもそれでは、子供が自信を失くして算数に苦手意識を持ってしまう原因になってしまいます。

子供はほんの少し問題形式が変わっただけでも、全く違う問題のように思えてしまい、解けなくなることもあります。

ですから、解けなかったことや、間違えたことを叱ったり「なんでこんな問題ができないの?」などと怒ったりせずに、一緒に考えていく姿勢を持ってあげましょう。

子供が問題が解けずに困っていても、すぐに答えを教えてはいけません。算数は試行錯誤することによって伸びていく教科だからです。

答えそのものを教えるのではなく、どうやって考えればよいかの道筋のヒントをあげることで、子供は「考えて答えを導き出すのは楽しい!」と思えるようになり、考える力が育っていくのです。

つまずく箇所や、つまずく原因をつきとめ、生活の中で理解させよう

子供のノートやテストの答案などを見て、「ここで子供がつまずいているな」「こういう問題はいつもつまずくみたいだわ」という箇所があれば、パパやママが早めに気づいてあげて、克服できるようにサポートしてあげることが大切です。

このときも、答えや解き方を教えるのではなく、子供と一緒に考えるという姿勢を忘れないようにしましょう。

子供と「どうしてこういうふうに考えたの?」などと話していくと、子供のつまずきの原因も分かってくるでしょう。

算数は生活や遊びの中で、日常的に体験していることを土台にすると、子供にも理解しやすくなってきます。

具体的には、トランプや積み木、サイコロなどがおすすめです。「数字を足して10になったらペアとして捨てられるババ抜き」はトランプで気軽に楽しめますし、専用のカードを使って「かけ算を使った神経衰弱」など、いろいろな計算力を鍛えるゲームを楽しむことができます。

また日頃の生活の中で「赤い鉛筆が2本、青い鉛筆が3本あったら合わせて何本?」「ママからアメを1つもらい、パパからアメを3つもらったけれど、○ちゃんが2つ食べてしまいました。残りはいくつ?」「このケーキを4人で同じ大きさに分けるとどうなる?」といったような四則計算の概念を使うような会話を多くしてみましょう。

こうすることで、子供は『数』という感覚を育み、計算の意味も理解できるようになります。その経験が実際の算数の問題を解くときに役立ち、算数がおもしろいと思えるようになるのです。

パパやママは子供のモチベーションをあげるサポートをしよう

くり返しになりますが、子供は算数を好きになるためには、自分で試行錯誤して、解けた喜びや、理解できた喜びを知ってもらうことが大切ですので、パパやママは、答えを教えるのではなく、どうしたら良いか一緒に考えるという姿勢を持ちましょう。

簡単な問題で頭を悩ます子供を見ると、つい口や手を出したくなりますが、そこは忍耐強く待ってあげることが大切。

また、分厚いドリルなどを与えると、一日何ページこなしてもなかなか終わらず、達成感が得にくくなります。

最初は薄いドリルや簡単な問題だけを与えて、「できた!」という達成感や成功体験を積み上げてあげるように心がけましょう。

子供はパパやママ、先生に花丸をつけてもらったり、“よくできたね”シールを貼ったりするだけで、気持ちが盛り上がり、モチベーションが高まります。ママやパパの「やったね!」「よくがんばったね!」という声かけも同じような効果があるはずですよ!

算数は学年が上がるほど苦手になってしまう子供が多いということですので、低学年のうちに「算数って楽しい」「算数が得意!」と子供に思ってもらえるような工夫をしていくと良いでしょう。

パパやママの声かけや態度次第で、苦手意識も得意意識も植え付けられてしまうもの。子供の勉強を見るときは、注意してあげたいですね。

TOP PHOTO/Graf Vishenka/shutterstock
参照/
ベネッセ教育情報サイト「低学年の子供を算数好きにするためには?」
プレジデントオンライン「「お母さん、それやっちゃだめ!」本当は間違っている教え方」

この記事が気に入ったら 「いいね!」

子供を算数好きにするには

この記事が気に入ったら 「いいね!」 ならいごとキッズの最新情報をお届けします。
子育て・幼児教育の情報を毎日配信中!

ならいごとキッズをTwitterでフォロー

サブコンテンツ