賢い子供の家庭には図鑑があった!?図鑑でつくる学習習慣

図鑑

子供は知的好奇心が旺盛で「なぜ?」「どうして?」という気持ちでいっぱいですよね。そんな子供の質問にうまく答えられずに「どうしよう……」と思った経験は、子育て中のパパやママなら誰しも一度はあるはず。そんなときにおすすめなのが「図鑑」です。図鑑は、子供の学習能力を高めてくれていいことがいっぱいです。そこで今日は図鑑のメリットや選び方について紹介していきたいと思います。

考える力が身につく

幼い頃から図鑑で調べる習慣を身につけることで自然と考える力を育てることができます。子供にとって日常生活の中には未体験のことがいっぱいです。「なぜ?」「どうして?」と思ったら図鑑のページをめくって調べることで、調べる楽しみはもちろんのこと、分かったときの喜びと感動を味わうことができます。「分かった!」という経験を積み重ねていくことで次第に「読む力」も伸び、無理なく読書習慣の基礎を育むことにもつながるのです。

好奇心と探究心につながる

知らないことを調べていくと、知りたかったことが分かるだけでなく、他の分からないことが出てきます。すると、「もっと知りたい」と思うようになり探究心を刺激します。「知りたい」という好奇心と探究心が芽生えると、次第に主体的に調べるようになります。自分で調べたことを覚えていくことでたくさんのことが身につきますし、子供の自信にもなって学力アップにも直結していくことでしょう。

子供の心の成長に役立つ

子供に「なぜ?」と質問されたら、できるだけ答えてあげたいところですよね。でも、子供ならではの質問に困ってしまうことだってあります。そんなときこそ図鑑を活用しましょう。お子さんと一緒に図鑑を開いて調べ、考えることは親子のコミュニケーションを深めることにもなります。「ママが一緒に考えてくれた」「パパと一緒に答えをみつけた」という経験は子供にとって大きなプラスとなります。

親にとってもこれまで知らなかったことを知るきっかけにもなり、新たな発見をする喜びを感じることができるでしょう。家事などで忙しいこともあるでしょうから、いつでもどこでもでなくても構いません。できる限りでいいので、ちょっとだけ手を止めて子供の「なぜ?」「どうして?」に耳を傾けてあげたいものですね。

どんな図鑑がいい?

図鑑がいいのは分かったけれど、どんな図鑑がいいの?と思う方もいらっしゃることでしょう。図鑑は長く使えるものばかり。ぜひさまざまなジャンルのものを揃えて、いろいろな分野に興味を持たせてあげてくださいね!

そして、普段の生活の中でお子さんが疑問に思ったことを図鑑で調べるように導いてあげましょう。

<理科系>

  • 昆虫図鑑
  • 植物図鑑
  • 宇宙図鑑

<社会系>

  • 地理図鑑
  • 人物図鑑
  • 仕事の図鑑

<国語系>

  • 言葉図鑑
  • ことわざ図鑑

<身の周りのもの系>

  • 食べ物図鑑
  • 乗り物図鑑

図鑑を選ぶときは、カラフルな写真やイラストが多いもの、一目みて分かりやすいものなら小さな子供でも興味を持ちやすくなるのでおすすめです。また、お子さんと一緒に図鑑を選ぶことでお気に入りの一冊を見つける楽しみを味わうこともできそうですね。

図鑑は小さな子供でも見て読んで楽しむことができます。0歳児には可愛らしいイラストがいっぱいのもの、2歳~3歳児には乗り物、食べ物などお子さんの身の周りのものが描かれているものなど、成長に合わせて選ぶとよいでしょう。最近では、DVD付図鑑、工作図鑑などもあり、見て楽しんだり調べるだけでなく、音声を聞いて本物がどんなものか学べたり、実際に手先を使って物を作ってみることができる図鑑などもあります。子供の心がワクワクドキドキする一冊を選んであげたいものですね!

参考/
親力講座「リビングに図鑑が10冊あれば子どもの知識量は膨大になる」
All About 「子供の才能を伸ばす幼児教育とは」
All About「小学校低学年に人気の図鑑ランキングBEST10」
Conobie「賢い子が育つ家庭には図鑑がある!?幼児にぴったりの図鑑を選ぶ5つのポイント」

この記事が気に入ったら 「いいね!」

図鑑

この記事が気に入ったら 「いいね!」 ならいごとキッズの最新情報をお届けします。
子育て・幼児教育の情報を毎日配信中!

ならいごとキッズをTwitterでフォロー

サブコンテンツ