天才?秀才?子供のIQテストってどうするの?

child-865116_640

天才、秀才でもそうでなくても子供は可愛くて大切な存在ですが、やはり知能指数、IQがどのくらいあるのか気になりませんか?
そんなときにおすすめなのがIQテストです!幼児向けのIQテストは、小さなお子さんでもゲーム感覚で取り組めるので気軽に受けられます。

そこで今日は子供向けのIQテストについて紹介していきます!

IQテストって何?

IQとは、「Intelligence Quotient」の略で、知能指数を数字で表すものです。
数値が高いほど知能が高く、平均値はIQ100でIQ85~115の間に約68%、70~130の間に約95%の人が収まると言われています。IQ120以上で優秀、IQ130以上で非常に優秀とされ、最近では小学校のお受験にも導入されています。

IQテストの内容とは?

IQを算出する際には、精神年齢と生活年齢を考慮しています。精神年齢とはお子さんの知的能力が何歳の人の平均と同じであるかを表したもので、生活年齢は○歳○ヶ月という実際の年齢のことで、知能指数(IQ)=(精神年齢÷生活年齢)×100で割り出すことができます。

テストでは、図形、数字、アルファベット、ひらがななど子供たちがゲームやパズル感覚で気軽に受けられるようなものばかりなので、楽しんで受けることができます。
ただし、子供の気がのらないときや機嫌が悪いときにIQテストを受けたとしてもいい結果が出ないことも。テストを受けるときの子供の感情や体調にもよって結果に差が出ることもあるので、テストの結果がすべてではありません。

IQテストを受けるには?

発達障害が気になる……など何かしら気がかりがあり、きちんと検査を受けたいのであれば、児童発育科がある病院や保健センターなどの専門機関で受けましょう。

たとえば、WPPSI知能診断検査(WPPSI、WISC-III、WAIS-R)は適用年齢が3歳10か月~7歳1か月と幅広く、言語性IQ、動作性IQ、全検査IQの3種類のIQなど詳しく調べることができます。WPPSI知能診断検査は幼児を対象とした知能検査として高い信頼と安心を得ており、教育相談所、児童相談所、小児病院などたくさんのところで活用されています。所要時間は45分間と本格的な検査になることから、時間に余裕があるときに受けるとよいでしょう。

気軽にIQテストを受けるには?

そこまできちんと調べなくてもいいかなというのであれば、インターネットでもIQテストを受けることができます。インターネット上のIQテストの所要時間は5分~15分程度と短く、すぐに結果が出るので気軽に受けられるのが魅力です。テストの内容は、本格的なIQテストと同様に図形、数字、アルファベットなどで遊び感覚で受けられます。
インターネットなら、好きなときに何度でも受けられるのでパパやママが「ちょっと知りたい」なんてときにもおすすめですよ。

おすすめのIQテストサイト

「SACCESS BELL」
家庭でちょっと本格的に受けたいならここ!

「JS日本の学校 IQ知能チェック」
2歳~12歳を対象。30問の問題を解くと結果が出ます!

「IQ TEST」
デンマークのサイトで、言語は英語を選びます。問題数が多いですが、図形問題なので受けやすいです!

幼児向けのIQテストは、大きく分けて本格的に受けられるものとインターネットで気軽に受けられるものがあります。IQテストの結果は絶対ではなく、あくまでも目安ですが、子供の可能性を探る一つの手段として考えてみてもいいかもしれませんね!

この記事が気に入ったら 「いいね!」

この記事が気に入ったら 「いいね!」 ならいごとキッズの最新情報をお届けします。
子育て・幼児教育の情報を毎日配信中!

ならいごとキッズをTwitterでフォロー

サブコンテンツ