どうやる?ひらがなを子供に教える効果的な方法

404989742_89aa05a13f_z

子供が言葉をたくさん覚えてしっかりコミュニケーションをとれるようになると、次のステップとして「ひらがな」の習得をさせたいと思いますよね。

特に、幼稚園に入園するとひらがなに接する機会も増えますし、周りの子供にもちらほら読める子が出てくるので本格的に学習をスタートしようと考える親御さんも多いようです。

そこで、ひらがなを子供に教えるベストなタイミングや効果的な方法などをご紹介したいと思います。

興味を持つ文字から教えてみる

まずは、子供の興味を持ったものをきっかけにひらがなに触れさせてみましょう。例えばアンパンマンなど子供に人気の絵本を使ってキャラクターの名前を読みながらひとつひとつ教えてみるのも良いでしょう。

また、電車に乗る機会の多い子供は駅の名前などから興味を持たせるのもおすすめです。その他にも、自分の名前やお友達の名前も身近なひらがなです。幼稚園に通い始めると名札を付けるので、それを見て自然と覚える子供もいるでしょう。

ひらがなの描かれている積み木などを使って、遊びながら覚えていくのも楽しそうですね。

ひらがな表を使って学習する場合

ひらがな表を使ってあいうえお順に覚える場合には、大人と一緒に声に出しながら「あーいーうーえーおー♪かーきーくーけーこー♪」といった感じに文字を指差ししながら歌うように読んでいくのがポイントです。

リズムに乗って最後までストップせずに読むのですが、これを一日一回行うとスムーズにひらがなの読み方をマスターできるそうです。

ポイントは、1日に1回だけ。何度もやってしまうと子供も飽きてしまいます。楽しかった!で終われるのが毎日続けるコツですよ。
お風呂の壁に貼ることができるひらがな表などもあるので、入浴タイムを利用して覚えるのもおすすめです。

読めるようになったら書く練習

文字の読みを習得できたら、今度は書く練習です。文字を書くためには筆圧や運筆力がそれなりに必要なので、あらかじめ鉛筆で丸や線などを描く練習をしておけばスムーズに進められるでしょう。

ひらがなの習得には、なぞり書きを繰り返すことが一番です。「これは『あ』」、「これは『い』」といった感じに、文字を読みながらなぞり書きをして形の構成を教えてあげましょう。

練習帳は100円ショップなどでも購入できますし、おもちゃ屋さんなどでは何度も繰り返し書いて消せる便利なグッズなども売られています。子供が好みそうなものを選んで楽しく学習するために役立てましょう。

3歳くらいから少しずつ読み書きの練習を始めて、小学校入学前には読み書きができるようになるのがひとつの目安です。

周りのお友達と比べてうちの子は遅いかも、と焦ってしまうこともあるかと思いますが、無理強いせず本人のペースで進めることが結果的にスムーズに習得することへつながります。

まずは身近なものの読み方を教えてあげることからはじめてみてくださいね。

Photo/Erich Stüssi
参照/
Cuta『ひらがな・文字を覚えるタイミングは?効果的な覚え方&教え方と便利アイテム6選』
幼児の学習素材館『ひらがなの「あいうえお」と読む練習方法』

ならいごとキッズ
この記事が気に入ったら 「いいね!」
ならいごとキッズの最新情報をお届けします。
子育て・幼児教育の情報を毎日配信中!

ならいごとキッズをTwitterでフォロー

サブコンテンツ