心を豊かに育てる木のおもちゃ「木育」の取り組み

baby-boy-600

木で作られたおもちゃの手触りや、美しい木目の家具、檜風呂のいい香り。私たち日本人にとって、古くから慣れ親しんだ「木」は、五感で感じられるとても心地よい存在です。

しかし、近代化が進むにつれて木でできたものは、私たちの身の回りからどんどん少なくなってきています。
そんな事態に対し、木を好きな人を育て木と親しむ「木育」というプロジェクトが行われています。木育とはどのような活動なのでしょうか。

「木育」とは?

木育は、平成16年に北海道庁が主体となった「木育プロジェクト」から生まれた言葉です。その後平成18年には木育の促進が閣議決定されました。

子供から高齢者までを対象とし、木や、木を使ったものづくりに親しみ、さらにはその先の森林にまで考えることを目的とした活動です。
木育は、以下の3つのステップから成ります。

1. 触れる活動「触れ、感じる」

木のおもちゃや、木造の建造物、木製の生活用品などに触れ、感じることで、木の持つ温かさや香りなどを楽しみます。木の良さを知ってもらう段階です。

2. 創る活動「創り、楽しみ、学ぶ」

木工や日曜大工、彫刻、伝統工芸の体験を通して、木を使ったものづくりの楽しさや難しさを体感します。木材加工が、古くから受け継がれてきた日本の文化であることを学びます。

3. 知る活動「知り、理解し、行動する」

木についての興味や好奇心を元に、さらなる知識を得る段階です。木材と森林との関係、環境にやさしい木の利用、森林を守ることなどについて知り、実際に行動できる人材育成を目指しています。

「木育」の取り組み

木育を進めるための場所や、楽しいイベントが日本各地にあります。その一部をご紹介しましょう。

東京おもちゃ美術館 赤ちゃん木育ひろば

木のおもちゃでたくさん遊ぶことのできる、東京・四谷の「東京おもちゃ美術館」。中でも、1階の「赤ちゃん木育広場」では、0~2歳までの子供と親が一緒に遊ぶことができます。

赤ちゃんにぴったりの、手触りのよい木のおもちゃがたくさん揃っているだけではなく、国産材を利用した床で、気持ちよくハイハイすることができます。お子さんだけでなく大人も、木の安らぎを感じられる、癒しの空間です。

東京おもちゃ美術館

木育キャラバン

東京おもちゃ美術館や日本グッド・トイ委員会などが共催する「木育ラボ」によるイベント。キャラバンボックスに、質の高い木製おもちゃを詰め込んで、全国どこでも出かけていきます。日本各地さまざまな場所で開催されている実績があります。

グッド・トイ キャラバン&木育キャラバン 開催スケジュール

無印良品の木育ルーム

企業による協賛も進んでいます。木製おもちゃの販売を行っている無印良品では、木育ルームを設置した店舗を増やしています。パパやママが買い物している間、遊んで待っていられるので、親子ともどもハッピーですね!

さらに、専任のスタッフが付いて、週替わりの木育プログラムも準備されているという充実ぶり。それぞれの年齢に合ったおもちゃや遊びが提供され、飽きずに木に親しむことができます。

無印良品の木育ルーム

手作りままごとキッチン作りで木育促進

群馬県の住宅会社「斉藤林業」は、人と環境に優しい燻煙乾燥で木材をより丈夫にしたこだわりの県産木材を使用してオリジナルの木材住宅をつくっています。

木材を通して豊かで楽しい生活を提供するための活動の一環として、建築端材を使った「ままごとキッチン」製作プロジェクトを2012年から開始。すでに59の幼稚園・保育園と共同でキッチンを作り上げ、無償提供しています。

完成写真

先生たちだけでなく、子供自身が制作に携わることもあり、完成した時の喜びもひとしお。小さなころから本物の木のぬくもりや、木を使ったものづくりの楽しみを体感することができる活動です。

斉藤林業
 ままごとキッチンのお申し込みはこちらから
 http://www.saito-ringyo.jp/seminar/contribution/

五感に訴える木のおもちゃは、子供の感性を豊かにします。
日本の伝統でもある木の文化を次の世代に伝えたいですね。次の週末は、近くの木育イベントに出かけてみませんか

この記事が気に入ったら 「いいね!」

この記事が気に入ったら 「いいね!」 ならいごとキッズの最新情報をお届けします。
子育て・幼児教育の情報を毎日配信中!

ならいごとキッズをTwitterでフォロー

サブコンテンツ