ジュースは子供にどれくらい飲ませていいの??

810664088_d590e9709d_z

子供大人に関わらず、ジュースが好きな方は多いですよね。

毎日暑い日が続き、炭酸飲料やジュースの美味しい季節がやってきました。
ついつい手が伸びそうですが、子供にはあまり飲ませたくない……、そんなママ・パパも多いのではないでしょうか?

今回は、清涼飲料水との上手な付き合い方をご紹介します!

砂糖や香料で飲みやすくしてある清涼飲料水

まず、清涼飲料水とはどのようなものを指すのでしょうか?

食品衛生法の定義によると、「乳酸菌飲料・乳および乳製品を除く、酒精分1%未満を含有する飲料」が清涼飲料水とされています。
具体的には、コーラやサイダーなどの炭酸飲料、果実飲料、スポーツドリンク、野菜ジュース、ミネラルウオーター・茶系飲料などが含まれます。

清涼飲料水の特徴として忘れてはならないのは、砂糖や香料が添加されているものが多い点です。では、実際に砂糖はどれぐらい含まれているのでしょうか?

スティックシュガー(1本あたり3g)何本分かを目安に、例を挙げてみました。

・ウーロン茶・麦茶・・・0本
・100%オレンジジュース(200ml)・・・7本
・スポーツドリンク(340ml)・・・7.5本
・コーラ(250ml)・・・9本

手軽に飲めてしまうジュースですが、知らず知らずのうちに、こんなに大量のお砂糖を摂ってしまっていたなんてビックリですよね。

冷たいものでは甘味を感じにくくなりやすいため、冷たくして飲む清涼飲料水にはたくさんのお砂糖が入れられているそうです。
清涼飲料水を常温で飲んでみると、甘ったるいと感じる方も多いのではないでしょうか?

砂糖の摂りすぎによる低血糖症・虫歯などが心配

よく聞くのはお砂糖の悪い点ばかりですが、メリットももちろんあります。

お砂糖は体に入ると速やかにエネルギーに変わるので、運動後のエネルギー補給などに効果的です。砂糖水や清涼飲料水だと、水分補給もエネルギー補給もお手軽にできるのでいいですよね。

また、甘~いお砂糖の味は気持ちをほっとさせてくれます。

しかし、お砂糖の摂り過ぎが習慣化してしまうと、いろいろな問題が出てきます。お砂糖を摂りすぎるとどうなるのか見てみましょう。

低血糖症

大量の砂糖摂取によって血糖値が上がり、インスリンが大量に分泌される。そのため、逆に血糖値を下げ過ぎてしまい、低血糖を起こす。

虫歯のリスクが高まる

情緒不安定

砂糖を代謝するために必要なビタミンB1が足りなくなる。ビタミンB1は心身活性化の働きを担っているため、これが不足することによって情緒不安定になる。

依存性

いつも摂っているお砂糖(ジュース・お菓子)がないと、落ち着きがなくなり騒ぐお子さんも。

ちなみに、調味料であるお砂糖は生物が生きていくために必ずしも必要なものではないとも言われています。

エネルギー源は、白米や小麦、豆、芋などの食材からでも十分摂ることができます。お砂糖はあくまでも味を整えるために使う程度が理想です。

野菜や果物不足解消に100%ジュースは便利な存在です。
でも、「100%なら安心だよね?」と思って飲んでいた果汁に、スティックシュガー7本分の糖分が含まれていたりするので、頼りすぎるのもあまりよくありません。

人間の1日の砂糖摂取量は20gといわれているので、100%果汁ジュースを1本飲んだだけで、すでにお砂糖の摂り過ぎになってしまうのです。

清涼飲料水は「特別な日だけ」を当たり前にしよう

では、子供さんに清涼飲料水を与える際、何に気を付けるべきでしょうか?

清涼飲料水は1本飲むだけでもお砂糖の摂りすぎになりがちです。また、お砂糖には依存性がありますので、習慣的に毎日与えることは望ましくありません。

清涼飲料水は「特別な存在」として位置付けてしまいましょう。
月に1~2回、週に1回、特別な日だけ、といった具合に家庭のルールとして決めておくといいですね。

また、1本まるまる飲んでしまうとお砂糖の摂り過ぎになるので、飲むときはコップに注いで量を調節するようにしたほうがいいでしょう。

そして、清涼飲料水を選ぶ際に気を付けたいのは添加物。砂糖以外にも、香料や着色料などが含まれています。

裏の表示をチェックして、なるべく添加物の少ないものを選ぶようにしましょう。機能性飲料やダイエット飲料などは添加物が多い傾向にあります。

やっぱり、水分補給には昔ながらの水や麦茶が一番ということですね。
清涼飲料水は特別な日のお楽しみ……というスタンスを当たり前のものにしてしまいましょう。

Photo:

この記事が気に入ったら 「いいね!」

この記事が気に入ったら 「いいね!」 ならいごとキッズの最新情報をお届けします。
子育て・幼児教育の情報を毎日配信中!

ならいごとキッズをTwitterでフォロー

サブコンテンツ