slide

幼児教育

叱られてるのにへらへら笑う子には要注意!心を傷つけない叱り方のコツ

幼児教育

100均のおもちゃがすごい!ダイソー&セリアで買えるおすすめ知育玩具はこれだ!

幼児教育

幼児期が大切!運動神経が良くなる習い事とは?

幼児教育

親子で一緒に出来る!幼児期の運動遊び

幼児教育

あなたの周りにもいる!?高い知能を持つ天才児「ギフテッド」とは?

トピック

いじめられる子の親には共通の特徴が?我が子がいじめに遭わないために親ができること

トピック

ドライブ時、子供が座ったままでもよく眠れて安心!『シートベルト枕』って知ってる?

トピック

パパは責任重大!子供の性格はパパとの関わり方で決まる!?

幼児教育

男の子の能力を伸ばすために知っておきたい!男性脳と女性脳の違い

幼児教育

完璧主義の方は要注意!厳しすぎるしつけがもたらす悪影響とは

最新情報

11月30日まで限定!平田牧場の豚肉ロースなどが無料でもらえるキャンペーン申込み受付中!

11月30日まで限定!平田牧場の豚肉ロースなどが無料でもらえるキャンペーン申込み受付中![PR]

みなさんは、スーパーで食品を買うとき、どこを見て購入していますか。値段? 見た目のきれいさ? コスパの良さ?―――でもちょっと待って。その食品の安さや・・・

子供の叱り方ガイドライン

イギリスの学校教育に学ぶ!子供の“叱り方ガイドライン”が参考になる!

学校の先生の体罰はいまも問題になっています。一方で今の子供の教育は昔に比べると甘すぎるといった意見もあり、子供のしつけって本当に難しいですよね。 言い聞かせてもなかなか聞いてくれない子につい怒鳴ってしまったり、手を上げて・・・

家族で楽しめるボードゲーム

幼児期から始めるのがおすすめ!家族で楽しめるボードゲーム4選

知育にも、子供の発育にもメリットがたくさんのボードゲーム。ボードゲーム大国として知られるドイツでは、その知育効果が期待され、毎年数百ものボードゲームが新たに発売されているんだとか…! そんなボードゲームの魅力とオススメを・・・

英語イマージョン教育

日本語も英語も効率よく習得できちゃう!近年注目の『英語イマージョン教育』

英語を効率よく習得できて、さらには日本語もより深く習得も期待できると注目される、『英語イマージョン教育』をご存知ですか? 近年、早期英語教育としてプリスクールやインターナショナルスクールに通わせるご家庭も増えていますが、・・・

子供の滑舌が悪い

子供の滑舌が悪い!原因や対処法は?

「せんせい」を「てんてい」、「おやすみなさい」を「おやちゅみなちゃい」など、子供のそのあどけない、たどたどしい発音がかわいくもある一方、滑舌の悪さを心配するパパやママも多いのではないでしょうか。 今回は、そんなパパママの・・・

磯遊び

夏休みにおすすめ!子供の認知力・観察力を育む『磯遊び』

梅雨があけると、すぐそこに夏がやってきますね! 夏休み、子供たちとどこに行こうか、何をして遊ぼうか計画中のパパやママにぜひおすすめしたいのが『磯遊び』。 水中や岩場の生物を捕まえて観察してみたり、小魚やイソガニ、イソギン・・・

虫取りが脳を育む

『虫取り』に脳育効果が…!?子供の好奇心を育む昆虫採集の効果的な楽しみ方

もうすぐ夏休み。子供とのレジャー計画を立てているパパやママも多いのではないでしょうか。 ぜひ今年の夏にチャレンジしてみていただきたいのが“虫取り”! 近年は、都会育ちで虫に触れる機会の少ない子供が多く、パパやママも虫嫌い・・・

ブレインフード

食べるだけで記憶力や集中力がUP!?『ブレインフード』を取り入れよう!

『ブレインフード』という言葉をご存知ですか? ブレインフードとは脳を健康的にする食べ物や食べ方のこと。食と脳には実はとても深い繋がりがあって、最近では食品メーカーもブレインフードに注目した食品開発に取り汲んでいます。 今・・・

子供の意欲の育て方

知育よりも重要!?幼児教育の原点・子供の『意欲』の育て方

親が放っておいても自分でどんどん勉強する…わが子がそんな子供に育ってくれたら親は嬉しいですよね。 子供の将来のため、最近は乳幼児期から早期教育に取り組む家庭も多いですが、早くから何かを“教える”ばかりで、子供の“意欲”や・・・

こども霞が関見学デー

当日受付もOK!2017年版『こども霞が関見学デー』の見所は?

毎年夏の恒例となっている『こども霞が関見学デー』。 霞が関にある各府省庁が連携し、さまざまなプログラムを通じて各省庁の仕事について知ってもらうこの夏の人気イベントが、今年は、8月2日(水曜日)、3日(木曜日)に実施されま・・・

グレーゾーンの子供との向き合い方

発達障害ではないけれど…“グレーゾーン”の子供との向き合い方

発達障害の特性を持っているものの、その症状は軽く、発達障害とは言い切れない“グレーゾーン”の子供。 中にはわが子がグレーゾーンであることを認めたくないという方も多くいるようですが、実は子供のグレーゾーンとどう向き合ってい・・・

サブコンテンツ