かわいいだけじゃない!赤ちゃんの笑顔には意味がある!?

1830371817_097222fe6c_z

電車内や街中で、赤ちゃんに微笑まれると自分も幸せな気分になりますよね。
あの赤ちゃんの笑顔は、時期によってすこし意味合いが違ってくるようです。

新生児微笑、社会的微笑・・・赤ちゃんの成長によって異なる笑顔の意味

時期によって子供の笑顔の意味合いが違うというのは、どういうことなのでしょうか?泣いたり怒ったりすることと同じように、笑うことは人間の感情表現のひとつです。感情は普通にあるものだと思いがちですが、実は生まれたばかりの赤ちゃんは、感情も認知能力も白紙に近い状態。

つまり、笑いという感情表現から、子供の感情の成長ぶりを見ることができるのです。

では、時期によってどのような違いがあるのか見てみましょう。

新生児~生後2ヶ月ぐらいまで

生後まもなくから見られる、ふとした拍子に見せてくれる微笑み。これは、新生児微笑(しんせいじびしょう)もしくは、生理的微笑(せいりてきびしょう)と呼ばれるもので、赤ちゃんの感情とは関係なく起こります。

お父さんやお母さんに可愛がってもらうために本能的に出てくる笑顔といわれています。赤ちゃんが笑っているのを見ると、かわいいからついつい優しく抱っこしたくなりますよね?

このように周りの大人が優しく関わってくれることで、赤ちゃんは「笑えばお父さんやお母さんにこんなに優しくしてもらえるんだ」ということを学習していくのです。

生後2ヶ月~生後4ヶ月まで

この時期になると、抱っこをしたり、あやしたりすることで笑ってくれることがあります。キャッキャッと言ってくれることもあり、かわいさアップ!

これは社会的微笑(しゃかいてきびしょう)と呼ばれるものです。少しずつ周囲を認識して反応できるようになっているということなんです。

生後4ヶ月以降

これまでは周囲のあやしてくれる人なら誰でも笑顔を見せてくれましたが、ある程度成長してくると、今度はお父さんやお母さんなどの親しい大人にしか笑ってくれなくなることがあります。いわゆる「人見知り」の始まりですね。

笑ってくれずショックを受ける方もいるかもしれませんが、これは赤ちゃんが周囲の人間をきちんと認識できるようになってきたということ。成長の証なんですよ。

笑うことは健康にも心にもいい!まずは自分が笑顔でいよう

日常的にいっぱい笑うことは身体面・心理面において有効だということが医学的に証明されています。

笑うことでナチュラルキラー(NK)細胞が活性化され、免疫力がアップするというのは有名な話ですよね。笑うことで幸福ホルモンと呼ばれるエンドルフィンが分泌されることも分かっています。

よく笑う子供、クールな子供、よくぐずる子供……それぞれ個性はありますが、子供が気持ちよく楽しく過ごせることで自然な笑顔を見せてくれるとホッとしますよね。

そのためには身近な人が笑っていることがまず大切。お母さんのストレスは溜まっていませんか?育児でいっぱいいっぱいのときは、ついつい笑顔を忘れがち。そんな時は、あの頃のわが子のふんわりした笑顔を思い出したり写真を見て、ちょっといやされてみるのもいいかもしれませんよ。

Photo/David Salafia

この記事が気に入ったら 「いいね!」

この記事が気に入ったら 「いいね!」 ならいごとキッズの最新情報をお届けします。
子育て・幼児教育の情報を毎日配信中!

ならいごとキッズをTwitterでフォロー

サブコンテンツ