早めのマスターで風邪対策!子供にうがいを教えるコツ

うがい

冬はノロウイルスやインフルエンザなどの感染症が流行る時期ですね。病気から子供を守るための基本はやっぱり『手洗い』『うがい』です。最近は泡で出てきて子供もしっかり手洗いできるハンドソープが多く、手洗いに関しては楽になったのではないでしょうか。一方で『うがい』は、飲み込まず上手にできるようになるまで時間がかかることも……。そもそも、子供にうがいの仕方をどう教えたらいいの?と迷う方も多いかもしれませんね。

そこで今日は、小さな子供に『うがい』の方法を教えるコツについて紹介します!

ブクブクうがいとガラガラうがい

『うがい』は何歳頃からできるようになるのでしょうか。口の洗浄を行う『ブクブクうがい』は、3歳児で約50%、4歳児になると約75%の子供ができるようになるんだとか。これに対し、のどの洗浄を行う『ガラガラうがい』は、頭を後ろにそらして口を開けて行うため少し難しく、3歳児で約25%、4歳児で約50%、5歳児で約75%にとどまるそうです。親としては早くうがいができるようになると安心ですよね。お子さんの成長にもよりますが、2歳頃からうがいの練習を始めてみるとよいでしょう。

まずは『ブクブクうがい』からスタート

ブクブクうがいは比較的簡単にできるようになりますが、まずは大人が手本を見せるとスムーズに覚えられるでしょう。コップに水を入れ、水を口に含んでブクブク、最後にペッと出す一連の流れを子供に見せます。こうすることで、子供はうがいがどういうものなのか、全体像を理解できるはずです。

そのあとは、実際にチャレンジ。口に含む水の量が多すぎると上手くブクブクできず、口から水が溢れてしまいますよね。最初は1回分の少ない水をコップに入れるなどして、水の量から覚えられるように一工夫してあげると良いでしょう。

また、どうしても水を飲み込んでしまう子の場合は、少しうつむき気味の姿勢でブクブクすると口を開いたときに自然と水を吐き出せます。隣で親御さんが「ブクブク、ペッ」と声を掛けながら見守ってあげるのも良いですね。

次はガラガラうがいにチャレンジ

ブクブクうがいが上手にできるようになったら今度は『ガラガラうがい』です。ガラガラうがいは、水を口に含んで上を向く練習から始めるとよいでしょう。次に上を向いたまま口を開けて息を出してゴロゴロと軽い音を出す練習をします。勢いが良すぎると思わず水を飲み込んでしまったり、むせてしまったりすることも。最初は少なめの水を口に含ませてゴロゴロと音を出すようにすると、ガラガラうがいがしやすくなります。練習は水だけでなく、殺菌作用がある緑茶や紅茶もおすすめですよ。

紅茶うがいの記事

楽しく『うがい』の練習をしよう

何度教えてもなかなか上達しないと、「どうしてできないの!?」と怒りたくなることもあるかもしれません。ですが、怒ってしまうのは禁物です。あくまでも楽しい雰囲気で練習をすることで子供は「うがいって楽しいことなんだ」と学びます。ちゃんと吐き出せたら「上手にできたね」など褒め、もしうっかり飲み込んでしまっても「もう一回頑張ってみようか」「惜しい、あと少しだね」など励ましてあげてくださいね。また、「お口の中がキレイになって気持ちいいね」とうがいをしたらスッキリするということを伝えることで、明るく元気よくうがいの練習ができるでしょう。

ブクブクうがいもガラガラうがいもできるようになったら毎日の習慣にしましょう。外から帰ってきたら手洗いとうがい、食後に歯磨きとうがいなど、毎日の生活リズムの中に組み込んでいくことで病気やむし歯の予防につながります。親子で一緒にうがいをして、冬の寒さと病気に負けないようにしたいですね!

ならいごとキッズ
この記事が気に入ったら 「いいね!」
ならいごとキッズの最新情報をお届けします。
子育て・幼児教育の情報を毎日配信中!

ならいごとキッズをTwitterでフォロー

サブコンテンツ