毎月のお小遣いはNG?マネー音痴にならないためのお小遣いのあげ方とは

子供 お小遣い マネー音痴

みなさんは、子供にお小遣いをあげていますか?

子供の金銭感覚を養うためにも、お小遣いは必要なものだとは思いますが、お小遣いのあげ方次第では、子供の金銭感覚がおかしくなり、将来的に「マネー音痴」になってしまう可能性も…。今回は、子供が「マネー音痴」にならないためのお小遣いのあげ方についてご紹介します。

毎月一定のお小遣いはNG?金銭感覚がおかしくなるお小遣いのあげ方とは

毎月定額でお小遣いをあげる

毎月、決まった額のお小遣いを与えているという家庭も多いでしょう。

でも何もしなくても、毎月必ずお金がもらえるという状況は、子供に「お金は努力しなくても手に入るもの」という意識を持たせてしまう可能性があります。

毎月決めた額をお小遣いとして渡し、子供が何か頑張ったときに額を追加してみてはいかがでしょうか。

ただし、子供が嫌がることを無理やりさせるのはNGです。そうすると、子供は「お金を稼ぐためには嫌なこともしなくてはならない」と考えてしまうようになるからです。

お手伝いをしたらお小遣いを渡す

お手伝いをしたからと言って、お小遣いを渡すのもあまりおすすめしません。

お手伝いをするたびにお小遣いを貰っている子供は、もらえる報酬がないと何もしない人間になってしまう危険性があります。子供が得意な分野や好きなことで頑張ったときに、ご褒美としてお小遣いを追加するのが良いかもしれませんね。

必要なときに必要なだけ与える

子供が欲しいと言ったタイミングで、いつでも好きなだけお小遣いを与えるのはNG。毎月定額をあげているのならば、その中でやりくりをするように教えましょう。また、定期的にお小遣いを与えていない場合も、必要な経費は「どんなことに使うのか、本当に必要なのお金なのか」について親子でしっかり話し合うことが大切です。

親はお金を「貯める」という考え方も教えよう

子供にはお金だけでなく、おもちゃなどもたくさん与えればよいというものではありません。

子供が欲しがるものをすぐに買い与えてしまったり、その分の金額のお小遣いを与えたりしてしまうと、我慢することを覚えられなくなってしまうばかりではなく、欲しいもののために何ヶ月も貯めるようなお金のコントロールも身につかなくなってしまいます。

お金をあげたら、すぐにあるだけ使ってしまうような子供もいますよね。

もちろん、子供がもらったお金の使い道は子供が主体的に決めてよいものです。でも、「もらったらすぐ使う」では、お金を貯めるという習慣は身につきません。

親として、「お金を貯める」ということを教えてあげる必要もあるでしょう。

お金を貯めるには、お財布や貯金箱に入れるだけではなく、銀行に預けるなどの方法もあることを教えておけば、子供のマネー感覚を育てることに繋がります。

親としては、子供が欲しがるものを与えてあげたいと思うものですが、無理をして何でも買い与える必要はありません。子供に愛情を伝える手段は、物やお金ではありませんからね。

パパやママの言動にも要注意!言葉と行動を一致させよう

子供に欲しいものを我慢させるとき、「うちにはお金がないのよ」「うちは貧乏だから」などと言ってしまうこと、ありませんか?

その一方で、パパやママが使うものなどには出費を惜しまず、どんどん浪費していると、子供は「うちにはお金がないはずなのにどうして」と混乱してしまう可能性があります。

子供の前でお金に関する話をする場合は、できるだけ正直に話してあげましょう。

そうでないと、子供は将来お金がなくても浪費してもOKと思うような大人になってしまうかもしれませんよ。

お小遣いは子供の金銭感覚だけでなく、欲望をコントロールする力や、自分のお金で好きなものを選んで買う自主性などを育てていってくれるものです。上手に取り入れて、お金との上手な付き合い方を子供に教えてあげられるといいですね。

PHOTO/Sofi photo/Shutterstock
参照/
WooRis「将来わが子が「マネー音痴」に!金銭感覚がおかしくなる親のNG言動5つ」
Wooris「「小遣い制」は断固NG!子どもへの正しいお金の与え方」
ギフト教育ラボ「NGなあげ方が子どもをダメにする!?お小遣いのルールを徹底解説」

この記事が気に入ったら 「いいね!」

子供 お小遣い マネー音痴

この記事が気に入ったら 「いいね!」 ならいごとキッズの最新情報をお届けします。
子育て・幼児教育の情報を毎日配信中!

ならいごとキッズをTwitterでフォロー

サブコンテンツ