黄色は甘えたいアピール?? 使った色からわかる子供の心理

3603491639_7ff6fbc77f_z

子供に絵を描かせると、空をピンクで塗ったり、木をオレンジで塗ったり、大人の想像もつかないような芸術作?を描いてくれますよね。

大人のセンスではなかなか理解できない子供の絵の配色。実は心理状態を表していることもあるんだとか。

では、子供の描いた絵から、どんな色を好むか、どんな色を使っているかなどを見て心理状態を読み取っていきましょう!

黄色を使って表現した絵は「もっと甘えたい!こっちを見て!」という、かまってアピール

黄色という色は赤や青と並んで、子供が大好きな色です。黄色はとても目立つという特徴があることから、立ち入り禁止場所や、道路標識などの危険を表すサインとしても使われていますよね。

また、自己顕示欲や自己アピールが強い人が好む色ともされているため、黄色を多く使う子供は「もっとこっちを見て!」「もっと甘えたい!」という願望が強いと考えられているんだとか。下の子ばかりにかまって、上のお子さんを放っておきがちになっているご家庭や、仕事と家事、育児の両立で、子供との時間がなかなか取れない方は、一度お子さんの描いた絵をゆっくり観察してみることをおすすめします。
もし子供が黄色いクレヨンばかり使って絵を描いているなと気づいたら、いつもより少しだけ長く抱きしめたり、話を聞いてあげたり、子供とのコミュニケーションを取る時間を増やしてみてくださいね。

黒ばかり使った絵は、恐怖や不安を口で表現出来ず、抑圧された精神状態の表れ

黒というのは高級感や強さを与えるという心理的効果がある一方で、暗い気持ちになる、老化を促進させるなどといったネガティブなイメージも強い色です。絶望、孤独、恐怖、暗いなどのワードを連想する方も多いことでしょう。

子供が黒い色ばかり使ってお絵かきをしている時は、不安や恐怖、抑圧された感情で心がいっぱいになっている傾向があります。特に乗り物を黒く塗りつぶしている場合は、一番信頼し甘えられるはずの母親に対して萎縮しきってしまっているという心理の表れといわれているので、注意が必要です。

また複雑な家庭環境に置かれている子供も黒を使った絵を好んで描くことが多いようです。
こういうお話をすると、ママたちは黒いクレヨンで絵を描く子供に「もっと明るい色で描きなさい」と言いたくなるかもしれません。しかし子供たちは抑圧された感情を、黒という色を借りて紙の上で発散しているのです。思う存分描かせてあげることも大切です。

疲れや、癒されたい願望をあらわす紫色の絵

紫は、赤という元気さ活発さを表す色と、青という冷静や抑制を表す色を混ぜた色です。精神的に複雑な状態にあるとき、この両方の色が持つ性質が心のバランスを整えてくれるという癒しの効果があります。

お絵かきする際に、この色をよく使う子供は、無意識下で癒しを求めているのかもしれません。

不思議な配色の理由は?

子供に絵を描かせると、空は青、葉っぱは緑など、大人なら当たり前だと認識できる配色を全く違う色で表現することがあり、驚かされますよね。
脳は色と形を識別する働きを別々の部分で行っていますが、それを結びつける能力が幼児期にはまだ出来上がっていないからだといわれています。

なので、空をピンクで塗っても、木をオレンジで塗っても、それは間違いではありません。注意して直させる必要は全くないでしょう。大人の固定概念を子供はまだ持っていません。どんな絵を描いても、どんな色を使っても、親がそれを丸々受け止めて、認めてあげることがとても大切です。

子供の描く絵がすべて心理状態を表しているとは限りませんが、たまには絵じっくり観察して、子供の心の内や心の変化を察してあげることも必要かもしれませんね。

Photo/Johann Dréo

出典/
ほいくみー「子どものお絵かきから心を覗こう!心理学から見る色の意味
史上最強カラー図解 色彩心理のすべてがわかる本

この記事が気に入ったら 「いいね!」

この記事が気に入ったら 「いいね!」 ならいごとキッズの最新情報をお届けします。
子育て・幼児教育の情報を毎日配信中!

ならいごとキッズをTwitterでフォロー

サブコンテンツ