新学期に影響する!?冬休みだからこそ意識したい生活習慣

冬休み 生活習慣

クリスマス、お正月と楽しいイベントが続き、子供達にとってはお楽しみいっぱいの冬休み。でも、長期の休みはどうしても生活のリズムが崩れがちになってしまいますよね。

生活リズムが整っていると、心も体も健康な状態に保つことができますが、それは子供ももちろん同じ。また一旦、生活リズムが崩れてしまうと元に戻すのも大変ですよね。では、冬休みも生活習慣を乱さないためにはどうすればよいでのしょうか?

生活リズムが乱れたままだと、どんな悪影響が?

冬休みの間、普段より起床時間が遅くなってしまうと生活リズムが乱れ、3学期が始まっても朝寝坊が続いたりするなどの影響が出ます。それだけでなく、たくさん寝ても体が重かったり、眠かったりと体に不調が出ることがあります。生活リズムが乱れたままだとやる気や元気がないまま新学期を迎えてしまうことになってしまいがちです。

朝がカギ?生活リズムを変えないために心がける2つのこと!

生活リズムを変えないために冬休み中、ご家庭で気をつけるべき2つのことをご紹介します。冬休みが終わっても引き続きやっていくとよいことともいえますね。

起床時間を一定に!

冬休みだからといって特別ゆっくり休ませる必要はありません。ゲームやテレビなどで夜更かしを繰り返すと朝起きるのがつらくなり、そのままずるずると生活リズムが崩れてしまいます。眠くない子供を無理に寝かせるのは大変なので、まずは早起きを優先しましょう。早起きをして、昼間に適度な運動をすることで、夜は自然と眠くなり良い生活習慣が作られます。

毎日の起床時間を一定にすることを心がけてみましょうね。

朝ごはんを毎日決まった時間に!

しっかりと毎朝、朝ごはんをとるようにしましょう。朝ごはんを決まった時間に食べることで排便のリズムも整います。

朝ごはんと昼ごはんを一緒にしないようにしましょう。朝ごはんには寝ていた体を目覚めさせる役割もあるので、3食同じ時間に食事をとることで1日の生活リズムを整えることができます。冬休みの間もできるだけ毎食、決まった時間にとるように意識してみましょう。

子供が目標を持って使える生活リズムチェックシートって!?

“子供自身が自ら生活リズムを考えられるようになってほしい”と思うママにオススメなのが北海道教育委員会から配布されている生活リズムチェックシート。

「生活リズムチェックシート」のダウンロードはこちら

子供が自分で計画を立て、目標を持って記録することができ、生活リズムを整えるのに役立ちます。このシート、小学生低学年用、高学年用、なんと中学生用まであるんです。子供に合わせてダウンロードしてチェックしてみましょう。毎日コツコツ記録することで時間管理力も身につきそうですね!

子供の生活リズムをつくるには、ママの毎日の声かけや確認も大事です。家族みんなで一緒に早起きをして窓を開け、朝日を浴びるだけでも気持ちがいいですよ。生活リズムを崩さずに規則正しい生活を送って、冬休み明けベストな状態で送り出してあげましょう!

参考/
玖島小学校 保健室 「ほけんだより」
札幌市立新川小学校 学校便り

この記事が気に入ったら 「いいね!」

冬休み 生活習慣

この記事が気に入ったら 「いいね!」 ならいごとキッズの最新情報をお届けします。
子育て・幼児教育の情報を毎日配信中!

ならいごとキッズをTwitterでフォロー

サブコンテンツ