夫婦げんかが子供の身長を低くする?身長を伸ばすための愛情と3要素

身長

「我が子にはすらりと長身に育ってほしい」という親御さんの声をよく聞きます。

自分は背が高い方ではないけれど子供には……と思い、背が伸びる方法をネットや雑誌などで調べたり、成長期の子供向けサプリメントを飲ませたり、体操教室に通わせたり、睡眠時間にも気を使ったり……とお子さんの身長を伸ばすためにさまざまな方法を実践しているという家庭もあるようです。

子供の身長を伸ばすために大事な3つの要素だけでなく、重要なのは両親の仲が良いこと!なんと、夫婦げんかを目撃するなど親の不仲が原因で子供の身長の伸びが止まってしまうことがあるようです。

夫婦げんかと子供の身長の伸びの関係性とは?

夫婦げんかをしていると子供が情緒不安定になり、成長ホルモンの分泌が悪くなるんだとか。両親が争っている姿を見ると、子供は不安な気持ちでいっぱいになります。すると本能的に早く大人になろうとして成長ホルモンの分泌が少なくなり、骨が固まってしまって身長の伸びが鈍くなるのです。

女の子の場合は初潮以後に身長があまり伸びなくなるケースが多いですが、両親が不仲の場合も初潮が早まる傾向があるという研究結果が出ています。明るい家庭でのびのびと過ごすことは、子供の身長を高くするためにもとても重要なのですね。

子供の身長を伸ばす3つの要素

身長を伸ばすためには、栄養、睡眠、運動の3 つの要素が大切です。気になる遺伝の影響は25%程度と言われているので、両親の身長が低くても、この3つの要素に気をつければ身長を高くすることは十分に可能なのです。

例えば、「栄養」。日本人の平均身長は戦後から60年間で男女ともに10cm前後伸びています。

戦後、栄養状況が大幅に改善され、食生活が多様化したことは誰もが知るところですよね。成長期の子供にもタンパク質、カルシウム、ミネラルなど栄養バランスの良い食事が大事。

身長がぐんと伸びる10~15歳くらいの成長期には、カルシウムだけでなく、タンパク質が必要です。食べ物の好き嫌いが多くて偏食ぎみのお子さんは、まず食生活を見直してみることから始めるとよいかもしれませんね。

「寝る子は育つ」は本当!

身長を伸ばす成長ホルモンは寝ている間に分泌されます。ところが、日本の子供たちは睡眠が足りないと言われています。習い事、受験などで現代の子供たちはどうしても寝る時間が遅くなってしまいがち。

毎日は難しくても「夜21時までにはベッドに入る」「早寝早起きをする」などできるだけ早く寝る習慣を身につけることは身長を伸ばすためにも大切です。なかなか寝付けない場合は、昼間に屋外でしっかりと体を動かすと、適度に疲れが出て眠りにつきやすくなります。

やることが多すぎるなら少し減らして調整するのも睡眠時間を確保するために有効な方法ですね。お子さんがぐっすり眠れて翌朝スッキリと目覚められるようにサポートしてあげましょう。

子供らしくのびのびと生活することは身長を伸ばすためにもとても大切です。

子供にとって最大のストレスになりかねない両親の夫婦げんか。

まったくけんかをしないのは難しくても、怒鳴り合ったりせず冷静に話し合って解決するなどの方法はあります。子供がすくすくと成長するためにも、ぜひ仲良く過ごしてくださいね!

[PR]成長ホルモンの分泌を助けてあげたい!

身長を伸ばすために欠かせない『成長ホルモン』。その成長ホルモンの働きをサポートしてくれる成分として今世界的に注目されているのが『アルファGPC』という成分をご存じですか?

はじめて聞くママも多いかもしれませんが、この『アルファGPC』は母乳にも含まれている天然成分なんです!
『アルファGPC』を摂取することによって成長ホルモンの分泌を促すことでき、子供の伸長に大きな影響を与えることができるんです。

『アルファGPC』は大豆等に多く含まれていますが、1日に必要と言われる400mg分を食品から摂取するのはとっても大変…
そこで試してみたいのが、サプリメント。
1日1・2粒でOKですし、錠剤が苦手な子はお湯や温かい飲み物に溶かして飲んでも大丈夫。ぜひ毎日の習慣の一つに加えたいですね!

今ならWEB限定でモニター価格でお試しできるので、ぜひ試してみてはいかがでしょうか?

公式サイト/アルファGPCスーパー

この記事が気に入ったら 「いいね!」

身長

この記事が気に入ったら 「いいね!」 ならいごとキッズの最新情報をお届けします。
子育て・幼児教育の情報を毎日配信中!

ならいごとキッズをTwitterでフォロー

サブコンテンツ