ひとりで身支度できる!幼稚園児向け収納コーナー作りのコツ

幼稚園児向け収納コーナー作りのコツ

制服や体操服、帽子、ハンカチ…幼稚園グッズはなにかとアイテム数が多く、ごちゃごちゃしてしまいがちですよね。

園から帰宅後、ソファや床に園リュックや帽子が放り投げられている家庭や、「通園準備は幼い子供には煩雑でまだ無理だろう」と、毎日全てママがやってしまっているという家庭は必見!

あらかじめ子供に使い勝手の良い収納環境さえ用意してあげれば、幼稚園児でも自分で身支度を整えられるようになるのです☆

今回は、子供が自ら収納の出し入れ・身支度をできるようになるための、“子供向け収納コーナー”の作り方をご紹介します。

身支度や片付けは自立への一歩!判断力も育む!

子供が自分で持ち物の準備や片付けができるようになると、必要なものを選び取る力、つまり『判断力』という、将来社会で必要な力を自然に身につけることができます。また、自分で身支度を整えることは、『自立心』を養うことにも繋がります。

どちらも、子供が成長していく上ではとても大切ですよね。でも、何度言い聞かせてもうちの子はなかなかひとりで身支度ができない…そんなお悩みを抱えている場合、実は原因は収納環境にあるかもしれませんよ。

子供自身が整理しやすい収納の4つのポイント

子供自身が身支度や片付けを整えやすい収納環境を作るために、次の4つのポイントを見直してみましょう。

プライベートなものとは分けて、幼稚園グッズのみをまとめる

まずは、”幼稚園グッズ専用の”収納コーナーを作りましょう。おもちゃなどプライベートなものとは別に分けて、混ぜてしまうことがないようしっかり意識させましょう。

収納場所は分散させない

幼稚園グッズの収納場所は、あちこちに分散させると置き場所が覚えきれず、子供自身で整理することが難しくなってしまいます。お弁当用の食器類やナプキンなども、制服や体操服と共に同じ場所にまとめたほうが、子供も片付けや準備がしやすくなります。

子供に合った収納アイテムを選ぶ

自分でお片付けしやすい高さになっているか、出し入れはしやすいか、負担のない重さか…など子供の視点でチェックしてあげることが、嫌がらずに身支度を続けてもらうために大切ですね。

キーーってなるから吐くね! 昨日ネットで店舗在庫確認してからニトリへ、追加棚60㎝買いにいったの! そしたら店舗在庫ないって。 店在狂ってるとか言われたの。 わたしも元販売員経験者だから分からないこともないけど!けど!さぁ~近い訳じゃないから思いきって行ったのにさぁ~ 取り寄せお願いしてんけど先払いやし。それも説明なかったし(怒) 払ったけどさ。 店舗在庫先入荷されたら電話ほしいって伝えてるのに 入荷遅れたときしか電話ないですとか言われてん?日本語通じてんのかな?ん?ってなったけど やりたいこと先進まん事が確定するとすべて面倒になるタイプだから文句言うのは止めた(笑) コーナン行って棒買ってきた("⌒∇⌒") 突っ張り棒だと落ちるからストレスってみたので ネジつけれるやつにしたけど メタルポール+ポール受けの組み合わせにすりゃよかったかも~( ´_ゝ`) #幼稚園グッズ収納#幼稚園収納#カラボ

きょうこ。さん(@kyon.yuiyama)がシェアした投稿 –

このようなカラーボックスは、小さな子供の背丈に合うサイズも多く、重宝するアイテムです! 服をかけるクローゼットを、つっぱり棒で代用するのもgoodアイデアですね!

何がどこに入っているか、一目でわかるようにする

中に何が入っているのか、収納しているアイテムの写真や見出しを貼る、透明ケースを使用するなどの工夫をすると、必要なものをすばやく探すことができます。
ごちゃつきを防ぐために、重ねず立てて収納し、詰め込みすぎないことも心がけましょう。

透明ケースだと外からでも何が入っているか分かりやすいですね。また、蓋の付いていない収納ボックスなら、上から中身を見渡すこともできるので、立てて収納するなど、見やすく・取り出しやすいようにしておけばgoodです♪

ひらがなが読める子供なら、このようにラベルを付けるとより分かりやすいですね。

他にも、収納の配置を幼稚園のロッカーと同じにするという方法も。子供も混乱しにくく、より片付けや準備がしやすくなりそうですね。

子供が自分ひとりでできるよう、親は柔軟にサポートを!

収納コーナーを作るときは、準備段階から子供と一緒に、使いやすさを確認しながら作りましょう。実際に使うときも親が一緒にやってみながら使い方を教えると、子供も覚えやすいでしょう。

収納する配置を決めたらキッチリ固定してしまうのではなく、まずは試しに一度仮置きしてみて、子供の背丈や使用する頻度に合わせてそのつど様子を見ながら調整していくと使いやすくなります。使い勝手を見ながら柔軟に調整しましょう。

なお、収納コーナーを作る場所は、必ずしも“子供部屋”などにこだわらなくてOK。初めは親の目が届く場所、家事の合間にサポートしやすい場所に収納コーナーを設置するのがおすすめです。

子供のモチベーションを維持し、習慣を長続きさせるためにも、上手にお片付けや身支度ができたらしっかりほめてあげることも心がけましょう。

子供自身で身支度や片付けができるようになるのは、収納環境も大きく影響します! まだ小さいからと諦めるのではなく、親が環境を整えてあげつつ、幼稚園児のうちから少しずつ自立を促してあげましょうね☆

PHOTO/GraphicsRF/Shutterstock
参考/
All About暮らし「自分で出せてしまえる、子供服の管理・収納術」
All About暮らし「お片付けを習慣にするラベル術」
AELDE 暮らしのお役立ち「幼稚園生活を応援! HAPPYに通園できるお部屋づくり」
cataso「入園準備!「身支度コーナー」で”自分で出来た”を増やす仕組み作り」
ハッピー・ノート.com 輝くママのNEWSな“おはなし”「入園前の準備」

この記事が気に入ったら 「いいね!」

幼稚園児向け収納コーナー作りのコツ

この記事が気に入ったら 「いいね!」 ならいごとキッズの最新情報をお届けします。
子育て・幼児教育の情報を毎日配信中!

ならいごとキッズをTwitterでフォロー

サブコンテンツ