実は難しい!?子供に靴の履き方を教えるコツ

子供に靴の履き方を教えるコツ

靴を履くということは、大人にとっては簡単なことでも子供にとっては高い高い壁。できたら楽しく覚えていきたいですよね。今回は筆者の実体験も含めて靴の履き方を教える方法をご紹介していきたいと思います。

まずは見本を見せてあげよう

まずは「ママが履いてみるね」と横で靴を履いて見せてあげてください。手で靴を持って足を入れる動作を見せることが大切です。

そうすることで“靴を履く”ということがどういうことなのか少しずつ理解できます。

履きやすい靴で一緒にやってみよう

筆者のやり方ですが、最初のうちは子供のかかとに手を持って行って一緒に履く練習をしました。

靴はかかとを入れるのが思いのほか難しいもの。それを考慮し、靴は柔らかめの素材を選び、かかと部分に持ち手のようなリングが付いているタイプのスニーカーを選びました。「これを掴んで引っ張ってごらん」と教えると意外とすんなり履けるものです。

靴のかかと部分に紐を通してリング状にして引っ張るという方法もいいですね。

また、履きやすい靴を選ぶというのも大変重要です。履き口が大きく開くものを選びましょう。

左右の間違いは印やイラストで解決!

子供の足元を見ると左右逆で靴を履いている!ということもしょっちゅうですよね。大人からすると、「気持ち悪くないのかしら?」なんて思ったりしますが、子供はまだ気持ち悪いという感覚は感じにくいようです。

筆者の息子の場合、「左右逆だよ!」と私が言いすぎて、幼稚園で上履きを履く際、その都度「合ってる?」とうるさいくらいに確認してくるようになってしまいました。そこで靴の両外側に色の違う星マークをデコパージュで付けました。慣れてくるとそれを見て確認し、私に聞いてくることはなくなりましたよ。

スニーカーなどの場合は、何かその靴の特性を見つけて教えています。靴によってはロゴマークが外側についていたり、ワンポイントあったりするので、「こちらが外に来るように履いてごらん」と教えました。

左右が合わさると動物の絵になる中敷きなども販売されていますので、そういったアイテムを活用してみるのもいいですね!

靴を履くことは案外難しい!根気強く教えよう

子供にとって“靴を履くこと”は大人が思っているよりも何倍も難しいことです。

なんでこんな簡単なことにこんなに時間が掛かるの?!と苛立ってしまうこともあるかもしれません。

まずは出かける前に時間に余裕を持ち、焦らせることなく、待ってあげてください。かくいう筆者も何度も手伝おうとしてしまうことがありました。

でも時間を掛ければ出来るのです!子供が喜ぶ靴を用意して、一緒に寄り添って応援してあげてください。「ここを持ってごらん!」「最後にかかとトントンすると足が速くなるんだよ!」(靴屋さんで聞いた話ですが、つま先をトントンしがちですが、かかとを合わせることが大切だそうです)「右と左があっているとパンダさんの顔になるね!」そんなウキウキする声掛けをしてあげてみてください。気付いたら上手に履けるようになっていると思いますよ。

参考/子育ての裏技コラム「必見!クツをはかせる裏技」

この記事が気に入ったら 「いいね!」

子供に靴の履き方を教えるコツ

この記事が気に入ったら 「いいね!」 ならいごとキッズの最新情報をお届けします。
子育て・幼児教育の情報を毎日配信中!

ならいごとキッズをTwitterでフォロー

サブコンテンツ