コミュニケーションの基本!挨拶は習慣化が大切

挨拶

朝起きたら「おはよう」、人に会ったら「こんにちは」や「こんばんは」と挨拶すること。誰もが子供の頃から一度は、大人にこう言われたことがありますよね。挨拶はコミュニケーションの基本で、円滑な人間関係を築いていく上で大人になっても必要不可欠。また、お受験や入試などでも挨拶が正しくできるかどうかはしっかり見られています。

そこで、きちんと挨拶のできる子供にするには、どのように教えるのがいいのでしょう?また、挨拶が苦手な子供の克服法とは?今回はそんな疑問にお答えします。

挨拶を自発的に出来る子供にするには

挨拶を習慣づける上で大切なのは、子供から自発的に言えるようになるということ。例えば、「ちゃんと挨拶しなきゃダメでしょ!」とか「こら!何で挨拶しないの!」などと叱られながら半ば強制的に挨拶させられて身についても、それは叱られたくないからしぶしぶ言っているようなもの。そうではなく「挨拶すると気持ちがいい!」と、自分から進んで挨拶できるようになってはじめて、正しく習慣付くといえるのです。

そのためにはまずは親が見本となって、普段から色んな場面できちんと挨拶するように心がけましょう。まずは朝起きたらきちんと「おはよう」と声をかけること。食事の時の、「いただきます」や「ごちそうさま」も大切な挨拶ですよね。大人でもうっかり忘れていることはありませんか?

外で知っている人にあったら笑顔で「こんにちは」と言い、人に助けてもらったら「ありがとう」ときちんとお礼を伝える。百聞は一見にしかずとも言われるように、親が手本を子供に見せることが何より分かりやすく子供に伝わります。

挨拶が苦手な子供には褒めることが効果的

ちょっぴり恥ずかしがり屋さんの子供や人見知りの子供は、いきなりは思うように挨拶ができないかもしれません。そんな時は一つずつ階段を上っていくイメージで進めていくと良いでしょう。

初めから挨拶は難しくても、それまではママの後ろに隠れるようにしていた子が、相手と目が合うようになったらそれだけでも立派な進歩です。笑顔でにっこり出来るようになったら『すごいね、今日は笑顔でこんにちはできたね』と褒めてあげましょう。

挨拶しないことを叱るのではなく、挨拶が出来るようになっていくことを褒めてあげるように心がけるのです。そうすれば次第に「挨拶をすれば相手も自分も気持ちがいい」と思えるようになり自然と習慣付くものなのです。ポイントは無理強いしないということ。

明るく元気な挨拶は、コミュニケーションのきっかけにもなります。将来のためにも子供の頃からきちんと身につけさせておきたい習慣のひとつですよね。お子さんがまだ小さいのであれば、まずはおままごと遊びに取り入れてみたり、ぬいぐるみを使って家で練習してみたりするのもおすすめの方法です。楽しみながら習慣化できるのが理想!ぜひ親御さんがサポートしてあげてくださいね。

この記事が気に入ったら 「いいね!」

挨拶

この記事が気に入ったら 「いいね!」 ならいごとキッズの最新情報をお届けします。
子育て・幼児教育の情報を毎日配信中!

ならいごとキッズをTwitterでフォロー

サブコンテンツ