早期発見が大切!学習障害の特徴とチェックポイント

0505

「とうもろこし」を「とうもころし」と言ったり、「テレビ」を「テビレ」と言い間違えたり……言葉を覚えたばかりの子供のあどけない言い間違えはかわいいものです。でも、言い間違えが小学校を過ぎても直らない、本読みがたどたどしい、字が書けないといった症状は、学習障害が原因かもしれません。

LD(学習障害)とは?

学習障害(Learning Disorders、Learning Disabilities;以下LD)とは、読む・聞く・書く・話す・計算するなどの能力のうち、ある特定の分野を理解したり習得したりするのが難しい状況を指します。

困難が生じる分野によって、LDの症状は様々です。たとえばこんな形で現れます。

ディスレクシア(読字障害)

文字や文章を読むことに困難を感じます。よく似た形の文字を区別できない、「きゃ」「きゅ」「きょ」などの拗音や「っ」「ッ」などの促音(詰まる音)が読めない、読み間違い・読み飛ばしが多い、どこまで読んだかわからなくなる、読んでも内容が理解できない、など。

ディスグラフィア(書字障害)

文字を書くことに困難を感じます。黒板の字を書き写せない、逆さ文字(鏡字)を書いてしまう、自分で書いた文字が読めない、作文が書けない、句読点の打ち方がわからない、など。

ディスカリキュア(算数障害)

計算分野に困難を感じます。数の大小が理解できない、数えたり簡単な計算をしたりするとき指を使う、計算記号の意味がわからない、繰り上がり・繰り下がりが理解できない、など。

そのほか、「右・左といった位置関係が理解できない」「発音がうまくできない、文章構成ができないなどの理由で意思を伝えられない」といった症状もあります。

LDの子供は誤解されやすい

重要なのは、「LDは、知能が正常であったり高かったりする場合にも起こる」ということ。つまり、「頭の回転が速く知的な文章も書けるが計算ができない」といったこともありうるのです。

このことが、LDを見つけづらくしています。周りはもちろん本人も、LDが原因だと気づかないまま大人になることも多々あるんです。「単に苦手なだけ」と見過ごされたり、「努力が足りない」と怒られたりと、苦労の多い人生になってしまうケースもあります。

LDに対する適切なサポートがなされないと、学習に影響を及ぼしたり、意思疎通の困難からいじめの原因になったりすることも考えられます。うつ病・不登校・引きこもりなどの二次障害も懸念されています。

早い時期にLDであることがわかって適切な対処をしていれば、子供も親も悩み苦しむ時間が短くなるんです。

【チェックリスト】LDに早く気づいてあげよう

小学校に入り勉強が進めば、読み書きや計算に対する困難に自然と気づきますが、就学前の段階でLDを見つけるのはなかなか難しいもの。しかし、早期に気づいてサポートができれば、入学後の学習に備え、遅れや困難を最小限にすることができます。

以下は、未就学児に特徴的なLDの行動例です。

□手先を細かく使った作業(ハサミ、ボタンのかけ外し、折り紙)が苦手
□正しく発音できない、抑揚が不自然
□「とうもころし」「テビレ」「パスゲッティ」など、逆さ読みの言い間違えが多い
□色の名前やものの名前が覚えられない、「あれ」「それ」ということが多い
□語彙が少ない、オウム返しが多い、全般的な言葉の遅れ
□会話が文章でなく、単語の羅列になる
□お手本を見て絵や図が描けない
□本の上下がわからない、靴の左右を間違える
□昨日、明日などの考え方が理解できない

単に発育がゆっくりな場合もありますから、チェック項目に多く当てはまるからと言ってすぐにLDと決めつけるのは早計です。しかし、気になるようであれば通っている園や学校、または各自治体の子育て支援センターや児童相談所に相談しましょう。

LDの治療やかかわり方

基本的に、LDに対して投薬治療は行わず、精神面・生活面でサポートすることで困難を解決していきます。一般的には、専門の病院や児童発達支援事業所でそれぞれの子供の特性に合わせた学習方法を考え、苦手意識を克服することに重きが置かれています。

また、LDの子供が苦労なく暮らすためには、家族や周囲の理解と関わり方が非常に大切です。子供が自信を持てるよう、できること・できないことを見極め、ゆっくりじっくり親子で取り組んでいきましょう。

参照/
発達障害養育の糸口|学習障害とは
学習障害の診断
保育のお仕事レポート|LDとは?学習障害の子どもを支える関わり方のポイント
メルクマニュアル医学百科家庭版|学習障害
LITARICO発達ナビ|学習障害の治療法は?治療薬は効果的なの?

この記事が気に入ったら 「いいね!」

この記事が気に入ったら 「いいね!」 ならいごとキッズの最新情報をお届けします。
子育て・幼児教育の情報を毎日配信中!

ならいごとキッズをTwitterでフォロー

サブコンテンツ