「お兄ちゃんなんだから」はNG!きょうだいゲンカの正しい対処法

きょうだいゲンカ 正しい対処法

さっきまで仲良く遊んでいたのに、気づけばまたケンカ。思わずため息もつきたくなりますが、きょうだいがいれば避けられないコトです。「上の子がもうちょっとお兄さんらしく我慢してくれればいいのに」と不満を持ったり、毎回大声で叱りつけたりと、親もイライラしてしまいます。でも、対応を間違えると子供の気持ちを傷つけてしまうこともあるんです。上手な導き方を知っておきましょう!

ケンカをしたときに上の子ばかり叱らないで!

きょうだいでは、上の子の方が力も強く言葉も達者なので、つい上の子を叱りがちです。でも、きょうだいゲンカの原因は大抵の場合、些細なことで、どちらが悪いとはっきり決められないことも多いもの。だから、「お兄ちゃん(お姉ちゃん)なんだから」と頭ごなしに叱るのは禁物。両方の意見を対等に聞いてあげるよう心がけましょう。

「上の子が下の子をいつもいじめる」というときは、親からの愛情がほしいサインだったりもします。まずは上の子の気持ちを汲んで、それから下の子に対応するといいですね。また、下の子に優しくできたときに思いっきりほめてあげる、上の子と二人だけの時間を作る、ギュッと抱きしめてあげるなどすると、気持ちも落ち着いてくるでしょう。

きょうだいゲンカには干渉しない!その場を離れて見守るのもアリ

ある程度の年齢ならば、「好きなだけケンカしていなさい」と言い残して親がその場を離れてしまうのも良い方法です。今までケンカに夢中になっていたきょうだいも、「ママが行っちゃった!」という一大事にアタフタ…。「仲直りしよう!」と謝り合ったり、「順番に使うことにしよう」と解決策を探ったりするかもしれません。親自身がクールダウンして、冷静に対応できるという効果もありますよ。

仲裁に入る場合は”伝達係”に徹すること

子供同士に任せることは大切ですが、あまりにヒートアップしているときやどちらかがケガをしそうな場合は仲裁に入ることも必要です。その場合、親は自分の意見を挟まず、平等に2人の話を聞くことを心がけましょう。「○○(弟)くんは一緒に遊びたかっただけなんだって。お兄ちゃんはどう思ったの?」「お姉ちゃん、なんで怒ったの?…そうか、静かに本が読みたいのに○○ちゃんが大声で話しかけたからなのね」など、お互いの言いたいことを整理して伝えてあげることで、双方が落ち着いて、誤解を解くことができたりします。

これだけはダメ!というルールを決めておく

叩いたり蹴ったりといった暴力が始まってしまうと、落ち着いて見守るというわけにもいきませんよね。普段から、絶対にしてはいけないルールを決めておくことが大切です。特に、命に関わる事態や重篤なケガを防ぐためにも「物でたたいたり、投げつけたりしない」「首を絞めたり、お腹に乗ったりしない」といったことが守れるようにしておきましょう。

普段の生活できょうだい仲を高める工夫を

きょうだいが仲良く遊んでいるときや、協力して何かをしているときには積極的にほめてあげましょう。「お姉ちゃん、教え方上手だね! できるようになって嬉しいね。」「いつも一緒に遊べる弟がいるから休みの日も楽しいね」など言葉で伝えてあげると、きょうだいの大切さを子供ながらに理解することができます。

また、きょうだいがいない1人のときに「お兄ちゃんが幼稚園に行ってる間、○○くんはずっと『早く帰って来ないかなー』って言っているんだよ」とか、「お姉ちゃんが、『○○ちゃんと遊ぶのが一番楽しい』って言っていたよ」と、お互いの好意を伝えてあげるのもいいですね。

逆に、仲を悪くしてしまうのは、きょうだいを比較することです。子供のプライドは大人が考えるよりはるかに高いもの。「妹に泣かされるなんてカッコ悪い」とか、「弟に負けるなんて悔しくないの?」といった言葉は、冗談だとしても子供の心を深く傷つけます。

ほめるときにきょうだいを引き合いに出すのもよくありません。「お姉ちゃんはきれい好きで偉いねー。見て、○○くんはぐちゃぐちゃだよ。」「○○ちゃん、もう字が書けるのね。お兄ちゃんより上手なんじゃない?」といったほめ方をしていると、相手を見下したり馬鹿にしたりすることもあります。

きょうだいゲンカはするのが当たり前。ケンカしながら、社会性を身に付ける一面もありますので、「極力口出ししないこと」「平等に対応すること」を心がけましょう。上の子ばかり叱ったり、きょうだいを比較すると、子供の心を傷つけてしまうので注意!日常生活でもきょうだい間の愛情を深められるようサポートしましょうね。

参照/
miku「きょうだいの育て方」
AllAbout「悩みのタネの兄弟喧嘩に対する正しい親の対応は?」

この記事が気に入ったら 「いいね!」

きょうだいゲンカ 正しい対処法

この記事が気に入ったら 「いいね!」 ならいごとキッズの最新情報をお届けします。
子育て・幼児教育の情報を毎日配信中!

ならいごとキッズをTwitterでフォロー

サブコンテンツ