子供の寝言が多すぎて心配!これって病気…?

子供 寝言 メカニズム

子供が寝言を言っているのは、パパやママから見ると微笑ましく、可愛らしいものですよね。

でも、あまりに寝言が頻繁だと逆に心配になってしまうことも。子供の寝言が多いと、何か問題はあるのでしょうか。

子供の寝言のメカニズムについて知っておきましょう。

寝言を言うのは「体と脳の休息のスイッチが切り替わっていない状態」だから

夢を見ているのはレム睡眠中です。レム睡眠中は、記憶の整理を行うなど、脳はいろいろな働きをしている状態になっています。しかし、睡眠中なので体は休んでいます。

子供の脳が夢を見ながら、強い興奮状態になり、体に指令を出したのを受けて、子供の声帯が反応して、言葉や声を発してしまうのが「寝言」の正体です。

夢の中で、「キャー」「いやだー」などと言うことが多いのは、怖い夢などをみると、脳が強い興奮状態になり、体に対して強い指令を送るためだそうです。

このような寝言のメカニズムを理解できれば、子供の寝言はあまり心配しなくてよいものだと分かるのではないでしょうか。

たまに子供の寝言にパパやママがお返事してあげると、会話が成り立つこともありますが、こうすると夢うつつの状態の脳が覚醒してしまい、子供を起こしてしまう可能性もありますし、怖い夢の最中に覚醒してしまうと、「怖い」というイメージを持ったまま起きてしまい、子供がかわいそうですよね。

パパやママは寝言には反応せず、そのまま寝かせておいてあげるようにしましょうね!

叫び声や悲鳴をあげたりする場合「夜驚症」の可能性も

寝言はほとんどの場合、心配することがないそうですが、子供が頻繁に夜中に叫び声や悲鳴をあげたり、呼吸が荒くなったり、脈が速くなったりするような場合は、「夜驚症」の可能性もあります。

深く眠っていた子供が突然泣き叫びながら起き上がり、呼吸が荒くなって興奮状態に陥り、パパやママがどんなになだめても治まらない・・・。そんな姿を見たら、親としてはとても心配してしまいますよね。しかし、「夜驚症」は、脳の発達途中である幼小児期にはよく起こるもので、必ずしも病気とはいえません。

夜驚症で夜中に子供が起きたときには、子供も何が起こっているか分からず、興奮状態になってしまっています。親は叱ったり、責めたり、問いただしたりしてはいけません。

ほとんどの場合、思春期までには症状がなくなるため、治療もしないことが多いのだそうです。

ただし、てんかんの可能性がある場合や、興奮と不安で錯乱が強く、外に出てしまうなどの危険行動がみられる場合は、治療が必要になる可能性も。そういった場合は睡眠障害の専門医に相談してみることをおすすめします。

また夜驚症は、ストレスや不安が原因になっていることもありますから、あまりにもひどい場合は子供の環境を見直す必要があるでしょう。

急に寝言が増えたときには少し注意を!

子供の寝言はこれまでみてきた通り、ほとんどの場合は特に神経質に心配する必要はありません。ただし、「ここ最近、急に寝言を言う回数が増えた」という子供の場合は、何か強いストレスを抱えてしまっている可能性もあるので、子供の状態を注意してみてあげましょう。

ストレス過多状態にあるときは、人間はレム睡眠と呼ばれる浅い睡眠が長くなります。そのレム睡眠時にいろいろな夢を見て、それが寝言を誘発するわけです。

寝言をたくさん言う子供は、レム睡眠が長い状態と考えられ、深く眠れていないストレス状態である可能性があります。

子供の寝言が急に増えたと感じたら、子供とのコミュニケーションを増やして、何かストレスになっていることはないか聞いてあげるようにするとよいでしょう。

「夜驚症」などのケースでは、専門医のサポートを受けることももちろん大切ですが、パパやママが子供の心のケアをしっかりしてあげることも重要です。

でもほとんどの寝言は心配する必要はないものなので、安心して子供の寝言を見守ってあげましょうね!

PHOTO/Africa Studio/Shutterstock
参照/
ALLAbout「寝言が多い、ひどい」のは病気?見分け方と対処法
ベネッセ教育サイト「子どもの寝言、心配ですか?」
小鳥居諫早病院「第17回『子どもの夜間のパニック』」

この記事が気に入ったら 「いいね!」

子供 寝言 メカニズム

この記事が気に入ったら 「いいね!」 ならいごとキッズの最新情報をお届けします。
子育て・幼児教育の情報を毎日配信中!

ならいごとキッズをTwitterでフォロー

サブコンテンツ