slide

幼児教育

叱られてるのにへらへら笑う子には要注意!心を傷つけない叱り方のコツ

幼児教育

100均のおもちゃがすごい!ダイソー&セリアで買えるおすすめ知育玩具はこれだ!

トピック

人の物をとるのはなぜ!?子供の盗み癖の原因は親にある可能性も

トピック

やめなさいはNG!物を投げる子供への効果的な声かけとは

トピック

いじめられる子の親には共通の特徴が?我が子がいじめに遭わないために親ができること

トピック

子供の反抗期は3回ある!時期別・親の接し方や叱り方のポイントは?

トピック

ドライブ時、子供が座ったままでもよく眠れて安心!『シートベルト枕』って知ってる?

幼児教育

3歳までが肝心!?汗にまつわる大事なはなし

トピック

子供が怒りっぽいのは親のせい?子供のかんしゃくの原因と対処法

幼児教育

幼児期が大切!運動神経が良くなる習い事とは?

ならいごとキッズ サービス終了のお知らせ

最新情報

ならいごとキッズ サービス終了のお知らせ

平素は格別なご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。 このたび、ならいごとキッズは2019年9月30日にて記事更新を停止、 2019年10月31日をもちましてサービスを終了させていただくこととなりました。 開設以来、ご利用い・・・

算数脳を育てるゲーム

大人も難しい!?親子で挑戦したい『算数脳』を育てるゲームおすすめ4選

将来、子供がどんな道に進むにせよ『数字』に強いと損はないですよね。試験や受験で数学の難しい問題が解けるような思考力を伸ばすためにも、できるだけ小さなうちから育てておきたい『算数脳』。 そんな算数脳を、楽しみながら育てるこ・・・

説明力の伸ばし方

地頭のいい人の条件は“説明力”!子供のうちから伸ばすコツとは

近年、幼児教育のハウツー本やテレビ番組などで『地頭』という言葉がよく登場するようになりました。これからの時代に対応していくためには、知識をたくさん暗記するだけでなく“地頭の良さ”が重要だともいわれています。 そして、地頭・・・

アクティブ・ラーニング

これからの時代に必要な『アクティブ・ラーニング』とは?家庭でできる実践方法も紹介!

最近よく聞く『アクティブ・ラーニング』という言葉。文部科学省の定める『学習指導要領』でも推奨されている学習法ですが、そもそもアクティブ・ラーニングの意味そのものがよく分からない…という方も多いのではないでしょうか。 そこ・・・

おすすめ児童図書

運動会シーズンに読ませたい!“スポーツ”がテーマの本4選【編集部厳選!子供に読んであげたい児童図書vol.10】

だんだんと涼しくなってきて、体を動かすのにほどよい時期になりましたね。9月に入って、小学校や園の運動会を心待ちにしている子供も多いのではないでしょうか。今回はそんな季節にピッタリの“スポーツ”をテーマにした絵本を4つご紹・・・

リビング学習の注意点

やり方次第では逆効果!?『リビング学習』で注意すべきポイント3つ

子供部屋には学習机を置かず、リビングで勉強させる『リビング学習』派の家庭も増えてきています。 このリビング学習、うまくいけば効果てきめんのようですが、やり方によってはかえって学習効果が下がる場合もあるようですよ。そこで今・・・

おすすめ室内遊具

家の中でも思いっきり遊べる!おすすめの室内遊具6選

運動神経が発達する幼児期。この時期に思いきり体を動かして遊んでほしいとは思いつつも、お天気が悪かったり、暑すぎたり…意外と外に出られない日も多いですよね。そんなときには室内遊具を使えば、お部屋でも楽しく体を動かすことがで・・・

Kano PC

海外のIT教育がスゴイ!子供向けノートPC『Kano PC』は組み立てから学べる!

日本でも2020年度から小学校でプログラミング教育が必修化するなど、少しずつ進められている”IT教育”。そんな中、英国でパソコンそのものを自分で組み立て、仕組みから学ぶことのできるタブレット兼ノート型PCが登場しました。・・・

親子でできる習い事

心身を鍛えて礼儀も身につく!『親子空手』【親子でできる習い事vol.7】

2020年の東京オリンピックの正式種目になったことでも話題となった『空手』。子供にさせたいならいごととしても、ママたちから注目を集めているようです。 空手の教室は日本全国にありますが、道場によっては、親子で通えたり、親子・・・

よみあげ絵本

無料で読める!子供向け英語絵本アプリ『よみあげ絵本』なら英語が読めないママも安心!

家庭でできる英語教育ツールのひとつに『英語の絵本』がありますが、いざ選ぼうと思っても、どの本がいいのか分からない、せっかく買ったのに子供が興味を持ってくれない…と困ってしまっているご家庭も多いのではないでしょうか? 前回・・・

サブコンテンツ