落ち着きがなさすぎ…。これってADHD(注意欠如多動性障害)?

2722837321_74639701fd_z

何度注意してもなかなか聞いてくれない、落ち着きがない、感情のコントロールができない……。育てにくさを感じながら子育てをしているパパやママは少なくないのではないでしょうか。

最近はテレビでADHD(注意欠如多動性障害)などが紹介されることも多く、「うちの子は少し落ち着きがないだけ?それともADHD?」と思うこともあるかもしれません。

そこで今日はADHDの見極めポイントや子供への接し方について紹介していきます。

ADHD(注意欠如多動性障害)とは

ADHD(Attention-Deficit/Hyperactivity Disorder = AD/HD)とは、別名「注意欠如多動性障害」と言われており、

  1. 不注意:集中力が続かない、忘れっぽい
  2. 多動性:落ち着きがない、じっとしていられない
  3. 衝動性:順番を待てない、考える前に実行してしまう

の3つの要素が少なくとも2つ以上の状況(学校、家庭など)でみられる障害のことです。

これらの要素の現れ方は人によってさまざまですが、周囲の人に障害であることを十分に理解してもらえず、親のしつけができていない子として認識されてしまうケースも多々あります。

見極めるためのポイント

ADHDの特徴は「不注意」「多動性」「衝動性」の3つとされていますが、これらにすべて当てはまれば必ずADHDというわけではありません。

学校や家庭など複数の場所で同じような傾向がみられること、保護者や先生、子供自身がこれらの特徴により困っていることが見極めのポイントです。

  • 落ち着きがなく、集中力を持続することが難しい
  • 物を無くしたり忘れ物が多い
  • マナーやルールを守ることができない
  • 指示を理解していても従おうとしない
  • 事前によく考えて行動できない

ADHDによく見られる行動として、以上のようなものが挙げられます。
もしかして……?と気になる場合は、一度専門医(小児科や児童精神科)を受診してみるといいかもしれませんね。

男女間で異なる症状の傾向とは

3つの特徴のうちどの症状が強く出るのか、あるいはあまり出ないのかは子供によってさまざまですが、男女で少し傾向が異なると言われています。

一般的にADHDと聞いてイメージされる多動性や衝動性は男の子により強く見られ、順番を守らない、抑制がきかないなどの症状が目立ちます。

一方で女の子のADHDは、部屋が片付けられない、ボーっとしているなど「不注意」が目立つ傾向があるそうです。また、男女問わず「不注意」と「衝動性」の両方の特徴がみられる混合タイプもあり、子供の症状に合わせた対応が必要です。

ADHDの子供との接し方

ADHDの子供は、怠けているつもりはないのに不真面目な子だと誤解を受けることも多く、自信を失ってしまうケースも少なくないといいます。

親御さんとは、子供とどう接すればいいのかわからない……と悩んでしまうこともあるでしょう。ADHDのお子さんと接するときのポイントは、

視界に余計なものを入れないようにして集中力が続くようサポート

集中力や注意力が続きにくい傾向があるので、学習机には何も置かない、机を壁に接するように置くなど工夫してあげましょう。

指示は具体的に、1度に1つだけ

「~をして、そのあとは~、最後に~」などまとめてではなく、1つだけ具体的に指示をします。チェックリストやイラストなども使うとより伝わりやすくなりますよ。

その場ですぐ、ストレートに褒める

褒めるときには時間をおかず、子供と目線を合わせてすぐさま褒めましょう。

注意をするときには近づいて穏やかに静かな声で

遠くから怒鳴ったりするのはNGです。感情的にならずに注意をしましょう。

良くない「行為」は無視する

好ましくない行為をしている場合には、子供ではなくその「行為」を無視。しばらく様子を見て、良い行為をしたらすぐ褒めると良いそうです。

どう接したらいいのか分からず子供も親も辛いと感じるときは、専門医やカウンセラーなどに相談してみるのもおすすめです。

医師との相性もあるので、かかりつけ医に良いドクターを紹介してもらってもいいですし、何件が医療機関を尋ねてみてもよいでしょう。

ADHDは先天性のものですから、決して親のしつけが悪いからなるものでもありませんし、子供がわざと周囲の人を困らせようとしているわけでもありません。

周囲の理解と協力があれば、個性の1つとして楽しく日常生活を送ることができます。お子さんの気持ちに寄り添って、暖かく見守ってあげてくださいね。

Photo/wsilver
参考/親と子のためのADHD.co.jp「症状・特徴は?」

この記事が気に入ったら 「いいね!」

この記事が気に入ったら 「いいね!」 ならいごとキッズの最新情報をお届けします。
子育て・幼児教育の情報を毎日配信中!

ならいごとキッズをTwitterでフォロー

サブコンテンツ