泣くことも大切!泣き虫な子供への接し方とは

3340554183_b64b51789c_z

ちょっとしたことですぐ泣いてしまうお子さんは多いもの。しかし大きくなっても泣き虫が治らないと、親としては心配ですね。

性格だから仕方ないとあきらめてしまう方、「泣けば許してもらえると思うな!」と厳しい態度で接する方……ご家庭によって対応はさまざまでしょう。

今回は、子供にとっての「泣く」ことの意味と、泣き虫な子供に対する接し方についてご紹介します。

泣きやすいのは生まれつき

保育園や幼稚園、学校に行くようになったのに泣き虫で困っている、泣き虫でいじめられるんじゃないかと心配……そんな悩みをお持ちの方はいませんか?

実は、泣き虫は生まれつきの気質によるものなので、「○歳になったら泣かないもの」と一概には言い切れません。

赤ちゃんの頃から、一度泣き出したらなかなか泣き止まなかったり、環境の変化に敏感ですぐ泣き出してしまったりしていた子供は、大きくなってもほかの子供に比べ繊細で、泣きやすい傾向があるようです。

もちろん、突然大声で泣き出す大人がいないように、大きくなるにつれ徐々に泣かなくても意思疎通ができるようになり、泣き虫は改善されていきます。心配し過ぎる必要はありません。

「泣く」ことも必要

よく「赤ちゃんは泣くのが仕事」と言いますよね。言葉を持たない赤ちゃんにとって、泣くことは感情を表す唯一の手段です。

そして十分な語彙力がない子供にとっても、やはり泣くのは大切なこと。悔しさ、悲しさ、怒り、怖さ……、そういった負の感情を発散することが「泣く」という行動なのです。

親に甘えたい気持ちが「泣く」という行動であらわれることもあります。構ってほしいから泣くのも典型的です。思う存分甘えさせてあげることで満ち足りて、泣かなくなることもあるようです。

「もうお兄ちゃんなんだから」「うるさいから」「人が見ていて恥ずかしいから」などさまざまな理由で子供を泣き止ませたいと思うことは多いですよね。でも、子供のストレス発散のためにも、時には思いっきり泣かせることがとても大切。

人前で泣き出してしまった時も、叱りつけたり、ものを与えたりして泣き止ませるのではなく、大声を出しても迷惑でないところに移動して、「なぜ泣いているのか」という思いをくみ取ってあげましょう。

「泣き虫」は改善できる?

とはいえ、「性格だから仕方ない」「子供だから泣いてもいい」と泣き虫を放置していいわけではありません。「あなたは泣き虫ね」と決めつけて接していると、子供も泣き虫な自分から抜け出すことができなくなってしまいます。

泣いてしまうと意思疎通が難しくなります。集団行動の場では、友だちがなかなかできないなどということもあるかもしれません。泣いている子供に対する親の関わり方で、泣き虫は改善できることを覚えておきましょう。

「なぜ泣いたか」を理解する

幼児はともかく、しっかりして見える小学校低学年くらいの子でも、気持ちがたかぶると、そもそも何が原因で泣いたのかわからなくなることも。「なんで泣いているの?」と聞いても「悲しいから」「ムカついたから」など、漠然とした答えしか返ってこないかもしれません。

そんな時は、「おもちゃが使えなくて悲しかったのかな」「上手にできなくて悔しかったのかな」というように、大人が言葉を補って、泣いている理由を代弁してあげましょう。自分が泣いた原因を理解する経験を積み重ねることにより、なぜ泣いてしまったのか、どんな時に泣いてしまうのかが次第にわかるようになります。

さらに、泣くよりも言葉で伝えた方が相手にわかってもらえることにも気づくでしょう。また、「今回はおもちゃを使えなかったけれど、次からは『貸して』って言ってみようか」というように、解決策を提示してあげるのも成長の助けになります。

「泣くというのはどういうことか」を理解する

泣いている時は、感情が爆発していて自分を客観視することなどできません。

そこで、泣いている子供に関する映像や本に接することがあれば、「こんなふうに泣いちゃって、お友だちはどう思っているかな」「お母さん、とても困っているように見えるね」など子供と話し合い、「泣く」というのがどういうことか、周りにどのような影響を与えるかわかるように導きましょう。

泣いている子供を見かけた時に、「どうして泣いているのかな」「どうしたら泣きやむかな」と自分のことに置き換えて考えてみるのもいい訓練になりますね。小学生くらいの子供なら「泣いているとカッコ悪い」という気持ちも芽生えるかもしれません。

「泣かない子がいい子」というわけではありません。よく泣くのは、言い換えれば感情が豊かな証拠。時には思いきり泣かせるのも、子供のためになります。

そして、泣く以外の方法で感情を伝えられるように、親が上手に導いてあげたいものですね。

Photo/Olga/ Олька
参考/
Benesse子育てインフォ「泣き虫な子に、こんなふうに働きかけました」
ママノート「泣き虫っていじめられる?」
ママノート「泣く子は、自分が泣いている理由がわかっていない!?」
人を育てる 第27回「子供が伸びる伸びないは、親の価値観によるところが多い。」

この記事が気に入ったら 「いいね!」

この記事が気に入ったら 「いいね!」 ならいごとキッズの最新情報をお届けします。
子育て・幼児教育の情報を毎日配信中!

ならいごとキッズをTwitterでフォロー

サブコンテンツ