無理なく通えて満足度も高い!良いスイミングスクール選びのポイントは?

良いスイミングスクール選びのポイント

習い事で不動の人気といえばスイミング。「スイミングを始めさせてみようかな」と一度は思う親御さんも多いのではないでしょうか。

今回はスイミングスクールを検討する時に、選ぶポイントや気をつけるべき点を中心にご紹介します!

心身ともに成長!水泳はメリットいっぱい!

水泳は、成長期の子供の骨や関節にも負担が少ない全身運動で、体をバランスよく鍛えてくれるスポーツです。基礎体力がつくだけでなく、体の抵抗力も上がり風邪をひきにくくなったということも。そして何より泳げるということは一生の財産です。

また、スイミングスクールに通うことでコーチや仲間とのコミュニケーション力も養うことができるでしょう。水泳は、子供自身の心と体の成長に役立つ魅力的な習い事ですね!

▼スイミングのメリットはこちらからチェック!
「子どもの習い事の定番、スイミング!メリットは?どんなことをするの?」

スイミングスクール選びのポイントは?

指導方針

どの習い事にも共通して言えることですが、通わせる目的と子供の性格に合った場を選ぶことが重要です。

たとえば、のんびりした性格の子が強豪選手を育てることに力を入れているスパルタ系スイミングスクールに突然入っても、なかなか馴染めなず挫折してしまうかもしれません。

逆に負けず嫌いな子がワイワイ水遊び中心のスイミングスクールでは物足りなくて、伸び悩んでしまうことも。スイミングスクールによって指導方針はそれぞれ違うことを理解し、目的を明確にして見極めましょう。

通いやすさ

スイミングスクールによっては送迎バスが利用できるところもあります。自宅から離れた場所にあると送り迎えに時間をとられてしまうので、必要であればバスも検討事項に加えておくのが良いでしょう。

さらに、対象の時間は優先順位をはっきりさせてから決定することをおすすめします。共働き家庭の場合、週1土曜日、午後の時間を選んでしまうとせっかくの休日に家族で朝から1日お出かけというのが出来なくなることも。

他の習い事や家族の予定など、まずは何を1番にするのかを家族で事前に話し合っておきましょう。

費用

どんなに優良なスクールでも、家計を圧迫するような高額なスクールでは“続けること”ができません。兄弟がいればいずれ下の子もやりたいと言う可能性もあり、余裕をもった予算組みが大切。無理のない予算で、地方自治体が運営しているスクールなども視野に入れてみてもいいかもしれませんね。

良いスイミングスクールを選ぶにはどうすればいい?

カリキュラムがしっかりしているところを選ぶ

カリキュラムがしっかりしているスクールは、先生によって教えることが違うということがないので、曜日を変更したりする時にも安心です。

情報がオープンになっている

保護者に子供の様子や現在の進み具合などの情報をきちんとオープンにしてくれるかどうかも、親子のやる気が続く重要なポイント! 今は体験教室をやっているところが多いので、何校か体験してみて子供に合うところを探してみるのが良いですね。

説明を聞くと余計に悩んでしまうというパパやママは、前もって優先順位を書いたメモを持参しておくのがおすすめ。曜日・時間・費用、重視するポイントを簡潔にまとめておくだけでも、納得のいくスイミング選びにつながりますよ。

PHOTO/Microgen/shutterstock
参考/
ベネッセ教育情報サイト「水泳【後編】:良いスイミング教室とは[習い事入門]」
ならいごとキッズ「子どもの習い事の定番、スイミング!メリットは?どんなことをするの?」

この記事が気に入ったら 「いいね!」

良いスイミングスクール選びのポイント

この記事が気に入ったら 「いいね!」 ならいごとキッズの最新情報をお届けします。
子育て・幼児教育の情報を毎日配信中!

ならいごとキッズをTwitterでフォロー

サブコンテンツ