ウチの子は大丈夫?「9歳の壁」問題とは?

8345962959_ba5e0e89e8_z

「9歳の壁」「9歳の危機」という言葉を聞いたことがありますか?

ここでつまずいてしまった子供は、小学校高学年、中高生になるに向けて学力が伸び悩んだり、自主性のない子供になってしまったりする可能性が…。
今回はこの「9歳の壁」問題について考えていきましょう。

「9歳の壁」とは?

小学校3、4年生になる「9歳」という年齢。
小学校の勉強では、国語では長めの文章を読み解く問題、算数では分数問題などが出てくる頃です。日常生活に沿った読み書きの基礎的な問題から、少しずつ難しい思考力が求められるようになり、次第についていけない子供も出てきます。

また、勉強だけでなく、心も体も大きく発達している最中のため、子供は戸惑いを感じやすく不安定になりがち。「他人」と「自分」という区別も明確についてくるため、周りと比べて優劣も気にし始めます。

これが「9歳の壁」の正体です。

この時期につまずいてしまうと、その後の勉強にもついていくことができず、さまざまな物事をクリアしていくことが難しくなってしまうと言われています。

「詰め込み型」の暗記学習は、「マニュアル人間」を作る?

最近では学習の早期化が進み、塾通いの低年齢化、読み書きや簡単な計算は小学校入学前にできるのが当たり前になってきている状況があります。

もちろん、幼いうちに学習をすることは悪いことではありません。しかしその際、暗記やパターン学習などの「詰め込み型」の暗記学習を子供に強制してしまうと、自ら問題を解こうとする自主性が培われない可能性があるのです。

9歳頃から、問題は具体的なものから抽象的なものへと変わり、より思考力が求められるようになります。
与えられたものを丸暗記するような学習方法を幼い頃からやってきた子供は、言わば「マニュアル」外の問題が出てくると、自ら思考することができず壁にぶつかってしまうのです。

「9歳の壁」を乗り越えるには自主性を重んじた幼児期の「遊び」が重要!

小学校に入る前の幼児期に本当に大切なのは、「あれをやりなさい、これをやりなさい」という親の強制による詰め込み学習ではなく、子供の自主性を重んじた「遊び」。
もともと子供は遊びの天才です。子供の自主性と発想力に任せて、思う存分遊ばせてあげてください。

そのときに、「もっとこうするといいかもね」と子供にアドバイスするようにして、パパ・ママも一緒になって遊んであげると良いでしょう。
また、キャンプや旅行に出かけるなど、自然と触れ合う体験もたくさんさせてあげましょう。

そうすることで、子供は自らの体でさまざまなことを感じ、自分でいろいろと工夫して物事を解決することを覚えていきます。
早期教育を行う幼児教室でも「詰め込み型」の学習ではなく、子供の自主性を大事にし、遊びの中から多くのことを学ぶようなスタイルのところが数多くあります。

「9歳の壁」真っ只中!失敗も良し!時に親は見守って、自ら考える子供に

幼児期の過ごし方に関わらず、多かれ少なかれ9歳ごろの子供は勉強でも友達関係でも葛藤を抱えているもの。子供が抱えている問題のすべてにあれこれ介入するのではなく、親離れを促すように、そっと見守ることも大切です。

「9歳の壁」は、子供自身が解決していく力を身に付ける良いチャンスであるとも言えます。失敗しても良いのです。めげずに立ち向かう姿勢を応援してあげてくださいね。

Photo:U.S. Fotografie

この記事が気に入ったら 「いいね!」

この記事が気に入ったら 「いいね!」 ならいごとキッズの最新情報をお届けします。
子育て・幼児教育の情報を毎日配信中!

ならいごとキッズをTwitterでフォロー

サブコンテンツ