栄養たっぷり!冬野菜のビタミンで風邪知らずの子供に!

冬野菜

寒い冬がやってきました。体調を崩しやすいこの時期は、風邪やインフルエンザなどの感染症も心配ですよね。そこでおすすめなのが、「冬野菜」をしっかり食べて、体の中から元気になって病気を予防する方法です。今の時代、スーパーには季節を問わず一年中たくさんの野菜が並んでいますが、旬の時期に旬の物を食べるのが一番栄養価も高く健康にも良いのです。冬野菜は特に体を温める効果があり、ビタミンCも豊富なので風邪の予防にもぴったり。

今が旬の冬野菜を家族みんなでしっかり食べて、元気にこの冬を乗り切りましょう!

風邪予防にはビタミンAとビタミンC

ビタミンAは粘膜の形成に必要不可欠な栄養素といわれ、これが不足すると鼻やのどの粘膜が乾燥して体の中にウィルスが侵入しやすくなってしまいます。その結果、風邪やインフルエンザなどの感染症にもかかりやすくなってしまうのです。

もうひとつ注目したい栄養素はビタミンC。こちらはウィルスに対する抵抗力を高めてくれるという嬉しい効果があります。粘膜で防ぎきれずに体の中に入ってきたウィルスと闘ってやっつけてくれるというわけです。また、他の栄養素の働きをサポートしてくれる働きもあるので、サプリメントなどで摂取するのではなく、できれば他の食材と一緒に工夫して摂りたいところです。

炒め物でビタミンAを効率よく摂取!

ビタミンAを多く含むのは主に緑黄色野菜ですが、今の時期に特におすすめなのがホウレンソウやブロッコリー、小松菜など。ビタミンAは脂溶性なので、油と一緒に調理することで体内への吸収率が大幅にアップします。ホウレンソウとベーコンのバター炒めなどは子供でも簡単にお手伝いできるメニューなので、ぜひ親子で一緒に作って食べてみてくださいね。子供の大好きなコーンなどを加えると、彩りも良くなって緑黄色野菜に抵抗のある子でも比較的食べやすくなるでしょう。

ビタミンCは調理法に要注意

ビタミンCは水溶性で加熱すると変性するため、長時間煮たり茹でたりすると失われてしまいます。そこでおすすめなのが、電子レンジでの加熱やスチーム調理。冬に美味しい白菜と相性抜群の豚肉を合わせて、少量の水とだしを入れ電子レンジで加熱すると、煮込むよりのビタミンCを多く残せます。

また、白菜は生でも甘みがあって食べやすいので、サラダにするのも良いでしょう。意外にもビタミンCが豊富なのはさつまいもです。冬の定番の焼き芋など、皮ごと調理するものが◎。さつまいものビタミンCは加熱してもほとんど変性しませんし、その他のビタミンやカリウム、食物繊維なども豊富です。

皆さんご存知のとおり、果物にもたくさんのビタミンCが含まれています。おやつはお菓子ではなくイチゴやキウイ、旬のみかんなどにして、果物を普段から積極的に取り入れてみましょう!

感染症予防と聞くと手洗いやうがいを思い浮かべますが、しっかり栄養を摂って体の中からケアしてあげることもとても大切です。健康に気を付けたいこの時期だからこそ、ぜひお子さんと一緒にスーパーに出かけて、旬の食材を選んだりメニューを考えたりして食育の機会を持ってみませんか?

参考/
ハッピー・ノート ドットコム「冬野菜でインフルエンザやウィルスに負けない体作り!栄養面」
あすけん「栄養士が冬野菜の効能を解説!冬野菜で寒い冬を乗り切ろう」

この記事が気に入ったら 「いいね!」

冬野菜

この記事が気に入ったら 「いいね!」 ならいごとキッズの最新情報をお届けします。
子育て・幼児教育の情報を毎日配信中!

ならいごとキッズをTwitterでフォロー

サブコンテンツ