強い心と体を育てる!幼児向けの武道教室とは

4748496536_f55163a582_z

特に子供が男の子の場合には、礼儀と作法、また強い体と精神力がつくことを期待して武道を始めさせるという親御さんも多いかもしれませんね。
ひとことで武道と言ってもいろんなものがありますので、こちらでは子供が通う武道教室についてご紹介します。

武道系の習い事とは

まずは具体的に「武道」と言われている習い事をご紹介しましょう。

空手

空手には多くの流派がありますが、大きくは直接打ち合わず技を磨く「伝統派空手」と、身体を打ち合う「フルコンタクト空手」の2種類にわけられます。

練習はどの流派も「型」と「組手」という二つの技術を身につけることが基本となります。型は空手の基本となる技や姿勢を繰り返して身につけ、技と共に精神を磨き、組手は2人で互いに技をかけあいながら技術を磨いたりします。

柔道

オリンピックや世界選手権などもあり、スポーツ色が強い武道とも言えるでしょう。
それぞれのレベルに合わせた受け身の練習から技指導があり、心技体をバランスよく育てていくことを目的としています。

警察庁に認められ全国に広まった「日本伝講道館柔道」でも「柔能く剛を制し、剛能く柔を断つ」を真髄とし、勝利至上主義ではなく精神鍛錬を目的としています。

剣道

剣道は他の武道と比べても、日本的精神や礼儀を重んじる傾向の強い習い事です。

剣道での基本はまず大きな声を出すことです。大きな声を出すことによって勇気が持てるようになりますので、内向的な子供にすすめたい武道のひとつでしょう。

また練習は重い防着をつけて裸足で行いますし、叩き合うなどの激しい一面もあり、なかなかハードな武道なので、根性が付くとも言われます。

合気道

合気道は護身武道なので、戦いが目的ではありません。
攻撃をするのではなく、相手の力を利用して投げたり、力を使わずに相手を導くことによって投げたりする武道です。

力があまりなくてもできるので、女の子や体の小さい子でも安心して始められます。また、体力の増強や運動能力の向上なども期待できるでしょう。

少林寺拳法

少林寺拳法も戦いではなく、護身としての拳法を稽古します。護身のための技を身につけながら、自分を高め続け、人と助け合いながら幸せに生きていくなどを教える「精神修養」などもあるため、肉体の強さよりも精神的な強さを目指すケースが多いようです。

日本拳法

日本拳法は防具とグローブをつけ、突きや蹴り、また相手を投げたり関節技などをかけたりして勝敗を競う武道です。
技や体を鍛えるのはもちろんですが、礼儀をわきまえて相手を敬うとともに、自尊心も高めることを目的としています。

武道系の習い事で得られるもの

武道系の習い事をすることによって、実際にはどのようなメリットがあるのでしょう。

心身ともに鍛えられる

身体的に鍛えられるのはもちろんのこと、練習中は気を張り詰めているので、気力や集中力など精神面もたくましくなります。心身ともに磨かれていくでしょう。

礼儀正しくなる

どの武道でも、「礼に始まり礼に終わる」と言われ、技の練習と同じくらい礼儀作法が重視されます。武道を通して礼儀や挨拶を学べるでしょう。

人として大切なことが学べる

先生の指導のおかげで人の話をしっかり聞けるようになったり、武道の技を磨くことで自分に自信が持てるようになったりします。

また、自分が先輩から学んだことを後輩に教えることで面倒見がよくなったり、思いやりの心を持てるようになったりするのも武道系の習い事ならではでしょう。

武道教室に通わせるときの注意点

心身ともに鍛えられる武道系の習い事はぜひ通わせたい教室のひとつですが、その際には次のようなことに注意しましょう。

子供に合った教室選び

まずはその武道の基本をしっかりと教えてくれるかどうか。また技だけでなく、精神論なども子供にわかりやすく教えてくれるかどうかも確認しましょう。

男は強くたくましく!を押し付けない

特に子供が男の子の場合「強い子に育てたい」と思う親御さんもいるでしょうが、習い事をするのはあくまで子供。

どうしても馴染めない場合などは無理に続けさせずに、本人がやりたいことやお子さんが楽しんで取り組める習い事を考えることをおすすめします。

武道系の習い事はいかがでしたか?
お子様と話し合いつつ、相性の良さそうな競技や教室を選んであげてくださいね。

Photo:Nicola Jones

この記事が気に入ったら 「いいね!」

この記事が気に入ったら 「いいね!」 ならいごとキッズの最新情報をお届けします。
子育て・幼児教育の情報を毎日配信中!

ならいごとキッズをTwitterでフォロー

サブコンテンツ