協調性・社会性・創造性も身につく!『農業体験』のメリットは食育以上だった!

農業体験のメリット

「子供の好き嫌いをどうにかしたい」「あまり食べることに興味がないみたい」そう悩んだことはありませんか? そんな方におすすめなのが『農業体験』です。『食育』の重要性が叫ばれる中、子供のうちに農業体験をすると得られるものが多いと注目されています。

今回は、子供と一緒に農業体験をするメリットやポイントについて紹介していきます。

そもそも『食育』とはどういう教育?

食育とは、食に関する正しい知識や判断力、望ましい食習慣を身につけ、健全な食生活を送れる人を育てる教育のことです。

文部科学省によると、“食育で身につけること”として次のように紹介されています。

  • 食べ物を大事にする感謝の心
  • 好き嫌いしないで栄養バランスよく食べること
  • 食事のマナーなどの社会性
  • 食事の重要性や心身の健康
  • 安全や品質など食品を選択する能力
  • 地域の産物や歴史など食文化の理解など

文部科学省特設ページより抜粋)

近年、特に子供のうちから健康な食生活の基礎を身につけておくことが大切だと言われ、小さな頃から地域や家庭で食育を行うことがすすめられています。

『農業体験』の教育効果とは?

そんな中、子供の食育に効果的だと注目されているのが、『農業体験』です。作物を自分たちで育てて調理し食べることで、次のような効果が期待できます。

1.食べ物の大切さを学べる

実際に田んぼや畑で作業してみると、生産者の苦労を肌で感じられます。普段自分が食べているものがどうやって作られているのかを知ることで、食べ物を大切にしたり生産者に感謝したりといった気持ちが生まれます。

2.好き嫌いが減る

農業体験を通して食べ物への関心が高まれば、子供の好き嫌いを克服する効果も期待できます。野菜嫌いな子供もせっかく自分が作った作物なら、食べてみようかなという気になるかもしれません。

3.協調性・社会性・創造性を育む

集団で行う農業体験では、みんなで役割分担や共同作業することで、協調性・社会性を育む効果も期待できます。また、農業体験では畑や土、作物、植物、虫など自然のものにたくさん触れるので、子供の創造性や感性を育くむ機会にもなります。

農業体験を通じて意義のある食育にするために

農業体験をより意義のあるものにするには、次の3つのステップで取り組むのがおすすめです。

1.考える

農業体験をする前に、子供と一緒に作物の理解を深めたり、生き物同士のつながりについて考えたりする時間を設けるとより有意義な学びとなるでしょう。絵本や図鑑などを用いるのもおすすめです。

2.体験する

農業体験は、地元や知り合いの農家さんを訪れるだけでなく、観光農園で収穫したり、農業体験イベントなどに参加したりする方法があります。親子で参加できるものが多いので、「穫れたね!」と声をかけるなどコミュニケーションを取りながら作業していきましょう。

作業の中で、子供が見たことのない虫や動物、植物を見つけたら発見を促すのも良いですね。

3.調理する

農業体験で収穫し持ち帰った食物は、実際に子供と一緒に調理して食べましょう。何を作るか一緒に考えたり、実際に調理してみたりすることで、食への理解がさらに深まります。

子供も参加できる農業体験は全国のさまざまな農家や観光農園などで実施されています。ぜひ調べてみて、親子で一緒に楽しめるものに参加してみてくださいね。

PHOTO/FoxyImage/Shutterstock
参照/
やさコレ「子どもの食育をすすめる「農業体験」の考え方」
みんなの住まい「正しい食育には、農業体験がマスト! 都市部で高まるニーズの理由」
あぐりナビ「子供にこそ農業体験して欲しい!その理由とは?」

この記事が気に入ったら 「いいね!」

農業体験のメリット

この記事が気に入ったら 「いいね!」 ならいごとキッズの最新情報をお届けします。
子育て・幼児教育の情報を毎日配信中!

ならいごとキッズをTwitterでフォロー

サブコンテンツ