我が子がカンニング!?叱る前に親が振り返るべきこととは

もし我が子がテストでカンニングしたら…。親としてはショックですよね。でも、子供を叱る前に考えたいのは「カンニングした根本的な理由は何だったのか?」ということ。

実は、親の言動が子供のカンニングの原因になっている可能性もあるんですよ。

子供のカンニングを引き起こす親の言動に注意!

こんな行動に心当たりはありませんか? カンニングをする子供には、その親の言動にある共通点が見られるようです。

テストの結果ばかりに注目する

テストが返ってきたときに「100点なんてすごい!」と褒めることはありますよね。良い点数をとったときには親も褒めたくなりますし、もちろん子供も褒められると喜びます。

しかし、テストの結果ばかりに注目していませんか? テストの点数や結果だけを褒められた子供は、その子自身も結果や点数ばかりを気にするようになり、次回のテストでも良い点数をとろうとがんばります。しかし、思ったような点数がとれないときや勉強につまづくときというのは誰しもあることです。

そういったときにテストの結果や点数ばかりを気にしている子は、つい隣の子のテストの答えを見てラクに点数を取る誘惑に負けてしまうことがあるようです。

よい点数をとるようプレッシャーを与える

「これ以上、悪い点数をとったら塾はやめさせるね」「お菓子は抜きね」と子供にプレッシャーを与えていませんか?

親は冗談半分で言ったつもりかもしれませんが、子供は本気で悩むものです。「親にがっかりされたくない」「怒られたくない」と追い詰められた子供は、親に認められたい一心でついカンニングをしてしまうことがあるようです。

カンニングしない子に育てるには

子供がカンニングしてしまわないためには、どのように親が子供に接していけば良いのでしょうか? いくつか覚えておきたいポイントがあります。

点数だけを褒めない

子供を褒めるときは、点数や結果だけでなく、その過程や努力まで褒めてあげましょう。

ただ、子供が成長してくると「すごいね」と褒めるのは、単なるご機嫌取りだと思われることもあるようです。そんなときは、「最近、集中して勉強しているね。なかなかそこまで集中するのは難しいのよ」「がんばっているわね。お母さんもがんばろう」と感心したり認めたりするといった姿勢の方が良いでしょう。

叱責しない、プレッシャーを与えない

子供に「テストで良い点数をとらなければいけない」というプレッシャーを与える言動は控えましょう。もしテストの点数が悪くても、子供を必要以上に責めたり叱ったりしてはいけません。

テストというのは100点をとるのが目的ではありません。テストは自分の苦手分野を知り、それを克服するためにやるもの、というスタンスでいることが大切。テストが返ってきたら、できないところを確認してフォローしましょう。

もし子供がカンニングをしてしまったら…

もし子供がカンニングをしてしまったら、どうすれば良いのでしょうか。カンニングはいけないことですが、感情的に責め立てたり頭ごなしに叱ったりしては逆効果です。

まずは事実を確認し、カンニングの背景にある子供の気持ちを理解するようにつとめましょう。「なぜ子供がそこまで追い詰められるに至ったのか?」を考えることが何より重要です。

「良い点ではないと怒られると思ったから」「親に褒められたかったから」などの恐怖心や承認欲求は隠れていませんか? その気持ちにまずは理解を示してあげましょう。「良い点をとらないと怒られると思ったんだね」など、子供の気持ちを認めてあげるような声かけを心掛けましょう。

その上で、カンニングはいけないことなのだと教えることが大切です。その際、カンニングをした子供の人格を否定するような叱り方はNG。あくまでも、カンニングという行為そのものがいけないことなのだと、伝えるようにしましょう。

自分の子供のカンニングが発覚したら親は当然ショックですが、そう子供を追い詰めたのはそれまでの親の言動にあるかもしれません。まずはその原因がどこにあるのか、一度自分の言動を振り返ってみるのも大切です。

PHOTO/Lorelyn Medina/Shutterstock
参照/
Allabout「カンニングしない子供の育て方」
プレジデントファミリー「“甘え”は人間の成長になくてはならないもの」
たまGoo!「子供のカンニングで呼び出し!先生への対処法と子供への叱(しか)り方」
Rakuten Infoseek News「我が子が「テストでカンニング」。怒るな、原因は親かもしれない」

この記事が気に入ったら 「いいね!」

この記事が気に入ったら 「いいね!」 ならいごとキッズの最新情報をお届けします。
子育て・幼児教育の情報を毎日配信中!

ならいごとキッズをTwitterでフォロー

サブコンテンツ