家の中は子供の事故の危険だらけ!?親が気を付けたい室内チェックポイント

家の中での子供の事故

幼い子供は、部屋の中にある色々なものを見る視点が大人と全く異なります。お母さんと子供で安心して過ごせるはずの家の中も、実は危険な事故が起こるリスクがたくさん潜んでいます。

今回は、家の中で危険な状況になりやすいものや、対策について確認していきましょう。

『転落』の危険は階段以外にも!

子供が転落する危険を考えたときに思い浮かびやすいのは、階段など明らかに高い場所ですよね。しかし幼い子供は、本来登ったりする場所ではない家具などにもよじ登って、転落することもあります。

階段には滑り止めやガードを付けて、勝手に昇り降りできないようにするのはもちろんですが、ソファなども普段から飛び跳ねたりよじ登ったりしないよう言い聞かせ、遊び場として認識させないことが大切です。

タンスなどは、子供が引き出しを階段状に出して登るようなことがないよう、引き出しにストッパーを付けるようにしましょう。

指を『挟む』危険はどう対策する?

子供が一度窓を開け閉めする楽しさを知ってしまうと起こりがちなのが、指をドアや窓に挟んでしまう事故です。

ドアや窓を1人で開けることができても、閉めた瞬間ドアや窓にかけた指を挟んでしまう可能性がとても高いです。また、動かしているのと反対の手が窓の扉にかかっていて、閉めた瞬間に挟んでしまう場合もあります。

対策するには、ドアや窓の上部にストッパーをあらかじめかましておいて、指を挟まないようにする対策も有効ですが、そもそも勝手に子供がドアや窓を開け閉めできないようにしておくとより安心です。

窓の鍵はできれば上部に別ものを取り付け、大人しか届かない高さにしておきましょう。

『誤飲・窒息』の防止は身の回りのものの管理が大切

誤飲や窒息は、大人が何気なく置いたものから大変な事故に発展します。

乳幼児はとくに、口にものを入れることでそれがどんなものなのかを一生懸命学習しようとするので、何でも口に入れてしまいます。

乳幼児が過ごす部屋には、ビーズ位の小さなものや、たばこ、ボタン電池など不意に興味をもってしまいそうなものは置かないように確認して、大人が必要なものは子供の手の届かない所にまとめて保管しましょう。

『水の事故』は家の中でも充分に起こる!日頃から管理を徹底して

お風呂の“ため水”は、乳幼児が誤って溺れてしまう事故が多発しやすい場所です。

また、トイレの便器、洗濯機の中なども要注意。狭い所に子供は興味を示しやすく、ついつい顔から覗き込んでしまって水の事故につながる場合もあります。
水が溜まる場所のフタは必ず閉めるようにしておきましょう。

『火傷や感電』を避けるため、暖房器具周りやコンセントに注意

暖房器具を使う冬は、子供の手が直接触れてしまうことに十分注意が必要ですが、思わぬことで発火を伴う場合もあります。

例えば、食卓のテーブルクロスは、知らない間に床に付きそうな程ずれてしまうことがあります。その近くに暖房器具があるとたちまち発火してしまうので、暖房器具は周囲にガードを置くなどして工夫すると良いですね。

また、感電の事故を防ぐためにも、幼い子供が勝手にコンセントを刺し入れたり、コンセント口にいたずらをすることがないよう、コンセントキャップなどを活用して対策しましょう。

子供は意外と、乳幼児の頃からお母さんの言うことを聞いているものです。

例えば「お箸をくわえたまま走り回ると喉を突いて危ないんだよ」、「ベランダから落ちてしまうから勝手に出てはいけないよ」など、“どうしてやってはいけないか”を小さな頃からきちんと説明する癖をつけておくことも、家の中での事故防止に役立つはずです。

家の中には思わぬ危険がたくさん潜んでいることをまずは親が認識し、親子で話すと同時に、普段からの対策を心がけてみてくださいね。

PHOTO/Lorelyn Medina/Shutterstock
参考/
おやこCAN「知る、考える、変えることで防ごう! 家庭で起こる子どもの事故」
ベネッセ教育情報サイト「子どもの事故、「家の中」にも危険がいっぱい」

この記事が気に入ったら 「いいね!」

家の中での子供の事故

この記事が気に入ったら 「いいね!」 ならいごとキッズの最新情報をお届けします。
子育て・幼児教育の情報を毎日配信中!

ならいごとキッズをTwitterでフォロー

サブコンテンツ