備えあれば患いなし!入館無料の都内『防災センター』4選

防災センター

今後30年以内に80%の確率で発生すると言われている『南海トラフ沖大地震』。いざというときのために困らないための準備はできていますか?

東京都内には、いまからできる対策や正しい対処法を学べる防災施設が多くあります。ぜひ親子で訪れて自分の身を守るすべを身につけておきましょう。

防災体験学習施設 そなエリア東京【江東区】

View this post on Instagram

#備えあれば憂いなし #そなエリア東京 #無料の施設

Akemiさん(@akekodasama)がシェアした投稿 –

国の災害応急対策の拠点として整備された『東京臨海広域防災公園』の一角に、『そなエリア東京』という防災体験学習施設があります。

一番の目玉は、地震発生後3日間の生存力をつける体験学習ツアー、『東京直下72hTOUR』です。ここではタブレット端末を使ってクイズに答えながら、マグニチュード7.3、最大震度7の首都直下地震が発生した際の避難の仕方や避難所での生活を体験できます。

他にも映像や壁面グラフィックで津波の特徴を知るコーナーや、防災グッズの展示など、いろんなものに見て触れていざというときの知識を身につけることができますよ。

『そなエリア東京』の入館料はなんと無料! 団体の場合、『東京直下72hTOUR』の参加は予約が必要ですが、30名未満なら予約不要でもちろん無料で参加できます。

アクセスも、ゆりかもめ東京臨海新交通臨海線の有明駅より徒歩2分と駅近なので、ぜひ気軽に訪れてみてください。

所在地:東京都江東区有明3-8-35
入館料:無料
公式サイトはこちら

東京消防庁 本所防災館【墨田区】

東京消防庁の本所防災館内では、インストラクターが案内するツアー方式の『防災体験ツアー』を開催しています。ここでは模擬災害を体験しながら学び、もしものときの防災行動力を身につけることができる施設です。

『防災体験ツアー』には基本コースとショートコースの2コースあり、それぞれ防災シアター上映に加えて4つの体験コーナー(地震・消火・煙または都市型水害・応急手当または暴風雨)の中から、基本コースは4つ全て、ショートコースは2つを体験することができます。

所要時間は基本コースが1時間50分(1日4回実施)、ショートコースが1時間10分(1日2回実施)とじっくり楽しめるのに、ツアー参加費はなんと無料!

ただし、体験内容によっては年齢や学年による制限があるものもあるので、事前に公式サイトで確認を。また、団体の予約状況によっては希望のコースに体験できない場合や待つ場合もあるので、事前に電話予約するのがおすすめです。

所在地:東京都墨田区横川4-6-6
入館料:無料
公式サイトはこちら

東京消防庁 消防博物館【新宿区】

View this post on Instagram

. 四谷にある「消防博物館」に行って来ました😊🎶 . お子様が殆どの中〜大人だけで来てる人は私と(@michimichi610)さん位😂 . 私が好きな古い消防車が展示してありました😆💕 . 防火服着たり🎶. 展示用ヘリに乗ってみたり🎶. ここには載せてませんが😅. チビッ子に負けずに〜. いや💦チビッ子以上に楽しんで来ました😜💕 . 帰りに寄った四谷消防署の写真は後程〜😊🎶 . #消防博物館 #四谷三丁目 #東京消防庁 #楽しい休日 #楽しい夏休み #消防車 #梯子車 #消防ヘリ #写真すき #一眼レフ #一眼レフ初心者 #nicon

Kaoruさん(@7m_kaoru)がシェアした投稿 –

こちらも四谷にある東京消防庁の施設のひとつで、江戸時代から現代までの消防の歴史に触れながら、防火・防災について学べる博物館です。

さまざまな時代に活躍した消防自動車や機材が展示されており、子供たちも子供防火衣を来てポンプ車の座席に乗ることもできます。

中でも人気なのは、消防車の模型に乗り込んで火災現場へ向かい、消火活動を体験できるコーナーです。所要時間は約5分で9:30〜16:50までの間実施されており、予約なしで参加できます。

こちらの施設も入館料は無料! さらに東京メトロ丸ノ内線『四谷三丁目駅』2番出口直結と好アクセスなので、都内へのお出かけついでにふらっと立ち寄れるのも魅力です。

所在地:東京都新宿区四谷3-10
入館料:無料
公式サイトはこちら

気象庁 気象科学館【千代田区】

災害と気象の情報は身を守る上で欠かせないもの。気象庁の庁内にある『気象科学館』も、災害から身を守るヒントがたくさんの施設です。

ここでは気象や地震の観測機器をはじめ、津波のしくみや普通の波との違いを学ぶ『津波シミュレーター』や、緊急地震速報のしくみや速報を見たときにどのような行動をとれば良いのかをクイズ形式で学ぶことができる『緊急地震速報トライアル』など、さまざまな気象や災害に関する展示や体験コーナーがあります。

こちらも入館料は無料で予約も不要。東京メトロ(東西線)『竹橋駅』4番出口から徒歩1分と好アクセスなので、都内へのお出かけついでに立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

所在地:東京都千代田区大手町1-3-4 気象庁1階
入館:無料
公式サイト

災害はいつ起きるか分からないものです。防災についての知識を身につけられる施設は各所にあります。今回ご紹介したような施設を訪れ、いざというときにどうやって身を守れば良いのか、親子で話すきっかけにしてはいかがでしょうか。

PHOTO/KIKUCHI/Shutterstock

この記事が気に入ったら 「いいね!」

防災センター

この記事が気に入ったら 「いいね!」 ならいごとキッズの最新情報をお届けします。
子育て・幼児教育の情報を毎日配信中!

ならいごとキッズをTwitterでフォロー

サブコンテンツ