芸術の秋!子連れで楽しめる美術館特集~第4回~おかざき世界子ども美術博物館

子連れで楽しめる美術館

秋といえば、芸術の秋! 子供にも幼い頃からアートに触れさせてあげたいものですよね。

美術館というと“大人が静かに美術品を鑑賞する場所”というイメージがありますが、実は子供が楽しめる美術館もたくさんあります。

子連れで楽しめる美術館特集第4回の今回は、愛知県岡崎市にある『おかざき世界子ども美術博物館』をご紹介します。

『おかざき世界子ども美術博物館』とは?

愛知県岡崎市にある『おかざき世界子ども美術博物館』は、昭和60年に日本で初めてできた、“子どものための本格的な美術博物館”です。

THINK(考える)、SEE(見る)、DO(作る)の3つのゾーンで構成された“参加体験型美術博物館”で、子どもが美術を見て楽しめるだけでなく、実際に作品を作ることもできるのが特徴です。

作る体験ができる『親子造形センター』

おかざき世界子ども美術博物館には、親子造形センターが併設されており、絵画教室、粘土教室、工作教室、EB教室の4つの体験教室でさまざまな物を親子で作ることができます。

たとえば、絵画教室では、紙に絵を描いてオリジナルのバッジや下敷きなどを作ることができます。他にも、布地に転写できるパスでハンカチやバッグなどにアート染めをしたり、樹脂絵の具でステンドグラスに色を付けたりといった、さまざまな体験が準備されています。

工作教室では、ウレタンを切って人形を作ったり、ビー玉やジェルで万華鏡を作ったりといったプログラムが準備されており、小さな子供から参加可能です。

粘土教室では、本格的な焼き物の本焼きを体験でき、オリジナルのお皿やカップを作ることもできます。

EB教室では、特殊な石膏基板に絵を描いて、その上から樹脂材を塗って電子光線で焼きつけることで、美しい陶画のようなものを作ることができ、ブローチやストラップなど、本格的な雑貨を製作することができるので、大人でも楽しめる内容です。

いずれの教室での体験も値段は100円〜1,100円程度と手軽な価格で、一部を除いては予約も不要となっています。造形センターのみの利用なら入館料もかかりませんので、ぜひ子供と一緒に気軽に参加してみてくださいね。

屋外にはアートな遊具がたくさん

美術館の外にはアートな遊具がたくさんあり、常時無料で開放されています。きのこなどをモチーフとした展望台やすべり台など、子どもがわくわくするような遊具がいっぱいです。

カラフルでファンタジーな世界観の遊具は、インスタ映えもする!と写真スポットとしても人気です。美術館でゆっくり創作活動したあとは、外で体をいっぱい動かして遊びましょう。

現在はだまし絵で有名なダリの企画展が開催中!

おかざき世界子ども美術博物館では、随時、大人も子供も楽しめる企画展が開催されています。現在開催中なのが『天才ダリの版画展』。

東海地方初の過去最大規模のダリ版画展です。ピカソと並ぶ有名な芸術家であるサルバドール・ダリの作品が、1960年頃のものを中心に、200点以上展示されています。

近年発見された1930年の幻のドローイング『アルティーヌ』や、19歳で描いた『裸婦デッサン』が初公開される他、油彩、彫刻、デザインなどを展示し「何故ダリが天才だったのか?」を探っていく企画展です。

見方によって変わるダリの『だまし絵』の不思議な世界に、大人も子供も楽しめるはず!

開催期間:平成30年10月6日~平成30年11月25日
観覧料 :一般 600円、小・中学生 100円

おかざき世界子ども美術博物館では、子どもが自由に創造して楽しめる他、なかなか見られない本物の芸術を間近で見ることができます。ぜひ親子で芸術に触れる機会を作ってみてくださいね。

【施設概要】
おかざき世界子ども美術博物館

住所:〒444-0005 愛知県岡崎市岡町字鳥居戸1番地1
開館時間:9時~17時(入館は16時30分まで)
休館日:月曜日(祝日の月曜日は開館し、翌日休館)、祝日の翌日、年末年始
入館料:無料
観覧料:企画展ごとに異なる(市内の小中学生は無料)
公式ページ

TOP PHOTO/Lorelyn Medina/Shutterstock
参照/
岡崎市ホームページ「親子造形センター」
企画展「木のおもしろワールド」
企画展「天才ダリの版画展」

【関連記事】
芸術の秋!子連れで楽しめる美術館特集~第1回~東京おもちゃ美術館
芸術の秋!子連れで楽しめる美術館特集~第2回~横浜美術館 子どものアトリエ
芸術の秋!子連れで楽しめる美術館特集~第3回~アンデルセン公園 子ども美術館

この記事が気に入ったら 「いいね!」

子連れで楽しめる美術館

この記事が気に入ったら 「いいね!」 ならいごとキッズの最新情報をお届けします。
子育て・幼児教育の情報を毎日配信中!

ならいごとキッズをTwitterでフォロー

サブコンテンツ