今後もニーズ増の見込み!『翻訳家』になるために必要なこと~子供の未来設計図vol.6~

翻訳家になるには

将来、子供がなりたい職業を実現してあげるために、親は何ができるでしょうか。

なりたい職業によって、その進路はさまざま。「どんな教育を受けさせれば良いの?」、「どんな大学や学部が良いの?」など、親にとっても気になることだらけ。本連載では、職業ごとに、その職業に就くために必要な能力や、進路について詳しくご紹介します。

今回は、『翻訳家』のお仕事について解説します。

主に3つの種類がある。翻訳家のお仕事とは?

“外国語の文章を日本語に訳す”ことが仕事の翻訳家。実は、翻訳は大きく分けると3つのジャンルがあります。

文芸翻訳

さまざまな文芸作品の翻訳作業をする仕事です。文芸作品であるため、内容の正確さはもちろん、作品がもつ雰囲気を崩すことなく翻訳する必要があります。

また、海外の書籍や雑誌、歌詞など幅広い作品の翻訳を行うため、外国語の能力だけではなく、日本語においても高い能力が求められます。

実務翻訳

ビジネス文書、学術書、マニュアル、契約書など、企業や研究者に向けた翻訳作業が主な仕事になります。医療、金融、ITなど、それぞれの専門知識が求められる翻訳もあります。

実務翻訳の翻訳家は、国際的な雑誌に掲載するための翻訳や、文書の英文が正確かどうかのチェックを頼まれたり、海外の学術論文や重要文献を翻訳するように頼まれたり、ということもあります。

企業に所属し、会社員として英文書類を作成したり、海外への発注や連絡をしたりといった業務で、実務翻訳を行うケースもあります。

映像翻訳

主に映像関係の翻訳作業をします。海外の映画やドラマ、ドキュメンタリー番組などの翻訳をし、字幕をつくります。限られた文字数内におさめることや、作品の雰囲気や意図を崩さないように、伝わりやすい言葉でまとめることが求められます。

また、映画やドラマでは、その国の文化、風習やスラングも理解していないと、微妙な言い回しなどにも差が出てしまい、正確に翻訳することができません。

国際化がどんどん進む中で、日常的に海外の作品を手に取ることも増えました。海外作品の翻訳本も増えており、ニーズはこれからも増える見込みです。企業などでも、海外とのやりとりは増え続けているので、活躍の場はますます拡大していきそうですね。

必要な資格はナシ!でもとっておくと便利なのは?

翻訳家になるのに必要な資格はありませんが、就職や、仕事を受注する際には、自分の翻訳能力がどれくらいなのかを証明するために、資格を取得しておくと有利です。

たとえば、英語であれば英検(英検1級)やTOEIC(900点台)を受験したり、日本翻訳連盟のほんやく検定や、日本翻訳協会のJTA公認翻訳専門職資格といった試験などに合格したり、語学力を証明できる資格を持っていると、信頼性が増します。

近道はある?

大学の英文科出身や外国語大学で語学について専門的に学ぶことで、語学の基礎をしっかりと身につけ、土台を作ることは重要です。直接資格などにつながるわけではありませんが、出版社などが翻訳家の学歴を気にすることもあるため、大学卒業というキャリアがメリットになるケースもあります。

また、翻訳スクールや専門学校に通ったからといって、卒業後からすぐに翻訳の仕事ができるという保証はありませんが、ツテがあったり、情報が入りやすかったり、仕事に通じる機会が増えるという点では、良い場合もあります。

翻訳専門会社に勤務することができれば、専任の翻訳家として働くことができますが、窓口は極めて少ないため、実際はフリーランスとして働いている人が多く、クオリティの高い仕事をし、信頼度を高めながら、地道に人脈を築いていくことが成功への近道となります。

向いている人はこんな人!

翻訳という仕事柄、外国語の能力はもちろん求められますが、それと同時に、日本語の表現力があるかどうかも、大きく関わります。

細かな表現の違いに気付き、ニュアンスを変えずに、本来伝えたかったことをきちんと伝えられるかどうかは、翻訳家の日本語の能力や言葉選びのセンスにかかってきます。

また、語学力を磨くためにこつこつと地道な努力を続けられる人や、言葉以外の専門分野や翻訳する元の国の文化、風習などにも興味を持てる人が向いているといえます。

幼い頃からこれをやっておくべき!というものはありませんが、海外の文化に触れさせる機会を多く持っておくと、お子さんが国際的なお仕事に興味を持つかもしれませんね^^

ぜひ参考にしてみてください。

TOP PHOTO/cybrain/Shutterstock
参照/
Career Garden「翻訳家の仕事内容」
キッズネット「未来の仕事を探せ!翻訳家」
Career Garden「翻訳家になるには」
エバンス愛の英語が身につく独学英語ブログ「プロの翻訳家になるには最短でどのくらいの年月が必要?」

この記事が気に入ったら 「いいね!」

翻訳家になるには

この記事が気に入ったら 「いいね!」 ならいごとキッズの最新情報をお届けします。
子育て・幼児教育の情報を毎日配信中!

ならいごとキッズをTwitterでフォロー

サブコンテンツ