憧れのお仕事を身近に体験!JALのCSR活動『空育』とは?

JALの空育

JAL(日本航空)のCSR活動(社会貢献活動)として行っている『空育』が注目を集めています。将来、飛行機の世界や航空会社で働きたいという子供や、“空”について学びたいという子供にとっては、この耳慣れない『空育』という言葉に大いに興味を抱くのではないでしょうか?

今回は、この『空育』の活動についてご紹介します。

JALの『空育』とは?

『空育』とは、JALグループが実施する子供向けの体験プログラムのこと。空の専門家である航空会社が発見や学びを得る機会を提供し、空の素晴らしさにも触れることで、子供たちが未来を考えるきっかけを作りたい、という思いから活動がスタートしました。

”飛行機を通じて「自分の未来」を考える”、”交流を通じて「日本・世界の未来」を考える”、”環境・宇宙を通じて「地球の未来」を考える”をテーマにいくつかのプログラムが実施されており、そのうちの『JAL STEAM SCHOOL』は、第12回キッズデザイン賞特別賞(TEPIA特別賞)にも選ばれ、ますます注目されています。

どんなことをしているの?

『空育』のプログラムでは、いったいどんな体験をすることができるのでしょうか。

JAL STEAM SCHOOL

キッズデザイン賞を受賞した『JAL STEAM SCHOOL』は、いま社会的にも注目を集めているSTEAM教育に着目してカリキュラムを組んだ体験型教室です。

STEAM教育は、科学(Science)、技術(Technology)、工学(Engineering)、アート(Art)、数学(Mathematics)の5つの領域を対象とした、理数教育に創造性教育を加えた教育概念のこと。

例えば第1回目のプログラムでは、飛行機の翼を題材にしたカリキュラムを実施。翼の組み立て教材とアプリで実験をし、実験の検証から航空力学の法則を見つけます。アプリを使って、自分の飛行機をデザインし、最後には修了証がもらえるというものでした。

なにより、パイロットや技術者、という現場のプロフェッショナルから直接学ぶことができるという点が貴重で魅力的ですよね。

プログラムは約2時間。対象は小学4年生〜小学6年生です。次回開催プログラムの応募受付は未定となっていますが、参加費無料で充実した内容の体験ができるため、対象年齢のお子さんがいるおうちは、ぜひ注目してみてください。

詳しくはこちら

JAL折り紙ヒコーキ教室

『折り紙ヒコーキ協会』の指導のもと、JALグループ社内に認定指導員を養成して、各地で『折り紙ヒコーキ教室』を開催していることを知っていましたか?

国内外へ出張し、ボランティアで開催している『折り紙ヒコーキ教室』は、災害被災地で復興を願う子供たちを笑顔にするために開催されたり、会社の入社式などで飛ばしたりと活動の幅を広げています。

『折り紙ヒコーキ教室』では、教室限定のJALオリジナルの折り紙ヒコーキキットを使用して、ヒコーキがよく飛ぶための練習や調整を行ったあと、滞空時間や距離などを競う大会まで行います。成績優秀者には賞品が贈られるのだとか!

View this post on Instagram

#折り紙ヒコーキ教室 #空育

Hideki Niikuraさん(@niitoku)がシェアした投稿 –

折り紙ヒコーキの折り方にも、何種類もある様子。どの形がいちばんよく飛ぶのか。滞空時間や距離、スピードを競って、みんなで大盛り上がりしそうですね。

所要時間は70~90分ほどで、小学生以上であれば30名以上から申込むことができます。受講料は無料ですが、受講人数10名につき指導員1名の引率がつくので、その分の交通費負担が必要になります。

2018年度の活動実績では、年間約350回、受講者は約40,000名という人気プログラムです。

詳しくはこちら

JALお仕事講座

パイロット、キャビンアテンダント、整備士、空港旅客スタッフ、といったJALのプロフェッショナル(いずれかの職種・1名)が制服で学校等へ出むき、仕事の内容をはじめ、どういった点に楽しさややりがいを感じているのか。その職業を目指した動機など、これから職業を選択する子供たちに向けて、航空会社のお話をしてくれる講座です。

対象は小学生・中学生・高校生で、所要時間は45~90分。費用は実費交通費のみ。30名以上の参加で申込みが可能です。

詳しくはこちら

工場見学スカイミュージアム

インターネットのみになりますが、事前に申し込むことで、無料でJALの工場見学をすることもできます。

展示エリアの見学に航空教室、格納庫見学というコース内容で所要時間は約100分。年末年始を除く毎日、1日5回開催されています。

このようにかなり間近で航空機を見ることができ、飛行機好きにはたまりません。タイミングがあえば、政府専用機を見ることもできるそう!

こちらも参加費は無料で、小学生以上であれば1名から予約が可能。期間限定のイベントなども開催されるので、飛行機好きは要注目です。

詳しくはこちら

JALの『空育』、ぜひ参加してみたい!と思った方も多いのではないでしょうか。空の専門家やその仕事現場に触れる経験は、きっと良い刺激となって深く子供の中に残るはずです。個人で申し込めるプログラムもあるので、ぜひ参加してみてはいかがでしょうか?

PHOTO/CharacterFamily/Shutterstock
参照/
JAL空育 ®

この記事が気に入ったら 「いいね!」

JALの空育

この記事が気に入ったら 「いいね!」 ならいごとキッズの最新情報をお届けします。
子育て・幼児教育の情報を毎日配信中!

ならいごとキッズをTwitterでフォロー

サブコンテンツ