心身を鍛えて礼儀も身につく!『親子空手』【親子でできる習い事vol.7】

親子でできる習い事

2020年の東京オリンピックの正式種目になったことでも話題となった『空手』。子供にさせたいならいごととしても、ママたちから注目を集めているようです。

空手の教室は日本全国にありますが、道場によっては、親子で通えたり、親子ペアで習えたりするところもあるのをご存知ですか? 親子で一緒に習うと、上達が早まったり、月謝が安くなったりするなど、嬉しいメリットも期待できそうですよ!

親子空手とは

空手とは、武器を持つことなく、拳による突き、打ち、足による蹴りを中心とする武道のひとつ。1対1で相手と向き合い打撃技を繰り出すことで勝敗を決める『組手』と、ひとりで決められた一連の動きをこなす『型』のふたつの技術があります。

国内では120万人程度、世界では6,000万人ほどの人が空手をやっており、意外と競技人口も多いんです。2020年のオリンピック正式競技種目になったこともあり、最近ではならいごととしても注目を集めていますよ。

数多くある空手教室(道場)の中には、年齢性別関係なく通える道場や、親子一緒に取り組める『親子空手コース』のある教室もあるなど、その形態はさまざまです。

親子空手コースのある教室では、遊びや運動の中に空手の動きを取り入れるなど、未就学児や初心者でも楽しく参加できる工夫がなされているところも多いのが特徴。これなら、空手をまったく知らないパパやママでも安心して参加できますね!

親子で空手を習うメリット

子供ひとりででも習うことができる空手ですが、あえて親子で取り組むことにどのようなメリットがあるのでしょうか。

【子供のメリット】

空手は武道の一種なので精神的にも肉体的にも鍛えられるのはもちろんのこと、礼儀やけじめ、挨拶や返事の仕方などを学ぶことができるのは、子供にとって大きなメリットです。

また、空手は基本的にどの流派も『型』から入ることが多く、これら基本の型を習得する中で、美しい所作や姿勢を身に着けることができます。

さらに、ひとつひとつ型や、相手の技を受ける稽古を重ねていくうちに、集中力の向上も期待できるといわれています。

空手では技術の向上によって帯の色が変わっていくため、子供の性格によっては「もっと上の色の帯になろう」と向上心や競争心も芽生えるかもしれませんね。

【大人のメリット】

一方、日ごろ運動をほとんどしないというママ・パパは、運動不足の解消方法としても空手はおすすめです。大きな声で気合を入れ切れ味よく体を動かすため、ストレス解消にもなりますよ。

美しい姿勢を保つことや、型の姿勢をキープすることで、柔軟性や体幹を鍛えることにもつながり、ダイエット効果も期待できるかも。これはママにとっては嬉しいポイントですね!

また、子供と一緒に稽古することで、親子間のコミュニケーションも増え、信頼関係を深めることにもつながります。

親がただ見学するのではなく、子供の稽古に一緒につきあう中で、子供の努力や成長を認めて褒めれば、子供のモチベーションもあがり、上達につながるでしょう。

空手にかかる費用や教室選びのポイントは?

空手の月謝は、お教室によって異なりますが、相場としては1人5,000円~10,000円程度となっています。教室(道場)によっては、親子や兄弟で習うと割引などの特典があるところもあります。

月謝以外にも、空手の道着や防具などの初期費用、昇級審査費、認定費用、大会参加費、スポーツ保険料などがかかることもあるので事前に確認しておくと安心ですね。

また、教室や道場を選ぶにあたり、空手には多くの流派や団体があることも注意しなくてはなりません。それぞれの流派や団体によっても少しずつ内容が異なりますが、大きく分けると『伝統派空手』と、極真空手を始めとするフルコンタクト空手の2種類に分けられます。

伝統派空手は素手では直接打合わずに技を磨いていくもの。そしてフルコンタクト空手は、実際に体を打合うものであり、どちらを習うかによって大きく違ってきます。

伝統派空手の組手は、オリンピック正式種目となっており、寸止めかライトコンタクトのみとなります。伝統派の組手は、反射神経やスピード感のある技が身につくという以外にも、ケガが少ないという特徴があり、小さな子供でも比較的安心です。

一方、フルコンタクト空手の場合、組手は直接打撃であるため、実戦的な技術や力を身につけることができる、打たれ強くなるなどの特徴があります。

流派や教室(道場)によって、指導方針や雰囲気も全く異なるのが空手。「近所にあるから」「お友だちがいるから」と安易に教室(道場)を決めず、一度は見学や体験をして、子供の性格や家庭の方針との相性をきちんと見極めるのが重要になってきます。

2020年オリンピックイヤーに向けて、ますます人気が高まりそうな空手。ぜひこの機会に親子で試してみてはいかがですか?

TOPPHOTO/Bahau/shutterstock
参照/
琉球少林流空手道月心会「空手について」
東京空手倶楽部「親子空手」
こどもと空手公式サイト「こどもに空手を習わせるとお金はいくらかかるのか」

この記事が気に入ったら 「いいね!」

親子でできる習い事

この記事が気に入ったら 「いいね!」 ならいごとキッズの最新情報をお届けします。
子育て・幼児教育の情報を毎日配信中!

ならいごとキッズをTwitterでフォロー

サブコンテンツ