リュックじゃダメ?小学生の通学鞄がランドセルなのはなぜ?

小学生の通学カバンがランドセルの理由

新一年生のためのランドセル選びを意味する『ラン活』。年々時期が早まっていて、今年も新年度を迎えたばかりだというのに、すでに来年度に向けたラン活ピーク期を迎えようとしています。

ランドセルは日本の小学生の通学鞄としてもはや当たり前の印象がありますが、実は小学校の通学鞄に決まりはないのをご存知ですか?

そもそも海外ではリュックサックで登校するのが主流なのに、日本の小学生の通学鞄はなぜランドセルが定番なのでしょうか。

軽さではリュックのほうが上!

近年はランドセルが重いことで小学生の肩こりや腰痛トラブルが増えていますが、ランドセルの重さは一般的に1,200~1,500gほど。一方、リュックの重さは約700~1,000gとあって、重さだけで比較したら軽量なリュックのほうに軍配があがります。

でも実際、背負ったときの重さの主原因となっているのはランドセルの中に入れる荷物なのです。ランドセルの中に入れている教科書や学用品等の荷物は平均して1~2kg。もっとも重い日はなんと平均4.7kgもあるそうです。

だったらなおさら、鞄はより軽いリュックを使ったほうが良いのでは…と思うかもしれませんが、実は単に鞄が軽ければ体への負担も減る、というわけではないんです。

ちょっとした荷物を運ぶには、リュックのほうが軽くて便利ですが、重い教科書や学用品を運ぶには、ある程度耐久性が強く、形状も書籍類を入れるのに適したランドセルのほうがよいという考え方もできますよね。

体への負担は、”重心のかかり方”がポイント

たとえ、ランドセルよりも軽いリュックサックを通学鞄にしたとしても、ベルトのサイズや長さ、大きさなどによっては、体感重量も重くなり、体にも負担がかかります。

一方ランドセルは、小学生の体にフィットして中の荷物が安定する箱型形状。教科書等を中に詰めた状態で最も体感重量が軽くなり、体に負担がかかりにくいように設計されているものが多くなっています。

また、背中や肩の部分にしっかりとしたクッション性があることも体感重量を軽くさせる工夫のひとつ。

そのため、ちょっとした荷物を運ぶのならリュックのほうが軽くて便利ですが、重い教科書や学用品を運ぶことを考えると、リュックより耐久性も強く、体に負担がかかりにくい設計のランドセルのほうが適していると考えられます。

背負い方や、体に合っているかが重要

とはいえ同じランドセルの中でも、その設計や性能はさまざま。より子供の体の負担にならないようなものを選ぶには、次のようなポイントをチェックしましょう。

背中のフィット性

背負ったときに背中とランドセルの間に大きく隙間があると、ランドセルが後ろに引っ張られてしまい、肩や腰への負担が増えます。

きちんと背中にフィットしていると、肩・腰・背中全体で重さを分散させることができるので、隙間ができずしっかり密着するものを選びましょう。

肩ベルトの接触面積・クッション性

ずっしりと重さがかかる肩ベルトの部分は、なるべく接触面積が広く、クッション性が高いものを選びましょう。

安定感

歩いたり、飛び跳ねたりしたとき、肩ベルトを持たないとランドセルが安定しないようなものは避けましょう。自然に歩いた状態で、ランドセルが横揺れしたりグラついたりしないものを選びましょう。

金具の位置

ベルト等の金具が脇腹など体にあたって痛みを感じると、ランドセルを背負うとき、その痛みを避けるために、変な姿勢になってしまう場合もあります。金具類が体にあたらないかをチェックしましょう。

なおランドセルを選ぶ際は、ただ背負うだけでなく、できればランドセルの中に教科書や学用品を入れて、実際に荷重をかけた状態でチェックできるとよりベストです。

近年は教科書を学校に置いたままにしてもOKという学校も少しずつ増えているようですが、日本の小学生の荷物量やその重さの現状を考えると、体への負担の少なさや耐久性の面で、通勤鞄にはランドセルが適していると言えそうです。

その一方、最近ではランドセルの良いところを取り入れて設計された“リュックタイプの通学鞄”も登場しており、学校指定の通学鞄として採用している学校もあります。そういったものも含め、子供に合ったランドセルを上手に選んであげられるとよいですね。

PHOTO/ANURAK PONGPATIMET/Shutterstock
参照/
SEIBAN「ためになるランドセル広場「小学生の荷物が重すぎる問題」。 解決への道は“負担がかかりにくい”ランドセル選びと“背負い方”」
VONDSランドセル「小学生の通学かばんがリュックサックではなくランドセルである理由」
【2020年向け】ランドセルナビゲーター~最適なランドセル選びをご案内します~「ランドセルが重い!リュックはダメ?小学生にランドセルをおすすめする理由」

この記事が気に入ったら 「いいね!」

小学生の通学カバンがランドセルの理由

この記事が気に入ったら 「いいね!」 ならいごとキッズの最新情報をお届けします。
子育て・幼児教育の情報を毎日配信中!

ならいごとキッズをTwitterでフォロー

サブコンテンツ