このマークはどんな意味?改正された『新ピクトグラム』、いくつ知ってる?

ピクトグラム

年齢や国の違いを越えた情報手段として、あらゆる場面で役に立つ『ピクトグラム(案内用図記号)』。2020 年の東京オリンピック・パラリンピックに向け、日本人はもちろん、外国から来る人々にもより分かりやすくするため、案内用図記号の規格改正が行われているのをご存知ですか?

あなたがもし街で見慣れない記号を見つけたら、それは改正されたマークかもしれません。ぜひ親子で、身の回りのピクトグラムとその意味を確認してみましょう。

ピクトグラムとは

View this post on Instagram

ピクトグラムって見てて楽しい..ヨネ? #博多駅 #ピクトグラム

NagI_watRさん(@chiru_x2_wachiru)がシェアした投稿 –

ピクトグラムとは『トイレ』をはじめ『エレベーター』や『携帯使用禁止エリア』などのさまざまな情報を、言葉に頼らず、目で見るだけでわかるように工夫された案内用図記号のこと。公共施設や交通機関等でよく使われていますよね。

これらピクトグラムは、施設ごとで記号デザインが違うと利用する人が混乱するため規格が定められていますが、実は日本国内のみで通用する『JIS規格』と世界中で通用する国際規格の『ISO規格』があります。

そのため、『JIS規格』のデザインの中には外国人旅行客からすると初めて見るものや、記号を見てもその意味が分かりにくいものも。

近年は外国人旅行客も増えており、2020年には東京オリンピック・パラリンピックも開催されます。そこで外国人にはわかりにくい記号の見直しが行われ、外国人旅行客からのニーズが高いと思われる記号の追加も含め、2017年にJIS規格の改正が行われました。

現在では、改正版のJIS規格として約150種類のピクトグラムが規定されています。

いくつ知ってる?知っておきたい改正ピクトグラム

ピクトグラム

出典:経済産業省

それでは、近年改正されたピクトグラムや追加になったピクトグラムについてチェックしていきましょう。

国際規格に合わせて変更したもの

上の画像は改正された主なピクトグラムですが、このうち『駐車場』『手荷物受取所』『救護所』『乗り継ぎ』『ベビーケアルーム』の5つが国際規格のISO規格に合わせて変更されたものになります。

駐車場は、Pのアルファベットだけではなく、横に車のイラストを添えることでより分かりやすくなっています。手荷物受取所もシンプルな鞄のイラストではなく、その鞄をピックアップしている人の様子のイラストへと変更されました。

救護室のマークは色つきにすることで、飛行機の乗り継ぎのマークは、飛行機から飛行機へと乗り継ぐ人間を描くことで、よりわかりやすくなっています。

ベビーケアルームのマークも改正されたマークのほうが、授乳やおむつ替えができるスポットであることが一目瞭然ですね。

こちらの旧ピクトグラムは、2年間の移行期間(2017.7.20~2019.7.19)を経て、削除されることとなっています。

選択制になったもの

温泉マークは、従来のJIS規格のピクトグラムとISO規格のピクトグラムの両方が採用され、現時点ではどちらを使用するかは選択制となりました。

JIS規格

ピクトグラム

PHOTO/Barks/shutterstock

ISO規格

ピクトグラム

PHOTO/Barks/shutterstock

JIS規格の温泉マークは日本人にとってもはやお馴染みですが、外国人が見ると“温かい料理を出す店”と誤解されるケースもあるのだそう。その点ISO規格なら、人が温泉につかっている様子が表現されているのでよりわかりやすいですね。

新たに追加されたもの

新たに追加されたものには、『ヘルプマーク』をはじめとする16種類があります。

ヘルプマークとは、援助や配慮を必要としている方が身に付けることで、周囲に配慮や助けが必要なことを知らせるものです。まだまだ認知度が低いので、今回の改正をきっかけに国内でも広がっていくと良いですね。

ピクトグラム

出典:経済産業省

このほか、無線LANのスポットや充電コーナーなど時代をよく表しているマークも新たに追加されています。駅のホームでの安全対策もしっかりとられているようですね。

その他変更になったもの

ピクトグラム

PHOTO/icon Stocker/shutterstock

『案内所』を表すこちらの“?”マーク。似たような意味を持つマークとして『情報コーナー』を表す“i”マークもありますが、違いを知っていますか?

ピクトグラム

PHOTO/Design Collection/shutterstock

実は、“i”マークは従来のJIS規格では“無人の”情報コーナーを意味していました。案内する人がいるかいないかで、マークが分かれていたようです。

これが、改正によって“i”マークが“?”マークの意味も含むものとされ、 “i”マークが有人・無人問わず案内や情報提供を主とした施設・設備を表すようになりました。

一方、有人の『案内所』を表すこちらのマークについては、新JIS規格になっても変更はありません。とても分かりやすいマークですものね。

2020年オリンピック・パラリンピックの開催に向けて、これから多くの外国人観光客が来日するでしょう。新しくなったピトグラムを知っておくと、困っている外国人を助けてあげられる機会もあるかもしれません。

私たち自身も、旅行先などでピクトグラムに助けられることも多いにあるでしょう。ぜひ親子で身の回りのピクトグラムを探して、その意味について見直してみてくださいね。

TOP PHOTO/zo3listic/shutterstock
参照/
ご存知ですか?新しい案内用図記号(ピクトグラム)
神奈川県生活協同組合連合会 ご存知ですか?新しい案内用図記号(ピクトグラム)(東京都生活文化局)
静岡新聞 案内図記号普及へ、浜松市がチラシ製作 外国人旅行者増対応
豊橋市 ピクトグラム(案内用図記号)のJIS規格が改正されました
店舗装飾ナビ「ピクトグラムのJIS規格とISO規格の違いとは?」

この記事が気に入ったら 「いいね!」

ピクトグラム

この記事が気に入ったら 「いいね!」 ならいごとキッズの最新情報をお届けします。
子育て・幼児教育の情報を毎日配信中!

ならいごとキッズをTwitterでフォロー

サブコンテンツ