1日4,000個売れる“あげぱん”で大人気!『オギノパン』は親子で工場見学も楽しめる!

オギノパン

神奈川県と東京都に数店舗ある『オギノパン』をご存知ですか? オギノパンの看板商品であるあげぱんは、1日に4,000個売れるほどの人気ぶり。『オギノパン 工場直売店』(神奈川県相模原店)では工場見学ができることもあり、大人にも子供も大人気のスポットなんです!

ここでは、オギノパンの魅力や工場見学についてご紹介します。

1日4,000個売れる!?『オギノパン』とは?

Aiko ( ´ ▽ ` )ノさん(@gd_t)がシェアした投稿

1960年創業のオギノパン。本社工場と併設直売所は相模原市内にあります。

毎日『丹沢あんぱん』や『給食パン』など、たくさんのパンが作られており、パンのラインナップは昭和を感じさせるレトロな味が中心ですが、さまざまなアレンジが加えられて多彩な品揃えが人気です。

Kaori Shiinaさん(@kaorinra)がシェアした投稿

@concode41がシェアした投稿

中でも人気の『あげぱん』は、『神奈川フードバトル』で金賞も受賞しており、1日に4,000個売れるほどの人気商品なんです。

Nスタさん(@nst_tbs)がシェアした投稿

パンのエンターテイメント施設!オギノパンの工場見学も人気

オギノパンの本社工場(神奈川県相模原市緑区長竹2841)では、では、パンがどのように作られるのか、一連の流れを見学することができます。この工場見学、多い日にはなんと1日で3,000人の方が訪れる人気スポットなんだとか。

#オギノパン工場

tanaka taketoさん(@take9000)がシェアした投稿 –

大きなミキサーやパン生地を丸める機械、トンネルオーブンなど、最新設備を見学できるのもオギノパンならでは!

#オギノパン #オギノパン工場 #パン工場 #美味しそう #試乗会

msnb maekawaさん(@mmsnb)がシェアした投稿 –

また、オギノパンでは併設の直売所をはじめ、他の店舗でも当日に焼いたパンしか販売していませんが、工場見学後は外の食事スペースで焼きたて・揚げたてのパンをアツアツのうちに食べられるのも魅力です。

営業時間内(9:30〜18:30)ならいつでも無料で見学できます。所要時間は10~20分程度。団体以外は予約の必要もないので、いつでも行ってみてくださいね。

▼工場見学についての詳細はこちらをチェック

『オギノパン』のパン教室も魅力!

さらに、夏休みと冬休みの期間には子供向けのパン教室も行われており、3歳以上から参加することができます。

参加費は2,000円。今年の夏休みはバターロール生地2つとデニッシュ生地1つを使って、成形・発酵・焼成・試食までを楽しめます。質問コーナーもあるので、夏休みの自由研究にも役立てられるかも!?

事前予約が必要ですので、こちらもぜひオギノパンのホームページでチェックして電話で予約してみてくださいね。

▼パン教室についての詳細はこちらをチェック

地元で多くの人に愛される昔ながらのパンが魅力のオギノパン。工場見学やパン教室などは、夏休みのおでかけ先にもぴったりです。ぜひ家族で足を運んでみてはいかがですか?

PHOTO/Macrovector/Shutterstock
参照/
オギノパン
おでかけトヨタ「【工場見学特集】予約なしで楽しめる!オギノパン本社工場」

この記事が気に入ったら 「いいね!」

オギノパン

この記事が気に入ったら 「いいね!」 ならいごとキッズの最新情報をお届けします。
子育て・幼児教育の情報を毎日配信中!

ならいごとキッズをTwitterでフォロー

サブコンテンツ