楽しさも達成感も倍増!『親子ピアノ』【親子でできる習い事vol.3】

親子ピアノ

子供の習い事人気ランキングで毎年トップ3に君臨する『ピアノ』

実は、ピアノ教室の中には子供だけが習うクラスだけではなく、親子で習えるクラスもあるのをご存知でしょうか。

親子一緒に習えば、ピアノを習う子供が陥りがちな“練習嫌い”も上手に乗り越え、楽しさも達成感も増して、より効果的に上達できる効果も期待できそうです。

知育効果大!ピアノの習い事が人気なワケ

ピアノの習い事が人気な理由のひとつは、なんといってもその知育効果にあるでしょう。

ピアノを弾くためには、楽譜を見て理解し、左右の指を別々に動かして鍵盤を叩き、音を耳で確かめつつ次の音符を確認する、といったいくつもの動作を同時進行で処理しなくてはなりません。

楽譜レベルが上がるにつれ、その処理量も増えるばかりか足でペダルを踏む、といった動作も必要になるなど、ピアノを弾くことは実は非常に難易度が高いことなのです。

そのため脳のトレーニングとしてもとても良いことが認められていて、ピアノを弾くことで右脳と左脳の連携がよくなったり、記憶力がアップしたりと、勉強にも良い影響を与える効果が注目されています。

▼関連記事
ならいごとキッズ『ピアノの習い事の効果がスゴイ!子供の脳の活性化にも繋がる理由とは?』

親子でやればより効果的!?親子ピアノのメリット

親子レッスンでは、楽譜の読み方書き方、楽譜を見て歌うなどの基本的なところからスタートし、ピアノの片手練習から両手で弾く練習へと段階的にステップアップしていくようです。

レッスン内容は個人レッスンとほぼ同じといえますが、親子でできる音当てゲームを取り入れたり、ゆくゆくは親子連弾にチャレンジしたりと、親子で楽しみながら音楽の基礎をしっかり身につけられるような工夫がされているクラスも多いよう。

もちろん親子で楽しく取り組める以外にも、親子一緒にピアノを習うことのメリットはたくさんあります。

まず、ママも一緒に先生からピアノを習うことで、子供をより適切にサポートしやすくなりますよね。また、ママが一生懸命ピアノを習ったり、家で練習したりする姿は、子供にとっていいお手本となるでしょう。一緒に頑張る仲間がいると、『ママも頑張っているから私も!』と励みにもなるはずです。

子供が上達するにつれて、次第にママの苦手なところを子供が指摘する場面も出てくるでしょう。そんなときは子供が先生となってママに教えることで、自分の自身の理解を深めることができ、自信にもつながります。

お互いがライバルとなって競うように練習に励むのはもちろん、親子連弾でひとつの曲に取り組むなどして同じゴールを目指すうちに、親子の絆は自然と強まっていくもの。課題をクリアしたときの達成感も二倍となって感じられるでしょう。

対象年齢やレッスン料の相場は?

子供の対象年齢は、一般的に4歳から小学生くらいまでのところが多いようです。

親子二人でレッスンに通うと月謝も倍かかるのでは…と心配するママも多いかもしれませんが、月謝の相場は親子で月3~4回のレッスンで1万円前後~。中には、1レッスン3,000円前後のチケット制を取り入れているスクールもあります。

ただし、この他にも入会金・施設費、発表会などがある際にはその参加費や衣装代などがかかる場合もあります。

習い事を子供に“させる”のではなく、“一緒にする”ことで、きっと毎日の練習も楽しくなりそう。

ママも何か趣味が欲しい!と思っているママにもぴったりの『親子ピアノ』。これから子供にピアノの習い事を検討している家庭は、親子クラスも検討してみてはいかがでしょうか。

PHOTO/VGstockstudio/Shutterstock
参照/
オンリーミュージック ママ&キッズのための親子ピアノレッスン
マイナビウーマン子育て 親子で習い事をしよう!子供と楽しめるおすすめの習い事は?
サイタピアノ教室 親子で一緒に習おう!ピアノ教室で月謝と費用について
コドモブースター 親子ピアノで絆を育もう!レッスン費用の相場やメリットは?

この記事が気に入ったら 「いいね!」

親子ピアノ

この記事が気に入ったら 「いいね!」 ならいごとキッズの最新情報をお届けします。
子育て・幼児教育の情報を毎日配信中!

ならいごとキッズをTwitterでフォロー

サブコンテンツ