そもそもプログラミングって何?2020年必修化の『プログラミング教育』に向けて準備すること

プログラミングの小学校必修化について

2020年度から小学校でプログラミングが必修化しますね。

「小学校からどうしてプログラミング?」「こんな小さなうちからプログラミングなんてできるのだろうか?」と思っているパパやママに向けて、小学校で必修化されるプログラミングについてまとめてみました。

そもそもプログラミングとは

私たちの暮らしはすでにコンピューターの恩恵を受けて便利に快適になっています。パパやママが子供の頃には、考えられなかったことがボタンひとつでできるようになりました。

しかしコンピューターが意図したように動くためには、私たち人間が”命令=プログラミング”を与えなくてはなりません。

コンピューターを活用してひとつの目的を達成したいと思ったときに、そのゴールに向かってどんなステップが必要なのかを具体的にしていきます。そして、その手順を明確にするために、設計図を作り上げます。

できあがった設計図をコンピューターが理解できる言葉に訳して、コンピューターが実際に働くように効率化をはかっていくことがプログラミングすることに当たります。

プログラミングと聞くと、ややこしい文字の羅列を想像してしまうかもしれませんが、プログラミングは複雑な文字が並んだコードを書くことだけではありません。あるゴールを達成するためのひとつひとつの過程すべてがプログラミングなのです。

なぜ小学校で必修化?

2020年度にはじまる新学習指導要領では、”プログラミング”なる新しい内容が必修化されます。

これからは、情報通信産業などの第4次産業の仕事が多様化し、優秀な人材が多く求められるといわれています。そうした中で必要となってくるのが、さまざまな課題に対して最適な問題解決方法を導きだす“プログラミング的思考”です。

授業内容が増えるために学習時間が増えますが、大きく需要が高まる分野になるので小学生からプログラミングが必修化されることになりました。ただし、プログラミングの授業が単元として増えるわけではありません。

プログラミング教育の本来の課題は“目的を達成するために物事を順序立てて考え、結論を導き出していき、それを計画的に実行する考え方”を養うことにあります。そこで、国語や理科、算数の授業の中に”プログラミング的”な思考を育むプロセスを実践していく形になるようです。

といっても、すぐにはピンとこないパパ・ママもいるかもしれませんね。でも、頭の柔らかい子供たちは私たちが心配するよりも、きっとすんなりとプログラミング的な思想を受け入れていくのではないでしょうか。

小学校に入学する前に準備をするなら

もし、子供が学校の授業で困らないための準備をしてあげたいと思っているなら、就学前から『プログラミング教室』に通うのもおすすめです。

2010年以前は子供向けのプログラミング教室と言うと、イベント的に不定期に行われるものがほとんどでした。

しかし、2017年に新しい指導要領でプログラミングの実施が発表されて以降プログラミング熱は一層高まり、2018年時点で全国のプログラミング教室は4,400教室以上! 2023年には1万1,000を上回るとの予想もされています。

ここ数年で教室のカリキュラムにも変化が見られ、それまで“ロボット製作を通してプログラミングの知識を学ぶ”教室が主流だったのに対し、近年は“プログラミングの思考や技術そのものを学ぶ”教室も増えています。

2023年には40%の教室がプログラミング技術に特化したカリキュラムを提供するようになるともいわれているのだとか。

一方、こういったプログラミング教室は東京を中心にした都市部で増えている傾向にあるので、都心から離れたところに住んでいる場合は通わせたい教室が見つからないこともあるでしょう。そんなときにおすすめなのが、遊びながらプログラミングについて学べる知育玩具です。

たとえば、学研ステイフルから発売されている知育玩具『カードでピピッと はじめてのプログラミングカー』は、『日本おもちゃ大賞2018年』のエデュケーショナル・トイ部門を受賞している人気の商品。

出典:Amazon

決めたゴールに向かってくるまを進めるために、どのように指令を出したらいいのかを考えることで、プログラミング的思考を学べるようになっています。参考価格は6,458円(税込)。楽天やAmazonからも購入できます。

このような知育玩具を上手に活用すれば、自宅で好きなときにプログラミングを身近に感じながら学ぶことができそうですよね。

プログラミング的思考を養うことは、これからの社会を生き抜くために必要な力といえるでしょう。学校の授業を通じて子供たちがプログラミングを楽しいと感じてくれたら、想像を超えた未来が開けていくかもしれませんね。

今回ご紹介したプログラミング教室や知育玩具も上手に活用しつつ、お子さんのプログラミング的思考を育んであげてくださいね。

TOP PHOTO/FoxyImage/Shutterstock
参照/
文部科学省「小学校段階におけるプログラミング教育の在り方について(議論の取りまとめ)」
プロナビ「プログラミングとは何か?2分で分るプログラミングの全体像」
プロナビ「プログラミング教育の現状とその課題とは?」
文部科学省「プログラミング実践ガイド」
GMO MEDIA「プログラミング教育メディア「コエテコ」×船井総研「2018年 子ども向けプログラミング教育市場調査」を実施~2023年の市場規模は2013年の約34倍の226億4400万円に拡大すると予測~」

この記事が気に入ったら 「いいね!」

プログラミングの小学校必修化について

この記事が気に入ったら 「いいね!」 ならいごとキッズの最新情報をお届けします。
子育て・幼児教育の情報を毎日配信中!

ならいごとキッズをTwitterでフォロー

サブコンテンツ