新館誕生で、鉄道マンの仕事体験コーナーが充実!『鉄道博物館』【おすすめ社会科見学スポット】

鉄道博物館

鉄道好きキッズにはたまらない鉄道博物館。全国各地に数ある鉄道博物館の中でも、鉄道マンのお仕事をよりリアルに学びたい!体験したい!という鉄道好きキッズにおすすめなのが、埼玉県さいたま市にある『鉄道博物館』です。

すでに行ったことのある方も多いと思いますが、実は2018年に新館がオープンしているのをご存知でしょうか。新館では、『仕事ステーション』など鉄道マンの仕事を学べる体験型コンテンツが楽しめ、職業体験スポットとしてもおすすめなんです!

『鉄道博物館』に仕事体験コンテンツが加わってリニューアル!

JR東日本創立20周年記念事業のメインプロジェクトとして建設された鉄道博物館。

実物の車両展示や鉄道ジオラマ、鉄道の動く仕組みを学べるコーナーなどが充実していて、2007年に開館して以来、年齢性別問わず多くの鉄道ファンでにぎわっています。

2018年オープンした新館には、体験しながら学べるコンテンツが加わり、ますます子供が楽しめるようになっています。

中でも注目なのが、新館1階、2階の『仕事ステーション』。鉄道に関するさまざまなお仕事に挑戦し、車掌さんや運転手になりきることができる体験型コンテンツがたくさんあります。

『E5シミュレータ』で運転手体験

注目は、仕事ステーション2階にあるE5系新幹線の運転シミュレータ。最高速度320km/hの運転を体験することができます。

対象年齢は小学生以上で、利用は整理券での先着順・有料(\500)となりますが、同フロア『シミュレータホール』ではE233と在来線のシミュレータでの運転体験が年齢制限なく予約不要・無料で楽しめます。

『車掌シミュレータ』で車掌体験

鉄道好きのパパも大興奮!? 仕事ステーション1階にある『車掌シミュレータ』では、京浜東北線209系を模した運転室で車掌の仕事体験ができます。

View this post on Instagram

4月のある日、鉄博編その3 🚅 🚅 リニューアルした鉄博は、体験形の展示が増えた事が特徴的。そのひとつに「車掌体験」が出来る。平日の比較的お客さんが少ない時には絶好のチャンス。 🚅 🚅 という事で早速試してみる。受け付けを済ませ、指定時間の10分くらい前に料金を払っていよいよ体験。最初はなんとなくこんな感じですよと簡単な物かと考えていたが、京浜東北線の快速列車を本物の運転席とCGを使って忠実に再現されている。設定は上野を出発→秋葉原→東京の順に停車。 🚅 🚅 まずは上野駅を出発。発車時刻を行路表で確認→ベルを鳴らす→ホームを確認→レピーター点灯・ホームを確認→ドアを閉める→非常装置に手を掛けて→駅と離れたら後方確認→マイクで「次は秋葉原、秋葉原です」と放送→秋葉原に到着→停止位置の確認→ドアを開ける→ドアが開いた事をランプで確認→(以降は東京駅到着まで同じなので省略)と、本物さながらの体験に思わずびっくり。 🚅 🚅 実際にはアシストしてくれるお姉さんの指示に従って行うので誰でも出来るとは思います。他に上級者コースというのが有るそうなので、次の機会にはそっちにしてみよう。 #GW #ゴールデンウィーク #埼玉県 #大宮 #鉄道博物館 #てっぱく #車掌体験 #京浜東北線快速

A post shared by Hideaki Ishikawa (@ishikawa_pochi_hideaki) on

発車時刻を行路表で確認してからベル鳴らし、ホーム確認、ドアの開閉、マイクアナウンスといった一通りの工程を本物さながらに体験できるそう。こちらも対象年齢は小学生以上で、利用は整理券での先着順・有料(\500)です。

このほか、仕事ステーション1階では駅員や指令員、設計士、設備メンテナンスなど、鉄道にかかわる仕事がどう連携しているかを学べる展示や体験コーナーが設置されていて、1日1回開催される『鉄道の仕事連携実演』では、その具体的な仕事の連携模様を実演でわかりやすく紹介してくれます(予約不要・無料)。

鉄道交通の歴史と未来も学べる!

新館の2階、3階にある『未来ステーション』、『歴史ステーション』も見逃せません。それぞれ見どころをチェックしていきましょう。

明治~平成の鉄道進化を一望!

明治5年に開業した日本の鉄道の歴史を6つの時代に分けて、紹介している新館3階の『歴史ステーション』。長い歴史ごとの鉄道とその技術の変化を一望できる展示は、パパやママにも興味深いものとなるでしょう。

各時代の駅窓口・改札展示は必見!

その6つの時代を象徴する駅の窓口・改札をそれぞれに再現している展示は、まるでタイムスリップをしたかのような感覚を与えてくれます。今では見られない貴重な設備の展示は鉄道好きにはたまらないものです。

鉄道がどのように日本に広まり、進化していったかを学べる貴重な展示となっています

このほか2階の『未来ステーション』では、未来の鉄道をテーマに未来の鉄道に入り込み、将来の鉄道について考えられる面白コンテンツが充実。来場者の分身(アバタ―)がアニメーションの中で未来の鉄道を疑似体験することもできるので、子供たちが大喜びすること間違いなしです!

新しくなって、ますます魅力的に進化した鉄道博物館。室内で楽しめるので雨の日のおでかけスポットにもおすすめですよ!

【施設情報】
住所:埼玉県さいたま市大宮区大成町3丁目47番
営業時間:10:00~18:00(入館は17:30まで)
休館日:毎週火曜日、年末年始
入館料:大人(一般)1,300円、子供600円、幼児300円
アクセス:JR大宮駅よりニューシャトル「鉄道博物館(大成)駅」下車、徒歩1分
公式サイト

TOPPHOTO出典/PR TIMES
参照/
鉄道チャンネル 「大宮 鉄道博物館 新館オープン 本館リニューアル」
恵比寿発「いよいよ新館オープン!「てっぱく」の新たなチャレンジ!鉄道博物館の過去、現在、未来。(後編) 鉄道博物館館長 宮城利久氏×筑波伸夫(ジェイアール東日本企画)」
マイナビニュース「鉄道博物館、新館オープン前に報道公開 – 新幹線E5系・400系も展示」

この記事が気に入ったら 「いいね!」

鉄道博物館

この記事が気に入ったら 「いいね!」 ならいごとキッズの最新情報をお届けします。
子育て・幼児教育の情報を毎日配信中!

ならいごとキッズをTwitterでフォロー

サブコンテンツ