リュックとランドセルのいいとこどり!小学生向け”リュックタイプ通学カバン”が増加中!

リュックタイプの通学カバン

小学生が教科書や学用品を入れて背負うランドセルの重さで、肩こり・腰痛トラブルを持つ小学生が増えていることが近年問題視されてきています。

そんな中、すでに一部の小学校では“リュックタイプの通学鞄”を採用するなど、リュックの軽さを活かした新タイプの通学鞄も少しずつ登場しつつあります。

今後子供の小学校入学を控えているご家庭で、できるだけ子供の体に負担をかけない通学鞄を選んであげたいと考えているなら、リュックとランドセルと良さを生かした進化系通学鞄も検討してみてはいかがでしょうか。

そもそも軽いリュックよりランドセルが定番なワケ

ランドセルよりもリュックのほうが、鞄自体は断然軽いですよね。それなのに子供たちの通学鞄としてランドセルが主流なのはなぜなのでしょうか。

実は、小学生の通学鞄を重くさせている主原因は、教科書やノート類の“中に入れる荷物”のほう。そのためたとえリュックがいくら軽くとも、肩ベルトの形状や長さ、サイズなどによってはかえって重量感を感じてしまうこともあります。

一方ランドセルは、本体そのものは重量があるものの、背中にしっかりフィットする箱柄形状で荷物も安定しやすく、中いっぱいに荷物をつめても体幹重量が軽くなるような設計になっていることから、実際はリュックよりも体への負担がかかりにくいと考えられているのです。

素材やつくりが丈夫で、6年間使い続けられる耐久性を兼ね備えている点も、メリットといえるでしょう。

▼関連記事
ならいごとキッズ「リュックじゃダメ?小学生の通学鞄がランドセルなのはなぜ?」

リュックタイプの進化系通学カバンが増加中

しかし近年では、そんなランドセルの利点を活かして設計された、リュックタイプの通学鞄も登場しています。リュックのように軽くて、ランドセルのように安定し、子供の体にフィットするとあって、まさにランドセルとリュックのいいとこどり。

一部の小学校では、そんな進化系通学鞄を学校指定鞄として導入しているところもあり、「全国の小学校で採用してもらいたい」と思うママが続出しているようです。

さっそくその一部をチェックしていきましょう。

ナップランド

北海道小樽市の小学校などで採用されている『ナップランド』は、600gととても軽量であるうえに、丈夫なナイロン素材。革のランドセルと違って、雨に濡れても撥水してくれるのも嬉しいですね。

肩ベルトにスポンジが入っているなど、体への負担が軽減される工夫がされています。

販売価格:6,500円(税抜)

詳しくはこちら

ランリック

京都府をはじめ全国複数小学校で採用されている『ランリック』。

子供を交通事故から守りたいという願いを込めて、道路警戒標識をモチーフにデザインされたランリックは、黄色と黒という目立つ配色やベルトに織り込まれたリフレクションテープのおかげで、雨の日や夕暮れ時でも目につきやすく交通事故から子供を守ってくれます。ナイロン製で軽く、汚れにくいのも魅力です。

販売価格:8,856円(税込)~

詳しくはこちら

Dランド

もとは学校指定カバンを製造する信頼のメーカー『ダイワホーサン』が開発した通学鞄。学校以外でも通塾用カバンとしても人気のある商品です。

このDランドは、高次元の軽さと丈夫さを兼ね備えた素材でできており、撥水加工もしっかりされています。軽いのはもちろん、デザイン性もあって素敵ですね。種類も豊富なので、好みに応じて形やカラーを選べるのが魅力です。

販売価格:10,500円(税込)~

詳しくはこちら

子供が6年間毎日背負う通学鞄は、子供に一番合うものや、機能性や快適性に優れたものを選んであげたいもの。

丈夫で軽く、体に負担がかかりにくい新タイプの通学鞄は、安全に配慮されたものや、好みのデザインや色が選べるものもあり、今後もますます増えていきそうです。

これからラン活を控えているご家庭は、ぜひこういった進化系通学鞄も選択肢のひとつとして、参考にしてみてはいかがでしょうか?

PHOTO/Golden Sikorka/Shutterstock
参照/
VONDS「小学生の通学かばんがリュックサックではなくランドセルである理由」
子供のためのランドセル選びガイド
大人んサー「小学生の重すぎるランドセル問題に一石? 京都などで使われる軽量の「ランリック」とは」
軽いランドセル.com 「Dランドの秘密」

この記事が気に入ったら 「いいね!」

リュックタイプの通学カバン

この記事が気に入ったら 「いいね!」 ならいごとキッズの最新情報をお届けします。
子育て・幼児教育の情報を毎日配信中!

ならいごとキッズをTwitterでフォロー

サブコンテンツ