読書感想文はここでつまずきやすい!書き方のコツと親のサポートポイント

読書感想文を書くコツ

夏休みの宿題で、子供たちがつまずきやすい『読書感想文』。本を読んだはいいものの、まったく作文用紙が埋まらない…なんて子も多いようです。でも、そのせいで子供が作文に苦手意識を持ってしまったらもったいないですよね。

読書感想文でつまずきやすいポイントや、書き方のコツなどはあるのでしょうか。ママがしてあげられるサポート例をご紹介します。

こんな読書感想文はNG!子供のつまずきポイント

読書感想文を書くときに陥りやすいのが、“ほぼあらすじをまとめただけ”の文章になってしまうこと。学校で先生から「自由に書いてください」と言われるかもしれませんが、読書感想文はあくまでも読書の“感想”を書くのが目的なので、あらすじだけだと内容としては不十分です。

とはいえ、なんとなく読んだ本の感想や意見を文章にまとめるのは至難の業。本を読んでいるときは心に残るシーンがあったとしても、読み終わった後には案外忘れていたりするものです。

ママがしてあげられるサポートポイント

いざ文章を書こうと思っても、どこから手を付けていいのかわからない…そんな子にママがしてあげられるサポートは、子供の『感想』をうまく引き出してあげること。「どうしてこの本を選んだの?」「好きな場面は?」など、ママが質問することで、子供も感想を言語化することができます。

そのためにも、子供には本を読んでいる段階で、使えそうな部分に付箋などの目印をつけさせておくのがおすすめ。また、同時にどうしてそのシーンが印象的だったのか、読みながらこまめにメモをとっておくと、いざ書くときにも役立ちます。

本の内容に対して「面白かった」「悲しくなった」など子供が話してくれたら、「そういえば、この前のお休みのときにも似たようなことがあったね」といった具合に、本の内容と子供自身の体験をつなげてあげるとより深い感想を引き出せます。

まだ語彙が少なくて感想をうまく言語化できない子供には、親自身が本を読んで感じたことを伝え、反応を見てもいいですね。ただ、読書感想文はあくまでも子供自身の感想を本人の言葉で書くことが大切なので、親の感想を作文に反映させないように注意しましょう。

本を読んでいるとき感じたことや、ママとの会話の中で出てきた感想などのメモがたくさん集まれば、それらをうまく組み立てるだけで濃い内容の作文が作れますよ。

作文の基本構成を決めておけば、よりスムーズに書ける!

メモで作文に書く要素がある程度揃ったら、その材料をどう組み立てていくのか『構成』を考える必要があります。

文章の構成パターンは幾通りもありますが、今回はその中でも比較的シンプルな構成をご紹介します。

読書感想文の構成例
  1. 本を選んだきっかけと本の要約
  2. 心にのこった場面とそこで自分が感じたこと
  3. 本を通して考えたことや学んだこと、これからしたいこと

構成さえ決まっていれば、あとは読書中や読書後に書き出したメモを構成に沿ってつなげるだけ。構成を練らずに作文を書きだしてしまう子も多いですが、事前に作文の骨組みを決めておいたほうが、最後までスムーズに書くことができます。

なお、書き終わった読書感想文は提出する前に一度読み返すのがおすすめ。わかりやすい文章になっているか、誤字脱字はないかチェックすることで、より精度の高い作文に仕上がりますよ。

作文は『正解』がない分、かえってなにを書いていいか迷ってしまいますよね。そんなときには、ママがうまくサポートをしてあげたいもの。ただし、読書感想文の宿題では本来、子供が自由に作文を書いていく中で、自分の思いや感想を文章にして伝える楽しさに気がつけるのが理想です。

まずは子供に自由に書かせてみて、もし書き方に困っているようでしたら、今回紹介した内容を参考に、上手にサポートしてみてはいかがでしょうか。

TOPPHOTO/Crisan Rosu/shutterstock
参照/
Z会作文クラブ「読書感想文4つの鉄則」
EhonNaviStyle「【読書感想文】親が子どもに教える書き方案内」
ママノート「夏休みの読書感想文に無理なく楽しく取り組むコツ【後編】」

この記事が気に入ったら 「いいね!」

読書感想文を書くコツ

この記事が気に入ったら 「いいね!」 ならいごとキッズの最新情報をお届けします。
子育て・幼児教育の情報を毎日配信中!

ならいごとキッズをTwitterでフォロー

サブコンテンツ