家族旅行は子供を成長させる絶好の機会!『旅育』のすすめ

旅育のすすめ

旅に出ると大人も子供も、さまざまな体験をします。

まっさらな柔軟性を持つ子供にとって、旅は人生を学ぶ絶好の機会。ただの“お出かけ”で終わらせないために、“旅育”を意識して子供たちと旅に出てみませんか?

今回は、子供たちの成長に大きな影響を与える旅育のメリットや実践のポイントをお伝えします。

『旅育』とは?

近年、大学の論文やシンポジウムなどでも取り上げられている旅育。

旅に出ると、ふだんの生活とは違った時間を過ごし、日常生活ではできないさまざまな体験をしますよね。

そもそも人は旅をすることで、大きく次の3つを得ることができます。

  1. 旅先での異文化交流、非日常体験
  2. 家族や友達と共有する時間と体験
  3. 旅を通して得られる地理や歴史などの知識

旅育とは、これら旅をきっかけに得る知識や興味・価値観の広がりを、人の成長に役立てようとするもの。

少し難しく感じてしまうパパやママは、“旅=レジャー”として捉えるのではなく、“子供が大きく成長する貴重な時間”と考えてみてください。

旅を通じてこれまで自分の身近になかったものを見聞きし、実体験することで、子供の想像力や観察力を育み、視野を広げることができます。

そして、異文化や自分と違うものを理解し、受け入れることで共感力や柔軟性も生まれ、そこでの体験によってはコミュンケーション能力も育めるなど、人間力を大きく高めることも期待できるのです。

親子の絆が深まるメリットも!

なお、旅育の効果を最大限発揮させるには、さきほど紹介した3つの要素がバランスよく満たされていることが重要なのだそう。

そこで注目したいのが、2つめの“家族や友達と共有する時間と体験”です。

子供がまだ小さいうちは、家族で一緒に旅行に出かけることがほとんど。しかし、この家族で一緒に非日常を体験することこそが、旅育には効果的なのです。

親子で一緒に旅行プランを考えたり、旅先で起こった予想外の出来事を一緒に乗り越えたり、そういった非日常の時間を親子で共有することが、子供にとって深い経験・思い出としてしっかり身につくことにつながります。

また、いつも以上に長く家族で一緒に過ごせることから、親子のスキンシップやコミュニケーションをたっぷりとれたり、普段見れない一面に気がつけたりなどして、親子の絆を深めることも期待できるのです。

旅育の実践ポイント

今年の家族旅行の機会に旅育を取り入れたい!と思ったママ・パパのために、旅育を効果的に取り入れるために押さえておきたい3つのポイントをご紹介します。

旅の計画や準備の段階から子供も参加

旅は計画している段階ですでに始まっています。実はこの“計画中”こそが旅の醍醐味。そんな楽しい時間を大人だけで堪能してしまうのは、もったいないです。

何をしたいのか、どこに行きたいか、どんなものを食べたいのか、子供の希望も聞いて計画に盛り込みましょう。

未就学児なら写真を活用しながら、小学校に上がった子供なら地図なども加えながら、一緒に準備や計画が立てられます。

目標や役割を決めて褒める

子供は、与えられた役割や目標に向き合い、それを達成したり誰かに褒めてもらったりしたとき、自分を信じる力が大きく育ちます。

旅育の中でも、褒めることは大切なポイントです。旅行前に、子供に旅中の目標や役割を立ててあげるのもおすすめです。

旅先では“別行動タイム”を作る

子供がある程度一人でも行動できる年齢なら、旅先ではあえて別行動の時間も作ってみましょう。「せっかく一緒に旅に出たのに、どうして?」と思うパパやママもいるでしょうが、旅に出たときこそ、子供の社会性や自立性を高める機会です。

行かれる場所によっては、子供向けの体験型プログラムが開催されているでしょう。料理体験や自然散策など、ほんの数時間でも親元を離れて体験した時間は、子供の世界を大きく広げるはずです。

子供一人での行動が難しい場合は、普段いつも一緒のママは別行動して、パパと子供だけで何かをするのでもOK。子供にとって日常とは違うメンバーで時間を過ごすことが、新たな気付きや発見につながるはずです。

旅が終わったら、思い出を形にする

子供たちの気持ちは明日に向っているために、楽しかった旅から戻ってくると、旅に出ていたときの記憶が薄まってしまうことがあります。帰ってきたら、旅を通して過ごした時間を思い出として記憶に残しましょう。

旅先で集めた貝殻や木の実、写真などの整理、絵日記を書くなどして家族で出かけた時間を思い出として形に残します。

旅先から自分宛てにハガキを送るなどしてもOK! 子供たちが旅先から出したハガキが自宅に届くことは、すごくワクワクしますし、そのハガキが残ることで、旅の記憶も深く残るはずです。

これからの大型連休や長期休みに家族旅行を計画している家庭は、工夫次第でその旅行を子供の成長にもつなげることができます。ぜひ旅育を意識して、旅行の計画段階から親子で取り組んでみてください。

旅育を成功させるにあたって、パパもママも子供と一緒に思い切り旅を楽しむことも重要なポイントです。旅を通じて、たっぷり親子の絆も深めてくださいね!

PHOTO/Olga1818/Shutterstock
参照/
日本国際観光学会「“ 旅育 ” の現状と定義を考える」(日本国際観光学会論文集(第20号)March,2013)
Tabiiku「家族で旅に出ませんか?」
AllAbout 暮らし「旅育メソッド1:旅の計画や準備に積極的に参加させる」
AllAbout 暮らし「旅育メソッド3:旅先で家族別々に過ごす時間を作る」
AllAbout 暮らし「旅育メソッド6:思い出を形にして記憶に残す」
AllAbout まとめ「村田和子式 親子の「旅育」メソッド」

この記事が気に入ったら 「いいね!」

旅育のすすめ

この記事が気に入ったら 「いいね!」 ならいごとキッズの最新情報をお届けします。
子育て・幼児教育の情報を毎日配信中!

ならいごとキッズをTwitterでフォロー

サブコンテンツ