一体いくらかかる?知っておきたい教育費の内訳と金額

知っておきたい教育費の内訳と金額

「教育費は子供が小さいうちに貯めるべき!」というのはよく言われるけれど、実際は子供の成長と共にかかるお金も変わり、なかなか計画が立てにくいですよね。

教育費と一言でいっても、その内訳は実にさまざまで、なかには家庭によってかけ方が異なるものもあります。今回は、大きく2つに分かれる教育費の内容や、その年代別の平均額についてご紹介します。

教育費には大きく2種類ある!

教育費と呼ばれるものには実にさまざまなものがありますが、大きく分類すると『学校教育費』と『学校外活動費』の2つに分かれます。

『学校教育費』とは、それぞれの家庭が学校教育のために支出した全経費の合計のことをいいます。その主な支出は“授業料”だけではありません。

入学金を含む“学校納付金”、通学にかかるバス代や自転車購入費などの“通学関係費”、他にもクラブ活動や運動会にかかる“教科外活動費”など、学校側から一律に徴収されるすべての経費が『学校教育費』になります。

一方、教育費は学校の中でかかるお金だけでなく、学校の外、つまり家庭での学習費用も考えておかなければいけません。

学習塾、通信教育、参考書や辞書などの“図書購入費”、また勉強に関するものだけでなく、ピアノや習字といった習い事に関する“月謝”も含まれ、それらをすべて合計したものを『学校外活動費』といいます。

年代別『学校教育費』の平均額は?

では、年代別に年間でかかる学校教育費の平均額の詳しい内訳をみていきましょう。

幼稚園

公立の学校教育費は、約11万9千円となっています。この内訳構成比で一番高い割合を占めているのが“授業料”(約6万4千円)で、次に“通学関係費”(約2万4千円)です。

一方、私立の学校教育費は約32万円。私立幼稚園も内訳構成比で一番高い割合を占めているのは“授業料”(約20万9千円)ですが、次に高い割合を占めるのは、入学金等が含まれる“学校納付金等”(約4万4千円)となっています。

幼稚園は助成がある園を選ぶのか、何年保育にするのかによっても学校教育費のかかり方は変わってくるでしょう。

小学校

公立の学校教育費は、約5万9千円。この内訳で最も高いのは、“図書・学用品・実習材料費等”(約1万9千円)、次に続くのが“通学関係費”(約1万8千円)です。

一方、私立の学校教育費は約88万6千円(!)。こちらも内訳で最も高いのは、“授業料”(約46万9千円)で、次に入学金等が含まれる“学校納付金等”(約23万1千円)と続きます。

小学校の学校教育費の場合、私立は公立のおよそ15倍もかかるのには驚きですよね。小学校は6年間と教育期間も長いので考えて見積もりしておきたいですね。

中学校

公立の学校教育費は、約12万9千円。内訳では“通学関係費”(約3万3千円)が最も高く、次に“教科外活動費”(約3万2千円)となっています。

一方、私立の学校教育費は約102万2千円。こちらも小学校と同様に公立に比べて差が大きくなっています。内訳では“授業料”(約43万6千円)が最も高く、次に入学金等が含まれる“学校納付金等”(約28万1千円)と続きます。

中学校での“教科外活動費”はおもにクラブ活動(部活)などにかかってくる費用が中心になるでしょう。

高等学校

公立の学校教育費は、約24万3千円。この内訳で最も高いのは、“通学関係費”(約7万5千円)、次いで“学校納付金等”(約4万9千円)となっています。

一方、私立の学校教育費は約74万円。高等学校でも内訳構成比で最も高いのは、“授業料”(約25万9千円)で、次いで入学金等が含まれる“学校納付金等”(約22万9千円)となっています。

高等学校で意外とかかってくるのが“通学関係費”ですね。自宅から学校までの距離に応じて交通費は変わってきます。年々積み重なっていく固定費なので、しっかり調べておく方が良いでしょう。

年代別『学校外活動費』の内訳は?

一方、学校外の学習費用や習い事などにかかる学校外活動費は、年代別に年間でかかる平均額を見ると、以下のようになっています。

幼稚園

公立:約8万4千円、私立:約14万2千円

小学校

公立:約21万9千円、私立:約60万4千円

中学校

公立:約31万4千円、私立:約31万2千円

高校

公立:約16万7千円、私立:約25万2千円

学校外活動費も公立か私立かによってかける金額に差は見られますが、学校外活動費の場合、どれぐらいまでかけるのかは各家庭によって異なってくるのが特徴です。そのため、子供の興味や今後の進路についてもよく考えたうえで、やりくりしていくのが大切になってきます。

また、習い事は男女差もあり、兄弟がいる家庭はそのあたりも考慮しておきたいところです。

今のうちに、子供の成長とともに変動する『教育費』の目安がわかっていれば、準備も心構えも違ってくるのではないでしょうか? そのためにも、今回紹介した一般的な平均額を参考にしつつ、あとで後悔しないように

家族で話し合いながら、目的に応じた使い方ができるといいですね!

PHOTO/Faberr Ink/Shutterstock
参考/
文部科学省「Ⅱ‐1調査結果の概要」
文部科学省「子どもの学習費調査 用語の解説(項目別定義)」

この記事が気に入ったら 「いいね!」

知っておきたい教育費の内訳と金額

この記事が気に入ったら 「いいね!」 ならいごとキッズの最新情報をお届けします。
子育て・幼児教育の情報を毎日配信中!

ならいごとキッズをTwitterでフォロー

サブコンテンツ